前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
802件中 1 - 10件表示
  • 岡山市立古都小学校

    岡山市立古都小学校から見たブドウブドウ

    古都学区はぶどう作りが盛んなため、3年生の総合学習の時間では学校近隣のぶどう栽培農家によってぶどう作りの指導が行われている。岡山市立古都小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中世料理

    中世料理から見たブドウブドウ

    食物の長期保存には、燻蒸・塩漬け・ピクルス・砂糖漬け・発酵など、食品を化学変化させる方法もつかわれた。このような方法は作業時間が短くてすみ、独特の風味が加わるなどの長所があった。秋に屠殺した家畜の肉を塩漬けや燻製にするのは、冬のあいだ必要数を超える家畜に与えるえさを節約するための、一般家庭の戦略だった。バターには腐敗しないよう多量の塩(5?10%)を添加した。野菜・鶏卵・魚を塩水と酸性の液体(レモン汁・柑橘果汁・酢)を入れた壜に漬けて密栓しピクルスにすることも多かった。その他、コンフィなど砂糖・蜂蜜・油脂をつかって加熱調理し食品の周囲に被膜を作って保存する方法があった。バクテリアや菌類による発酵もいろいろな方法でよく利用された。穀物・果実・ブドウはアルコール飲料にして腐敗を防ぎ、乳は発酵させ保存処理をしてさまざまなチーズやバターミルクにした。中世料理 フレッシュアイペディアより)

  • ウォッカ

    ウォッカから見たブドウブドウ

    蒸留酒は中世前期に交易などを通じてアラビアからヨーロッパ各地に伝わったものと考えられている。ウォッカという名称がいつできたのは定かではないが、中世盛期と推測される。「ウォッカ」という言葉が初めて文献に登場するのは中世後期初頭の1405年のことで、ポーランドのサンドミェシュ市裁判所の公文書(Akta Grodzka)にその名がある。当時はポーランド語では消毒剤のウォッカは「ウォッカ」(ヴトゥカ)、「飲用としてのウォッカと同じものは「ゴシャウカ」(当時のポーランド語で「焼けるようにからい(お酒)」の意味)と、別々の名称で呼ばれていたが、この2つは消毒薬・嗜好品という具合に用途が異なるだけで実は同じものである。まとめてラテン語でaqua vitae(アクア・ヴィテ、「命の水」の意)と呼ばれていた。またこれが訛ってoko-wita(オコ・ヴィタ)とも呼ばれていた。この「命の水」の製造法は既に中世前期の8-9世紀にはポーランドに伝わったようで、陸上交易の隊商等によってアラビアからもたらされたものとみられている。ただしアクア・ヴィテは11世紀になるまでは飲用嗜好品ではなく全くの薬品扱いで、また飲用嗜好品として飲むことが広まっていったのもかなり後の時代、おそらく15世紀の後半以降になってからである。ロシアではドミトリー・ドンスコイ大公の治世である、14世紀の終盤1386年にジェノアの大使によって「命の水」が最初に紹介された。このころ「命の水」はイギリスやアイルランドにも伝わり、のちにウイスキーとなった。スカンジナヴィアではアクアヴィットとなった。フランスではブランデー(オードヴィー)となった。本来の「命の水」はブドウを原料にしており今でいうブランデーのことであったが、各国に伝わって異なる原料から製造されるようになった。中世後期まで「命の水」はどの国でも薬品としての用途が主流であったが、ロシアやアイルランドでは早くも15世紀前半には飲用嗜好品としての用途が広まった。ウォッカ フレッシュアイペディアより)

  • デラウェア (ブドウ)

    デラウェア (ブドウ)から見たブドウブドウ

    デラウェアはブドウの一種で、アメリカ原産の自然交雑種である。ジベレリン処理によって果実内部の種が除去され、種無しぶどうとして出荷される。デラウェア (ブドウ) フレッシュアイペディアより)

  • ワインの守護聖人

    ワインの守護聖人から見たブドウブドウ

    キリスト教文化が強いヨーロッパでは、麦とブドウは重要な作物であり、その宗教的意義が大きい。そのせいもあって、ワインの守護聖人がきわめて多く、恐らくは50名ほどには上るといわれる。ブドウの栽培はかなり天候に左右されやすく、それが、ブドウ農家が、守護聖人に豊作を祈願する一因ともいわれている。ワインの守護聖人 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷 (岡山県圏域)

    倉敷 (岡山県圏域)から見たブドウブドウ

    また内陸部でも農業が盛んであり、岡山県名産の桃やブドウを始め、米・野菜・果物など様々な農作物が作られている。また、前述のイグサ栽培がある。倉敷 (岡山県圏域) フレッシュアイペディアより)

  • シンガニ

    シンガニから見たブドウブドウ

    シンガニ (Singani)はボリビアで作られているアルコール飲料。ブドウから作った蒸留酒である。マスカット・オブ・アレキサンドリアで作ったワインを蒸留して作られるものが主流であるが、ブラック・マスカットなどから作られることもある。シンガニ フレッシュアイペディアより)

  • シャトー・マルゴー

    シャトー・マルゴーから見たブドウブドウ

    シャトー・マルゴーは、ジロンド県の県庁所在地ボルドーの北方、メドック地区マルゴー村にある。マルゴー村はガロンヌ川河口部エスチュアリーの左岸に位置するワイン生産の好適地である。シャトーは262ヘクタールの敷地を有し、うちAOC認定の赤ワイン用ブドウの畑は87ヘクタールである。白ワイン用ブドウの畑も12ヘクタールありソーヴィニヨン・ブランが栽培されている。シャトー・マルゴー フレッシュアイペディアより)

  • ラキヤ (飲料)

    ラキヤ (飲料)から見たブドウブドウ

    ラキヤは、南スラヴ人たちの国民的飲料であると見られている。幅広くみられるものとしては、スモモから作られるシュリヴォヴィツァ(šljivovica)や、ブドウから作られるグロズドヴァ(grozdova)などがある。それ以外では、モモやアンズ、リンゴ、ナシ、サクランボ、イチジク、マルメロなどを用いたものもある。セルビアやブルガリアなどでは、複数の果物を混ぜ合わせたラキヤもある。イストリア半島では、ラキヤは主にブドウのみから作られ、当地ではトラパ(trapa)やグラッパ(grappa)などと呼ばれる。グラッパという呼び方は、イタリアでも見られる。スモモやブドウのラキヤは、蒸留後に味付けとして他の材料が加えられることもあり、ハーブやハチミツ、スミミザクラ、クルミなどが用いられる。ラキヤ (飲料) フレッシュアイペディアより)

  • べと病

    べと病から見たブドウブドウ

    べと病(べとびょう)は露菌病とも言い、卵菌(ミズカビと呼ばれる水生のものが多く知られ、またかつては藻菌類に分類されていた)のうちPeronosporaceae科に属する菌による病害に対して名づけられる植物病害で、ブドウや野菜で特に重要な病害である。湿度が高い時(特に梅雨時など)に蔓延しやすく、このような時期にはべとついた感じになるので「べと」と呼ばれるが、一般には葉などに褐色の斑点が現れて広がり、進行すると表面に分生胞子を形成するため羽毛状を呈する。べと病 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
802件中 1 - 10件表示

「ブドウ」のニューストピックワード