前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1092件中 1 - 10件表示
  • プラムケーキ

    プラムケーキから見たブドウブドウ

    主な材料としてプラム(プルーン、レーズン、ブドウなど)を用い、調理後にケーキ内でプラムがジャム状になる調理法もあれば、あらかじめプラムジャムを使う調理法も存在する。ユダヤ系ヨーロッパ人を中心にヨーロッパ諸地域でも食されており、フローマンクーヘン(英語でのスペル : pflaumenkuchen、標準ドイツ語読みはフラウメンクーヘン)やスウェチケクーヘン(同 zwetschgenkuchen、ツヴェッチゲンクーヘン)と呼ばれる。プルーンケーキもプラムケーキの一種である。プラムケーキ フレッシュアイペディアより)

  • 岡山市立古都小学校

    岡山市立古都小学校から見たブドウブドウ

    古都学区はぶどう作りが盛んなため、3年生の総合学習の時間では学校近隣のぶどう栽培農家によってぶどう作りの指導が行われている。岡山市立古都小学校 フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニア

    ジヴァニアから見たブドウブドウ

    ジヴァニア(ギリシャ語: ζιβανία, ζιβάνα, トルコ語: Zivaniya)とは、地中海のキプロス島で伝統的に生産されてきた、主にブドウを原料とする蒸留酒、すなわちブランデー(グレープ・ブランデー)の1種である。ただし、同じくブドウを主な原料とするものの、混成酒として作られるジヴァニアも存在する。また、基本的にはホワイトスピリッツ(無色透明な蒸留酒)だが、長期貯蔵ジヴァニア フレッシュアイペディアより)

  • 中世料理

    中世料理から見たブドウブドウ

    食物の長期保存には、燻蒸・塩漬け・ピクルス・砂糖漬け・発酵など、食品を化学変化させる方法もつかわれた。このような方法は作業時間が短くてすみ、独特の風味が加わるなどの長所があった。秋に屠殺した家畜の肉を塩漬けや燻製にするのは、冬のあいだ必要以上の家畜に与えるえさを節約するための、一般家庭の戦略だった。バターには腐敗しないよう多量の塩(5?10%)を添加した。野菜・鶏卵・魚を塩水と酸性の液体(レモン汁・未熟ブドウ果汁・酢)を入れた壜に漬けて密栓しピクルスにすることも多かった。その他、コンフィなど砂糖・蜂蜜・油脂をつかって加熱調理し食品の周囲に被膜を作って保存する方法があった。バクテリアや菌類による発酵もいろいろな方法でよく利用された。穀物・果実・ブドウはアルコール飲料にして腐敗を防ぎ、乳は発酵させ保存処理をしてさまざまなチーズやバターミルクにした。中世料理 フレッシュアイペディアより)

  • 余市町

    余市町から見たブドウブドウ

    余市町は小樽市から車で約30分、札幌市やニセコから車で約70分、新千歳空港から車で約110分の距離に位置している。北海道内一の生産量を誇るワイン醸造用の葡萄園(ブドウ畑)があり、「構造改革特別区域法」による「北のフルーツ王国よいちワイン特区」に認定されている。また、日本国内で初めて民間栽培によって誕生したリンゴがあり、ナシ、ブドウ、サクランボなどの果樹園が観光農園になっている。余市町 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアワイン

    ロシアワインから見たブドウブドウ

    ロシアワインとは、ロシア国内で生産されるワインを指す。また、広義には旧ソビエト連邦内で生産された、、グルジアワイン、、ウクライナワインなど、ロシア産と誤認されたワインもまたロシアワインに含める場合がある。「ロシアワイン」という語は、より正確には、ロシア南部のダゲスタン共和国、チェチェン共和国、カバルダ・バルカル共和国、クラスノダール地方、ロストフ地方、スタヴロポリ地方、アルタイ地方、西部のトヴェリ州で生産されたワインを指す。現代において、ロシアではブドウの品種を表すアペラシオンを取り入れている。アペラシオンには、シビリコヴィー (Сибирьковый),、ツィムリャンスキー・チョルニー (Цимлянский чёрный)、プレチスティーク (Плечистик)、ナルマ (Нарма)、ギュリャビ・ダゲスタンスキー (Гюляби Дагестанский)がある。ロシアワイン フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たブドウブドウ

    酒の歴史は古く、有史以前から作られていたと見られている(→)。製造方法や原料等多種多様であるが、原材料から発酵によってエタノールを生成することで共通している。果実原料ではブドウを使ったワインやリンゴなど果実酒、穀物原料では大麦によるビールや米など、イモ類ではサツマイモを使った焼酎など。様々なアルコール度数を持った酒が作られる(→)。 フレッシュアイペディアより)

  • ウォッカ

    ウォッカから見たブドウブドウ

    ロシアでのウォッカの起源には諸説ある。古いものでは12世紀頃からロシアの地酒を元に作られるようになったという説や、ルーシ時代の果実酒が元になったという説もある。ドミトリー・ドンスコイ大公の治世である、14世紀終盤の1386年、ジェノアの大使によってブドウを原料にした「命の水」と呼ばれる蒸留酒が最初に紹介された。このころ「命の水」はイギリスやアイルランドにも伝わり、のちにウイスキーとなった。スカンジナヴィアではアクアビットとなり、フランスではブランデー(オー・ド・ヴィー)となり、そしてロシアでは15世紀半ばにライ麦を原料とした「ジーズネンナヤ・ヴァダー」と呼ばれる酒になった。これを略した「ヴァダー」もウォッカの語源の一つと考えられる。ウォッカ フレッシュアイペディアより)

  • ワインの守護聖人

    ワインの守護聖人から見たブドウブドウ

    キリスト教文化が強いヨーロッパでは、麦とブドウは重要な作物であり、その宗教的意義が大きい。そのせいもあって、ワインの守護聖人がきわめて多く、恐らくは50名ほどには上るといわれる。ブドウの栽培はかなり天候に左右されやすく、それが、ブドウ農家が、守護聖人に豊作を祈願する一因ともいわれている。ワインの守護聖人 フレッシュアイペディアより)

  • デラウェア (ブドウ)

    デラウェア (ブドウ)から見たブドウブドウ

    デラウェアはブドウの一種で、アメリカ原産の自然交雑種である。ジベレリン処理によって果実内部の種が除去され、種無しぶどうとして出荷される。デラウェア (ブドウ) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1092件中 1 - 10件表示

「ブドウ」のニューストピックワード