1092件中 101 - 110件表示
  • パウ

    パウから見たブドウブドウ

    ではオリーブとブドウが栽培されており、とくにワインは原産地呼称D.O.アンプルダー(Denominació d'Origen Empordà)として知られている。パウ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・ファブロー

    ラ・ファブローから見たブドウブドウ

    ラ・ファブローの主要な産業は農業で、ブドウ、オリーブ、アーモンド、ハシバミなどが栽培されている。ラ・ファブロー フレッシュアイペディアより)

  • クーパー・マウンテン・ヴィンヤーズ

    クーパー・マウンテン・ヴィンヤーズから見たブドウブドウ

    クーパー・マウンテンで生産されるワインは、全てエステイト・ボトルド(自家の畑で育てた葡萄を使ってワインを生産すること)であり、バイオダイナミック農業によるワインである。クーパー・マウンテンは、オーガニックでかつバイオダイナミックに育てた葡萄のみエステイト・ボトルするワイナリーとしては、太平洋岸北西部で最初のワイナリーである。オーガニック認定はオレゴン・ティルスから、バイオダイナミック認定はデメテル・インターナショナルからそれぞれ受けた。ワイン生産に充てている土地面積は120エーカーで、この面積の中で4品種(ピノ・ノワール、ピノ・グリ、シャルドネ、ピノ・ブラン)の葡萄を育てている 。クーパー・マウンテン・ヴィンヤーズ フレッシュアイペディアより)

  • ブレンヴィーン

    ブレンヴィーンから見たブドウブドウ

    しかし近代のドイツではブラントヴァインは財務の用語であり、熟成又は非熟成の蒸留ワイン製品にのみ使われる(しかしこれはブドウから作られるブランデーのみを指すのではなく他の果実から作られる蒸留ワインにも使われる)。ドイツの法律では、何がブラントヴァインとして課税されるかを規定しており、ビール、スパークリングワイン、飲用以外のアルコールを含まない。この用語と非常に似た言葉に熟成されたブドウから作られたブランデーを指す正式なドイツの用語であるヴァインブラント(:en:Weinbrand)がある。ブレンヴィーン フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルテッリーナ (ワイン)

    ヴァルテッリーナ (ワイン)から見たブドウブドウ

    ヴァルテッリーナ (Valtellina) は、イタリアのDOCワインで、ソンドリオ県で生産されたものが認定されている。キアヴェンナスカ(ネッビオーロのこの地方での名)主体のワインで、乾燥させたブドウを使用したものはスフォルツァート (Sforzato) または方言でスフルサート (Sfrusat) という名前がつく。ヴァルテッリーナ (ワイン) フレッシュアイペディアより)

  • スフォルツァート・ディ・ヴァルテッリーナ

    スフォルツァート・ディ・ヴァルテッリーナから見たブドウブドウ

    スフォルツァート・ディ・ヴァルテッリーナ (Sforzato di Valtellina) は、イタリアのDOCGワインで、ソンドリオ県で生産されたものが認定されている。キアヴェンナスカ(ネッビオーロのこの地方での名)主体のワインで、乾燥させたブドウを使用している。スフォルツァート・ディ・ヴァルテッリーナ フレッシュアイペディアより)

  • アスティのワイン

    アスティのワインから見たブドウブドウ

    使用するブドウをモスカート種を主とするワイン。微発泡(フリザンテ)の白ワイン。発泡のきついものをアスティ・スプマンテ(Asti Spumante)という。アスティのワイン フレッシュアイペディアより)

  • ポンテラトーネ

    ポンテラトーネから見た葡萄ブドウ

    観光地としても栄えているが、葡萄の木が多く、ワインの名産地としても有名である。域内に多数のワイナリーがある。ポンテラトーネ フレッシュアイペディアより)

  • チチャ

    チチャから見たブドウブドウ

    酸味があるブドウジュースといった味である。作り方や飲むタイミングによってアルコールの強さは変わる。チチャ フレッシュアイペディアより)

  • 三重県農業大学校

    三重県農業大学校から見たブドウブドウ

    ナシ、ブドウ、ミカン、カキ等の栽培を中心に実践的な技術を習得する三重県農業大学校 フレッシュアイペディアより)

1092件中 101 - 110件表示

「ブドウ」のニューストピックワード