1092件中 111 - 120件表示
  • ボルネオール

    ボルネオールから見たブドウブドウ

    歴史的には紀元前後にインド人が、6?7世紀には中国人がマレー、スマトラとの交易で、天然カンフォルの取引を行っていたという。竜脳樹はスマトラ島北西部のバルス(ファンスル)とマレー半島南東のチューマ島に産した。香気は樟脳に勝り価格も高く、樟脳は竜脳の代用品的な地位だったという。その後イスラム商人も加わって、大航海時代前から香料貿易の重要な商品であった。アラビア人は香りのほか冷気を楽しみ、葡萄・桑の実・ザクロなどの果物に混ぜ、水で冷やして食したようである。ボルネオール フレッシュアイペディアより)

  • 収穫後損失 (青果)

    収穫後損失 (青果)から見たブドウブドウ

    果実は成熟の最後に完熟する。完熟した後の果実は老化し、崩壊する。「果実」という分類はナス、ピーマン、トマトなどの生産物も含む。非クリマクテリック型果実は親植物についているときにしか成熟が進まない。収穫すると糖や酸の量がそれ以上増えなくなるため、完熟前に収穫してしまうと食味が低下する。例としては柑橘類、ブドウやパイナップルが挙げられる。早期の収穫はしばしば輸送中のロスを最小限にするために行われるが、その結果風味は犠牲になる。クリマクテリック型果実とは熟した後、完熟前に収穫できるものである。バナナやメロン、パパイヤ、トマトなどが含まれる。商業的な果実の取引では成熟の度合いは人工的に調節されるため、輸送と流通を入念に計画することが可能である。エチレンガスはほとんどの植物細胞で生産され、熟成の開始に重要な役割を持つ。エチレンは商業的にクリマクテリック型果実の追熟に用いることができる。しかし、果実が生産する天然のエチレンは貯蔵中のロスにつながることがある。たとえば、エチレンは植物の緑色を退色させるため、葉物野菜は追熟途中の果実と一緒に保管するとダメージを受ける恐れがある。エチレン生産は果実が傷ついたり腐敗し始めたりすると増加し、それによって輸送中の果実の熟成が促進されてしまうことがある収穫後損失 (青果) フレッシュアイペディアより)

  • 湯舟山

    湯舟山から見たブドウブドウ

    平成23年7月新潟・福島豪雨では、湯舟沢・ニタ沢・湯の平で土石流が発生。1977年(昭和52年)山麓の湯舟原では、県営農地総合開発事業(20.5ha)により水平畑(畑にもなれば水田にもなる耕地)として整備、1982年(昭和57年)には湯舟原ブドウ生産組合がアグリコア越後ワイナリーのワイン原料用ブドウを生産。2004年(平成16年)、にいがた緑の百年物語緑化事業で『金城山麓いちょう並木』として整備。南魚沼土地改良区の登川右岸幹線用水路も通っている。湯舟山 フレッシュアイペディアより)

  • シャトー・ラフィット・ロートシルト

    シャトー・ラフィット・ロートシルトから見たブドウブドウ

    シャトー・ラフィット・ロートシルトは、ボルドーの北西メドック地区の高名なワイン生産地ポーイヤック村の北端に位置する。シャトーの敷地面積は123ヘクタールで、うち100ヘクタールがブドウ畑となっている。石灰質を基盤とする砂利質のテロワール(土壌)はメドックでも最上と目されている。品種別の作付面積は、カベルネ・ソーヴィニョンが70パーセント、メルローが25パーセント、カベルネ・フランが3パーセント、プティ・ヴェルドが2パーセントである。シャトー・ラフィット・ロートシルト フレッシュアイペディアより)

  • ワイン卸商品質同盟

    ワイン卸商品質同盟から見たブドウブドウ

    例えば、ブリティッシュコロンビアVQAを名乗るワインは、100%ブリティッシュコロンビア産のブドウから生産されている必要がある。ワイン卸商品質同盟 フレッシュアイペディアより)

  • ピース・ナウ

    ピース・ナウから見た葡萄ブドウ

    ピース・ナウなどのイスラエルの平和団体は入植反対を訴え、入植地で作られた葡萄で製造されたワインなどの不買運動、入植地で活動する企業への不投資の呼びかけなどを行い、イスラエル政府が推し進める入植政策に抗議しているが、2011年7月に入植地の産品のボイコットを禁止する法案が賛成多数で成立した。これはいわば左派系市民団体を狙い撃ちにしたもので、民主主義を破壊するものであるとしてイスラエル国外のみならず、国内からも懸念と批判の声が挙がっている。仮に国から裁判を起こされたら高額な裁判費用のために団体そのものが破綻しかねないという。また、2011年ごろから反格差デモが日本や米国など世界中で発生し、イスラエルにおいても和平問題よりも物価高騰などの経済問題に対して深い関心を寄せるようになっているため、経済問題を扱わないピース・ナウの活動は停滞し、ヘブライ大学のマウント・スコーパス・キャンパスにおいて実施された新規メンバーの勧誘も成功したとはいえない。ピース・ナウ フレッシュアイペディアより)

  • ビオ・ワイン

    ビオ・ワインから見たブドウブドウ

    原料となるブドウは、農薬や化学肥料が使用されない有機農法で育成されることが前提となり、ビオ・ワイン フレッシュアイペディアより)

  • ムスカリ

    ムスカリから見たブドウブドウ

    名の由来はギリシャ語の (ムスク)であり、麝香のことである。花は一見するとブドウの実のように見えることから、ブドウヒアシンスの別名を持つ。ムスカリ フレッシュアイペディアより)

  • トラキアのリュクルゴス

    トラキアのリュクルゴスから見たブドウブドウ

    ヒューギヌスによると、リュクルゴスはワインで酩酊し、母を犯した。自らの行いを後で知ると、ワインが悪の原因であると信じ、ブドウの木を切り落とそうとした。そこでデュオニソスは罰として彼の気を狂わせ、妻と子を殺すように仕向けた。その後リュクルゴスは自らロドピ山のヒョウの餌食となった。トラキアのリュクルゴス フレッシュアイペディアより)

  • アケビコノハ

    アケビコノハから見たブドウブドウ

    類似のコノハガはアジアに広く分布するほか、南アメリカ、アフリカなどの熱帯に多い。日本では、このほかにキマエコノハやヒメアケビコノハを産する。いずれも夜間果樹園に飛来し、モモ、ナシ、ミカン、ブドウなどの熟果の液を吸い大害を与える。アケビコノハ フレッシュアイペディアより)

1092件中 111 - 120件表示

「ブドウ」のニューストピックワード