1092件中 121 - 130件表示
  • 醸造業

    醸造業から見たブドウブドウ

    醸造業と人との結び付きは古く、新石器時代にまで遡るとされる。古代、メソポタミア文明のシュメール人により葡萄よりワインが、大麦よりビールが製造されていた。紀元前3000年頃に古代エジプト、同じく紀元前1500年頃に古代ギリシアに伝えられ、後にローマにも伝えられた。ローマ帝国の拡大とともにヨーロッパから地中海一帯に広がっていったが、気候的な制約があり、ドイツ・イングランド以北ではビール、フランス・イタリア以南ではワインの生産圏として確立する事になる。ワインは古くは食事を食べやすくするための葡萄ジュースの保存の目的を併せ持った日常の飲料の性格が強く、早くからワインの豊凶と言う概念が確立され、「シャトー」と呼ばれる自前の葡萄畑と醸造所を一体化させた施設を作り上げた。一般的には日照の関係でフランスでは赤ワインがドイツ(南部)では白ワインの生産が盛んであると言われている。これに対してビールは穀物を原料としていたために生産に対する制約も大きく古くは祝祭のための特別な飲料という考え方が強かったが、19世紀に酵母の純粋培養技術の開発をはじめとした科学技術の利用や缶やビン詰め製法の確立等の流通形態の改革、また、運輸・貯蔵技術の発達等にともなって、安価かつ大量に安定供給が可能となり、市場を占有する大企業が発生するようになった。更に1880年代にヨーロッパで葡萄の病気が大流行して10年以上にわたってワインの生産が大幅に減少した。その結果、ワインを日常にビールを祝祭に用いるとする古代以来の文化・価値観が逆転するに至った。一方、中世のヨーロッパでは錬金術研究の過程で蒸留技術が発展してこれを用いた蒸留酒が作られるようになった。ワインから派生したブランデーは、フランスのアルマニャック地方では1411年、同じくコニャック地方では1613年に製造されたとするのが最古の記録である。ビールから派生したウイスキーは、スコットランドでは1494年(スコッチウイスキー)、アイルランドでは1608年(アイリッシュウイスキー)に製造されたとするのが最古の記録である(ただしその起源については、1172年の同地の記録に登場する蒸留酒こそが最古のウイスキーだとする主張もある)。この経緯から蒸留酒の製造も醸造業に含む場合がある。醸造業 フレッシュアイペディアより)

  • ビラリョンガ・ダル・カム

    ビラリョンガ・ダル・カムから見たブドウブドウ

    の主要な経済活動は農業で、セイヨウハシバミ(ヘーゼルナッツ)、ブドウ、アーモンド、オリーブ、イナゴマメなどが栽培されている。ビラリョンガ・ダル・カム フレッシュアイペディアより)

  • 勝沼町等々力

    勝沼町等々力から見たブドウブドウ

    甲府盆地東部、日川と田草川との間に位置する。甲州市西部にあたり、ほぼ全域が扇状地にあって水はけがよく果樹栽培に適する。北西で勝沼町綿塚、北で勝沼町休息、北東で勝沼町小佐手、東で勝沼町勝沼、南で勝沼町下岩崎、南西で笛吹市一宮町北野呂、西で山梨市上栗原と接する。それまでも米麦を中心とした農業と養蚕が行われてきた農業地帯だったが、昭和30年代よりブドウを中心としたビニールハウスでの果樹栽培に転換した。市役所の行政区域としては勝沼8区から勝沼12区にあたる。勝沼町等々力 フレッシュアイペディアより)

  • オークレー (カリフォルニア州)

    オークレー (カリフォルニア州)から見たぶどうブドウ

    この街は19世紀中頃に基礎が作られ、多くの成功した開墾者達の中心地だった。飛行機を使った多量の空中散布が、アーモンド、ぶどう、クルミ、ペカンを良く育たせた。オークレー (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ワインカントリー (カリフォルニア州)

    ワインカントリー (カリフォルニア州)から見たブドウブドウ

    ワインカントリー(は、アメリカ合衆国カリフォルニア州の北部にあり、極上ワインの生産地として知られる地域である。この地域のぶどう栽培とワイン醸造は19世紀半ばから行われている。サンフランシスコより北の地域には400以上のワイン醸造所があり、その大半はナパ郡のナパ・バレーやソノマ郡のソノマ・バレー、アレクサンダー・バレー、ドライクリーク・バレーおよびルシアンリバー・バレーなどバレーと呼ばれる地域に位置している。ワイン用ぶどうはアトラスピークやマウントビーダーなど標高の高いぶどう栽培地域でも栽培されている。ワインカントリーはぶどうを栽培しているとう条件だけでなく、その生態系、地質、建築物料理、および文化によっても定義されている。ぶどうの収穫の大半は面積でもその価値でもソノマ郡から産出されている。ワインカントリー (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • 野菜ジュース

    野菜ジュースから見たブドウブドウ

    トマトやニンジンなどの緑黄色野菜を素材としたものは、ビタミンC、ビタミンA、食物繊維の補給を謳っている。リンゴやブドウ、オレンジなどの果物と混ぜ合わせたものは、主にビタミンCの摂取を目的としているようである。野菜ジュース フレッシュアイペディアより)

  • ベノミル

    ベノミルから見たブドウブドウ

    デュポン社が開発した殺菌剤で、日本では1971年4月21日に農薬登録を受けた。1999年の実績では、日本は原体29トン・製剤243トンを輸入している。商品名は「ベンレート」など。リンゴ・ナシ・ブドウのうどんこ病や黒星病、柑橘類のそうか病、テンサイの褐斑病、稲の種子病に有効で、種子・球根の消毒や、ミカンの青カビなど貯蔵時の病害防除にも用いられる。現在は住友化学が生産・販売(家庭園芸用は住友化学園芸が販売)している。ベノミル フレッシュアイペディアより)

  • 北信農業共済組合

    北信農業共済組合から見たブドウブドウ

    果樹共済 - りんご・ぶどう・なし・もも ・すもも北信農業共済組合 フレッシュアイペディアより)

  • ドウガネブイブイ

    ドウガネブイブイから見たブドウブドウ

    成虫は5-9月にかけて出現し、各種広葉樹の葉を食べる他、スギの葉を食べたとする報告もある。ブドウやウメの葉を食害するため、農林業害虫としても知られている。夜行性であり、灯火にもよく飛来する。人間などの敵に襲われると、茶色の排泄物を出す。ドウガネブイブイ フレッシュアイペディアより)

  • 勝沼ワイン

    勝沼ワインから見たブドウブドウ

    甲府盆地東縁にあたる旧勝沼町域は、大部分に扇状地が広がり水はけがよく、気候は寒暖の差が大きく、年間降水量は1,000ミリ程度と、ブドウの栽培に適した環境となっており、日本土着のブドウ品種である甲州種の栽培が江戸時代から行われていた。勝沼ワイン フレッシュアイペディアより)

1092件中 121 - 130件表示

「ブドウ」のニューストピックワード