802件中 11 - 20件表示
  • ブドウ科

    ブドウ科から見たブドウブドウ

    ブドウ科 (Vitaceae) は双子葉植物の科。ブドウ、ヤマブドウ、ノブドウ、ツタや、雑草のヤブガラシなどを含む。いずれもつる性の木本または草本で、巻きひげまたは吸盤をもつ。約15属700種が世界の熱帯から温帯に分布する。ブドウ科 フレッシュアイペディアより)

  • シャトー・オー・ブリオン

    シャトー・オー・ブリオンから見たブドウブドウ

    ブドウはローマ時代からこの地所で生えていたと思われるが、土地の一画を耕したという文書記録は、もっとも古くて1423年のものとなる。シャトー・オー・ブリオン フレッシュアイペディアより)

  • つる植物

    つる植物から見たブドウブドウ

    巻き付くために特に分化した紐状の構造。それを他のものに巻き付けることで植物体を固定する。巻き鬚は単独のものも、枝分かれしたものもある。エンドウでは巻き鬚は葉の先端にあり、葉の一部が変化したものと考えられる。トウツルモドキでは、葉先が伸びて巻き鬚の機能をもつようになっている。ウツボカズラは、葉先からツルが伸び、先端に捕虫のうを持つが、このつるが巻き鬚の働きもかねている。ブドウ類の巻き鬚は葉の基部から出て、葉と対生する。サルトリイバラ類では、たく葉の先端が伸びて巻き鬚になっている。つる植物 フレッシュアイペディアより)

  • 美咲町

    美咲町から見たブドウブドウ

    町の中心は旧中央町のJR亀甲駅周辺であり、町役場や商店、公共施設が立地している。主な産業はコメ、ナシやブドウなどの果樹、葉タバコの栽培、養鶏である。町内には日本棚田百選に選定された棚田が2か所あること、西日本最大級の養鶏場があること、さらに、町出身の岸田吟香が愛好し全国に広めたという説があることから、「卵かけごはん」により町おこしを図っている。美咲町 フレッシュアイペディアより)

  • 赤毛のエイリークのサガ

    赤毛のエイリークのサガから見たブドウブドウ

    ある日、レイフ・エリクソンはグリーンランドからノルウェーへ向かう途中でヘブリディーズ諸島に流され、魔女ソールグンナと仲むつまじくなり子をもうける。ヘブリディーズ諸島を出帆したレイフはノルウェーでオーラーヴ・トリュクヴァソン王に謁見し、王からグリーンランド布教の任務を授かる。グリーンランドへ帰る途中、偶然にも小麦とブドウの木が自生している陸地を発見した。さらに船が難破して漂流している人びとを見つけて助けた。以来、彼は幸福なレイフと呼ばれるようになった。赤毛のエイリークのサガ フレッシュアイペディアより)

  • 日本のワイン

    日本のワインから見たブドウブドウ

    日本列島では、縄文時代中期には酒造具である可能性が考えられている有孔鍔付土器が存在し、ブドウ果汁を発酵させた飲料(液果酒)がつくられ飲用に供されていたとも考えられているが、確定的な証拠は無い。日本のワイン フレッシュアイペディアより)

  • ドウロ川

    ドウロ川から見たブドウブドウ

    この地域の沿岸では、小麦やワイン用のブドウの栽培、羊の放牧などが行われている。ドウロ川 フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニア

    ジヴァニアから見たブドウブドウ

    ジヴァニア(ギリシャ語: ζιβανία, ζιβάνα, トルコ語: Zivaniya)とは、地中海のキプロス島で伝統的に生産されてきた、主にブドウを原料とする蒸留酒、すなわちブランデー(グレープ・ブランデー)の1種である。ただし、同じくブドウを主な原料とするものの、混成酒として作られるジヴァニアも存在する。また、基本的にはホワイトスピリッツ(無色透明な蒸留酒)だが、長期貯蔵ジヴァニア フレッシュアイペディアより)

  • 果樹王国

    果樹王国から見たブドウブドウ

    山形県は置賜・天童地方を中心にさくらんぼの栽培が盛ん。中でも桜桃(サクランボ)の生産量は日本一であり、厳密な品種管理の元でブランドが守られている。主な産地は東根市、寒河江市。その他洋なしの栽培も盛んであり、天童市などが主産地。他にはスイカ(尾花沢市)、リンゴ(西村山郡朝日町、西置賜郡白鷹町など)、ブドウ(南陽市)、和梨(鶴岡市)、桃(東根市)、メロン(酒田市、西村山郡河北町など)などが特産地として知られ、種類が豊富である。果樹王国 フレッシュアイペディアより)

  • ボルドー液

    ボルドー液から見たブドウブドウ

    1885年にワインの産地であるフランスのボルドー地方で、ボルドー大学の教授だったピエール・ミラルデ(Pierre-Marie-Alexis Millardet)によって発見された薬である。当初は銅化合物の鮮やかな青色にブドウを着色して食欲をそぎ、農場からの盗難を防ぐために使われたが、菌類による植物の病気(露菌病もしくはべと病とされる)を抑制する働きがあることが、有名なぶどう園だったシャトー・ドーザックでの実験成功により発見されて、殺菌剤として使われるようになった。日本では、1897年頃から、ブドウ、梨など果樹の病気の薬として使われるようになった。近代的な殺菌剤が開発されてからは使用頻度が減っていったが、植物に植物ホルモンの一種であるエチレンの分泌を促して、病気に対する抵抗性を強める働きがあることが発見され、再評価されるようになった。使用していても有機栽培の認定を受けることができる数少ない農薬として知られている。ボルドー液 フレッシュアイペディアより)

802件中 11 - 20件表示

「ブドウ」のニューストピックワード