1092件中 21 - 30件表示
  • シンガニ

    シンガニから見たブドウブドウ

    シンガニ (Singani) は、ボリビアで作られているアルコール飲料。ブドウから作った蒸留酒である。マスカット・オブ・アレキサンドリアで作ったワインを蒸留して作られるものが主流であるが、ブラック・マスカットなどから作られることもある。シンガニ フレッシュアイペディアより)

  • ユダヤ料理

    ユダヤ料理から見たブドウブドウ

    古代イスラエルの一般人の日常食は、主にパン、穀物、豆類だった。食事ごとにパンを食べた。野菜は少量ながらも重要な食材だった。イスラエルの人々は、春夏の季節にはヤギと羊の乳を飲み、バターやチーズを食べた。最もよく食べられた果物はイチジクとブドウで、季節に応じてザクロその他の果物やナッツ類も食べられた。飲料の定番はワインで、時には他の発酵飲料も作られた。オリーブは主に、油を採るために使われた。肉は通常ヤギやヒツジの肉で、祝賀、祝日、燔祭など特別な機会にのみ食べられた。時に応じてジビエ、鳥、卵、魚も食べられていた。ユダヤ料理 フレッシュアイペディアより)

  • マスカット (ブドウ)

    マスカット (ブドウ)から見たブドウブドウ

    ヨーロッパブドウ(学名: Vitis vinifera)種のブドウのマスカット( )品種は、ワイン、レーズン、生食用のために広く栽培されている。果実の色は白色から黒色に近いものまで幅がある。マスカットはほとんどの場合、顕著な甘い花の芳香を有する。マスカット品種は世界中で栽培されている。マスカット品種の幅広さや数から、最も古く栽培化されたブドウ品種である可能性が示唆されており、ヨーロッパブドウ(Vurus vinifera)の品種のほとんどが、このマスカット品種の子孫であるという説があるマスカット (ブドウ) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージア国の経済

    ジョージア国の経済から見たブドウブドウ

    ジョージアの近代経済は、黒海観光、柑橘類、茶、ブドウの栽培を中心に展開しており、これらにマンガン鉱・銅鉱採掘、大産業として発展するワイン、金属、機械、化学品、繊維製品の生産などが加わる。多くの旧ソヴィエト連邦構成国家と同様、1990年代のジョージアは、高インフレと巨大な財政赤字のせいで、経済が大きく落ち込んだ。 1996年、ジョージアの財政赤字は、予算の6.2%にまでおよんだ。そのあいだ国際金融機関は、ジョージア国家の予算の計上において重要な役割を演じた。多国間及び二国間贈与と貸付金は、1997年に1億1,640万ラリ、1998年には1億8,280万ラリにのぼった。ジョージア国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アチバイア

    アチバイアから見たブドウブドウ

    主な生産物は日系人が栽培するイチゴやブドウである。アチバイア市には多くの明治以降からの日本移民が住んでおり、アチバイア日伯文化体育協会(ACENBRA)があるなど、日本の文化が盛んである。アチバイア フレッシュアイペディアより)

  • 抗酸化物質

    抗酸化物質から見たブドウブドウ

    カテキン (茶)、アントシアニン(ブドウ)、タンニン(茶)、ルチン(ソバ)、イソフラボン(大豆)、ノビレチン(シークヮーサー)抗酸化物質 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド料理

    ポーランド料理から見たブドウブドウ

    ポーランド国内ではあまり栽培がされていないが、ブドウ(ヴィノーロシル winorośl)はポーランド人の好物で、たくさんの種類が輸入されて店頭に並んでいる。近年はマンゴー、ドリアン、マンゴスチンなどのトロピカルフルーツなどが、EU加盟後に出店してきた西欧スーパーにある。ポーランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • シャトー・マルゴー

    シャトー・マルゴーから見たブドウブドウ

    シャトー・マルゴーは、ジロンド県の県庁所在地ボルドーの北方、メドック地区マルゴー村にある。マルゴー村はガロンヌ川河口部エスチュアリーの左岸に位置するワイン生産の好適地である。シャトーは262ヘクタールの敷地を有し、うちAOC認定の赤ワイン用ブドウの畑は87ヘクタールである。白ワイン用ブドウの畑も12ヘクタールありソーヴィニヨン・ブランが栽培されている。シャトー・マルゴー フレッシュアイペディアより)

  • 井筒ワイン

    井筒ワインから見たブドウブドウ

    1927年(昭和2年)、井筒屋農園が醸造部門を開設したことに始まる。1933年(昭和8年)、井筒屋葡萄酒醸造所を創業、地元産ブドウの「ナイヤガラ」・「コンコード」を用いた自社ブランド製品の醸造を開始した。1956年(昭和31年)、現社長の塚原嘉章は、山梨大学の「ワイン科学研究センター」に研究生として入所、ブドウ栽培と醸造学などを学ぶ。帰郷後、ヨーロッパのワイン用ブドウ品種の栽培と醸造を決意。栽培と醸造試験に取る組む結果、フランスの「メルロー種」が桔梗ヶ原の風土に適す品種であることが分かった。井筒ワイン フレッシュアイペディアより)

  • デノミナシオン・デ・オリヘン

    デノミナシオン・デ・オリヘンから見たブドウブドウ

    生産したワインをバイヤーに安く買いたたかれていた小作農の独立の機運が高まり、1926年にリオハ原産地呼称統制委員会が設立されたのをはじめとして、ヘレス(シェリー)やマラガなど各地に自主的な原産地呼称統制委員会が設立されたため、1932年にはワイン法が制定されて各原産地呼称統制委員会を統括するようになった。1970年にはワイン法が改定され、1970年代に「ブドウ畑、ワインおよびアルコールに関する法令」が施行されると、原産地呼称庁(INDO、現 品質呼称局)が設立されて、原産地呼称制度(DO)が定められた。品質呼称局はブドウの栽培面積、地域の境界限定、栽培品種、植樹密度、収穫量、灌漑規制などや、ワインの収量、醸造法、アルコール度数、総亜硫酸量、揮発酸度、官能試飲検査などを定めた。1988年にはDOの上位カテゴリーとして特選原産地呼称(DOCまたはDOCa)が制定され、1991年にスペイン初のDOCとしてリオハが、2003年に2番目のDOCとしてプリオラートが認められた。2008年にはリベラ・デル・ドゥエロがDOから昇格する予定であると報じられたが、実際にはDOにとどまった。2003年のワイン法改正時には新たに畑限定原産地呼称(VP)が制定され、特定の畑のみから生産される個性豊かなワインとして2009年時点で9の畑が認定されている。デノミナシオン・デ・オリヘン フレッシュアイペディアより)

1092件中 21 - 30件表示

「ブドウ」のニューストピックワード