1092件中 31 - 40件表示
  • 地中海性気候

    地中海性気候から見たブドウブドウ

    土壌は石灰岩の風化によってできたテラロッサが広く分布、乾燥に強いオリーブやブドウなどの果物、柑橘類などの栽培、牧畜が広く行われている。地中海性気候 フレッシュアイペディアより)

  • バーレーワイン

    バーレーワインから見たブドウブドウ

    19世紀のイギリスが発祥とされる(2016年から300年以上前とする説もある)。イギリスでは気候の関係でブドウが生産できず、フランスワインの人気に嫉妬してワイン並みにアルコール度数が高く、年単位での長期熟成が行えるバーレーワインが開発されたとされている。また、ワイン同様に熟成期間が長いほど価値が高いという。バーレーワイン フレッシュアイペディアより)

  • ラキヤ (飲料)

    ラキヤ (飲料)から見たブドウブドウ

    ラキヤは、南スラヴ人たちの国民的飲料であると見られている。幅広くみられるものとしては、スモモから作られるシュリヴォヴィツァや、ブドウから作られるグロズドヴァ(grozdova)などがある。それ以外では、モモやアンズ、リンゴ、ナシ、サクランボ、イチジク、マルメロなどを用いたものもある。セルビアやブルガリアなどでは、複数の果物を混ぜ合わせたラキヤもある。イストリア半島では、ラキヤは主にブドウのみから作られ、当地ではトラパ(trapa)やグラッパ(grappa)などと呼ばれる。グラッパという呼び方は、イタリアでも見られる。スモモやブドウのラキヤは、蒸留後に味付けとして他の材料が加えられることもあり、ハーブやハチミツ、スミミザクラ、クルミなどが用いられる。ラキヤ (飲料) フレッシュアイペディアより)

  • チューハイ

    チューハイから見たブドウブドウ

    焼酎の割り材としてウメやブドウ風味のシロップを加えることは第二次世界大戦前から行われていたが、これに炭酸水を足すことは昭和30年代の山谷地区などの東京下町を中心に広がったとされる。チューハイ フレッシュアイペディアより)

  • 赤毛のエイリークのサガ

    赤毛のエイリークのサガから見たブドウブドウ

    ある日、レイフ・エリクソンはグリーンランドからノルウェーへ向かう途中でヘブリディーズ諸島に流され、魔女ソールグンナと仲むつまじくなり子をもうける。ヘブリディーズ諸島を出帆したレイフはノルウェーでオーラーヴ・トリュクヴァソン王に謁見し、王からグリーンランド布教の任務を授かる。グリーンランドへ帰る途中、偶然にも小麦とブドウの木が自生している陸地を発見した。さらに船が難破して漂流している人びとを見つけて助けた。以来、彼は幸福なレイフと呼ばれるようになった。赤毛のエイリークのサガ フレッシュアイペディアより)

  • べと病

    べと病から見たブドウブドウ

    べと病(べとびょう)は露菌病とも言い、卵菌(ミズカビと呼ばれる水生のものが多く知られ、またかつては藻菌類に分類されていた)のうちPeronosporaceae科に属する菌による病害に対して名づけられる植物病害で、ブドウや野菜で特に重要な病害である。湿度が高い時(特に梅雨時など)に蔓延しやすく、このような時期にはべとついた感じになるので「べと」と呼ばれるが、一般には葉などに褐色の斑点が現れて広がり、進行すると表面に分生胞子を形成するため羽毛状を呈する。べと病 フレッシュアイペディアより)

  • 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所

    池田町ブドウ・ブドウ酒研究所から見たブドウブドウ

    1963年(昭和38年)に日本国内初の自治体によるワイナリーとして始まった。独自の品種を開発し、酸味豊かなブドウで長期熟成タイプのワインを中心に製造している。池田町の企業会計に計上されて独立採算の形で経営している。利益の一部は一般会計などに繰り出しており、町の経済・財政・産業に貢献している。ワイン城内には見学コースがあるほか、ワインをはじめ地元の特産品を取り揃えたショッピングエリアやレストランがあり、観光地になっている。また、『池田町秋のワイン祭り』などのイベント会場になっているほか、ワイン城から眺める景色は「日本の夕陽百選」に選定されている。池田町ブドウ・ブドウ酒研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ドウロ川

    ドウロ川から見たブドウブドウ

    この地域の沿岸では、小麦やワイン用のブドウの栽培、羊の放牧などが行われている。ドウロ川 フレッシュアイペディアより)

  • 琴海町

    琴海町から見たブドウブドウ

    海岸は大村湾に面し、リアス式海岸で複雑に入り組んでいる。町の北部には尾戸半島が南に伸びており、半島に挟まれた形上湾は波が穏やかである。海岸沿いにはわずかながら平地があり、田やブドウ畑、ビニールハウスなどが多い。国道206号もこの平地を南北に走る。琴海町 フレッシュアイペディアより)

  • 美咲町

    美咲町から見たブドウブドウ

    町の中心は旧中央町のJR亀甲駅周辺であり、町役場や商店、公共施設が立地している。主な産業はコメ、ナシやブドウなどの果樹、葉タバコの栽培、養鶏である。町内には日本棚田百選に選定された棚田2か所と西日本最大級の養鶏場があること、さらに、町出身の岸田吟香が愛好し全国に広めたという説があることから、卵かけごはんにより町おこしを図っている。美咲町 フレッシュアイペディアより)

1092件中 31 - 40件表示

「ブドウ」のニューストピックワード