802件中 31 - 40件表示
  • グルジア

    グルジアから見たブドウブドウ

    グルジア経済は伝統的に、黒海観光、柑橘類、茶やブドウの生産を中心としてきた。ソビエト連邦時代には黒海沿岸は有数の保養地になり、観光業が盛んだった。また、ブドウなどを利用してワインやコニャック製造などの食品加工業。マンガンや銅の採鉱と、これに付随して金属、機械類、化学薬品や織物を生産する工業部門も発達していた。グルジア フレッシュアイペディアより)

  • トルコ料理

    トルコ料理から見たブドウブドウ

    トルコ料理に使われる代表的な野菜としてはナス、タマネギ、豆類、トマト、キュウリなどがあげられる。ブドウ、アンズ、サクランボ、メロン、イチジク、レモンなどの果物、ピスタチオ、マツの実、アーモンド、クルミ、ヘーゼルナッツなどの種実類もよく使われる。トルコ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 魚津市

    魚津市から見たぶどうブドウ

    ぶどう(西布施ぶどう)魚津市 フレッシュアイペディアより)

  • ギリシア料理

    ギリシア料理から見たブドウブドウ

    ブドウやキャベツの葉で肉と米などのフィリングを包んで蒸し煮にした料理。肉の入らないドルマデスは冷菜にもなる。ギリシア料理 フレッシュアイペディアより)

  • 黄色ブドウ球菌

    黄色ブドウ球菌から見たブドウブドウ

    ヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌でもある。学名はStaphylococcus aureus(スタフィロコッカス・アウレウス)。属名StaphylococcusのStaphylo-は「ブドウの房状の」、coccusは「球菌」の意であり、種小名aureusは「黄金色の」を意味する(金の元素記号や、オーロラなどと同じ語源)。黄色ブドウ球菌 フレッシュアイペディアより)

  • 地中海性気候

    地中海性気候から見たブドウブドウ

    土壌は石灰岩の風化によってできたテラロッサが広く分布、乾燥に強いオリーブやブドウなどの果物、柑橘類などの栽培、牧畜が広く行われている。地中海性気候 フレッシュアイペディアより)

  • ハルヴァ

    ハルヴァから見たぶどうブドウ

    リビアのスモモ、リンゴ、桃、メロン、干しぶどう、バター、蜂蜜、クスクスで作る果物のハルワ(ハラワ・ビル=ファワーキ Halawah bil-Fawāki)、モロッコの揚げた胡麻入りクッキーを蜂蜜に浸したハルワ・シェバキア(Halwa Shebakia)、カラメル化した砂糖で胡麻を固めたハルワ・シザーム(Halwa Cizame)、ココナッツフレークを用いたヒルワ・コーコー (Hilwat Koko) などがある。ハルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見たブドウブドウ

    温暖な瀬戸内の気候を背景に古代より独自の文化圏を形成し、現在では中国・四国地方の交通の要衝として発展している。ブドウや桃をはじめとした高品質の果物の生産地として有名である。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 山梨県

    山梨県から見たブドウブドウ

    中央高地式気候を呈しているが、山地によって隔てられる地域差も大きい。盆地部には夏の暑さと冬の寒さがともに顕著で、冬の季節風(八ヶ岳おろし)が強いが降雪は豪雪地帯の南アルプス市(旧芦安村)と早川町を除いてわずか。年間降水量が少なく日照時間が長く、台風の通過経路でもありしばしば集中豪雨に見まわれる。山麓地域では盆地部より気温が冷涼で、降水量も多い。このため、盆地周縁では冷涼な気候に向いた葡萄の栽培が盛んである。山梨県 フレッシュアイペディアより)

  • 稲城市

    稲城市から見たブドウブドウ

    日本住宅公団(現:独立行政法人都市再生機構)による1970年代以降の多摩ニュータウン建設や京王相模原線、小田急多摩線沿線の開発に伴い、多摩川流域の既存住宅地と合わせた人口が急増した。古くからナシやブドウの産地として有名である。サッカーJリーグ・東京ヴェルディのホームタウンでもある。稲城市 フレッシュアイペディアより)

802件中 31 - 40件表示

「ブドウ」のニューストピックワード