1092件中 41 - 50件表示
  • 柏原市

    柏原市から見たブドウブドウ

    ぶどう栽培が盛ん。また古墳や遺跡も多く、市内にある横穴墓(高井田横穴群、玉手山横穴群の2箇所)は大阪府内では、現在柏原市でしか発見されていない。近隣にある奈良県橿原市(かしはらし)や奈良県御所市柏原(かしはら)と混同、また地名を兵庫県丹波市柏原町(かいばらちょう)、滋賀県米原市柏原(かしわばら)などと誤読されることが多い。2006年11月、構造改革特区(「生きる学力育成」小中一貫教育特区)に認定された。柏原市 フレッシュアイペディアより)

  • 笛吹市

    笛吹市から見たブドウブドウ

    笛吹市(ふえふきし)は、山梨県にある市。甲府盆地の東寄りに位置する。2006年度のモモ収穫量は22,900トン、ぶどう収穫量は14,400トンであり、いずれも自治体別では全国1位だった。このことから、2005年(平成17年)10月12日には「桃・ぶどう日本一の郷」を、2013年(平成25年)4月には「日本一桃源郷」を宣言している。笛吹市 フレッシュアイペディアより)

  • 黄色ブドウ球菌

    黄色ブドウ球菌から見たブドウブドウ

    ヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌でもある。学名はStaphylococcus aureus (スタフィロコッカス・アウレウス)。属名Staphylococcus のStaphylo-は「ブドウの房状の」、coccus は「球菌」の意であり、種小名aureus は「黄金色の」を意味する(金の元素記号や、オーロラなどと同じ語源)黄色ブドウ球菌 フレッシュアイペディアより)

  • 桔梗ヶ原

    桔梗ヶ原から見たブドウブドウ

    このため古くから農耕に適さない場所であるとして、原野のまま放置されていたが、明治時代以降開拓が進められたことで、ブドウなどの果樹やワイン、野菜の一大生産地となった。塩尻市のブドウの出荷量は中野市・須坂市に次いで長野県内で3番目に多い。また、当地には9つのワイナリーがあり、長野県産ワインの8割は塩尻市で生産されている。塩尻市宗賀地区は大正時代に入植者が相次いだことで、誕生した新しい集落には「桔梗ヶ原」が集落名として用いられた。現在では国道19号や鉄道路線の中央本線・篠ノ井線が整備され、上水道の普及もあって塩尻駅周辺および国道沿いは都市化が進んでいる。桔梗ヶ原 フレッシュアイペディアより)

  • 山梨県

    山梨県から見たブドウブドウ

    中央高地式気候を呈しているが、山地によって隔てられる地域差も大きい。盆地部は夏の暑さと冬の寒さがともに顕著で、冬の季節風(八ヶ岳おろし)が強いが降雪は豪雪地帯の南アルプス市(旧芦安村)と早川町を除いてわずか。また、夏は標高の割に最低気温が高くなり、6 - 8月の最低気温の月平年値は熊谷や東京など標高の低い平野部とほぼ変わらなくなる。年降水量が少なく日照時間が長いが、台風の通過経路でもありしばしば集中豪雨に見まわれる。その為沼地の多い中巨摩地域では、舟を所有していた家も多かった。山麓地域では盆地部より気温が冷涼で、降水量も多い。このため、盆地周縁では冷涼な気候に向いた葡萄の栽培が盛んである。山梨県 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のワイン

    日本のワインから見たブドウブドウ

    日本列島では、縄文時代中期には酒造具である可能性が考えられている有孔鍔付土器が存在する。有孔鍔付土器は酒造具であるとする説と打楽器であるとする説があり決着をみていないが、ブドウ果汁を発酵させた飲料(液果酒)がつくられ飲用に供されていたとも言われる。日本のワイン フレッシュアイペディアより)

  • チリ

    チリから見たブドウブドウ

    北部の砂漠地帯(Norte Grande)では年間を通してほとんど雨が降らない。銅など鉱物資源に富む。ラ・セレナの南から地中海性気候の渓谷地域(Norte Chico)となり、チリの主要輸出品目の一つであるブドウなどの果物の栽培や、最近輸出量が増えてきたワインの生産に適している。19世紀後半から発展した歴史を有するこの国の主要地域であり、人口と農産物が集中する。Zona Central。バルディビアからプエルト・モントまでの南部地域(Zona Sur)は森林地帯の続く牧畜に適した湖水地方であり、火山地域である。年間を通して雨が多い。南緯40度以南(Zona Austral)にはパタゴニアと呼ばれ、沿海部は典型的なフィヨルド地形が形成されている。マゼラン海峡を越えて南にはフエゴ島が存在し、島の西半分がチリ領となっている。南極大陸の125万平方kmの領有権を主張するが南極条約で棚上げとなっている。チリはポリネシアにも領土を有し、サラ・イ・ゴメス島、ロビンソン・クルーソー島とチリ本土から西に3,700kmほど離れてラパ・ヌイ (イースター島) が存在する。チリ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージア (国)

    ジョージア (国)から見たブドウブドウ

    ジョージア経済は伝統的に、黒海観光、柑橘類、茶やブドウの生産を中心としてきた。ソビエト連邦時代には黒海沿岸は有数の保養地になり、観光業が盛んだった。また、ブドウなどを利用してワインやコニャック製造などの食品加工業。マンガンや銅の採鉱と、これに付随して金属、機械類、化学薬品や織物を生産する工業部門も発達していた。ジョージア (国) フレッシュアイペディアより)

  • 稲城市

    稲城市から見たブドウブドウ

    稲城市(いなぎし)は、東京都の多摩地域南部にある市である。日本住宅公団(現:独立行政法人都市再生機構)による1970年代以降の多摩ニュータウン建設や京王相模原線および小田急多摩線の沿線開発に伴い、多摩川流域の既存住宅地と合わせた人口が急増した。古くからナシやブドウの産地である。サッカーJリーグ・東京ヴェルディのホームタウンでもある。稲城市 フレッシュアイペディアより)

  • トルコ料理

    トルコ料理から見たブドウブドウ

    トルコ料理に使われる代表的な野菜としてはナス、タマネギ、豆類、トマト、キュウリなどがあげられる。ブドウ、アンズ、サクランボ、メロン、イチジク、レモンなどの果物、ピスタチオ、松の実、アーモンド、クルミ、ヘーゼルナッツなどの種実類もよく使われる。トルコ料理 フレッシュアイペディアより)

1092件中 41 - 50件表示

「ブドウ」のニューストピックワード