802件中 51 - 60件表示
  • ブドウ属

    ブドウ属から見たブドウブドウ

    ブドウ属 フレッシュアイペディアより)

  • 篠岡村

    篠岡村から見たブドウブドウ

    農業が盛んな地域で、大山川や八田川沿いでは米が主に生産されていた。また丘陵地では、桃やブドウなどが生産されていた。篠岡村 フレッシュアイペディアより)

  • 韋提希

    韋提希から見たブドウブドウ

    ビンビサーラ王と韋提希夫人の間に阿闍世(あじゃせ、アジャータシャトル)王子が生まれるが、後に阿闍世王子のクーデターによって父王が幽閉されると、韋提希は深く王の身の上を気遣い、自分の体を洗い清めて、小麦粉に酥蜜を混ぜたものを塗り、胸飾りの1つ1つにブドウの汁を詰めて、密かに王の許に行き、それを食べさせたという。韋提希 フレッシュアイペディアより)

  • 住吉宮町遺跡

    住吉宮町遺跡から見たブドウ属ブドウ

    また、花粉化石によれば以下のような古植生が考えられる。すなわち、古墳時代前期以前では、(花粉化石はほとんど産出しなかったが)少なくとも樹木ではマツ属、草本ではイネ属、アカザ科―ヒユ科、セリ科、ヨモギ属の生育が確認できる。古墳時代中期〜後期の遺跡周辺ではスギ属、コナラ属アカガシ亜属を主とした森林が形成され、マツ属複維管束亜属、イチイ科―イヌガヤ科―ヒノキ科やコナラ属コナラ亜属、シイノキ属など広葉樹・針葉樹が混ざっていた。遺跡近辺のいくらか湿った所にイネ科、カヤツリグサ科、セリ科など、いくらか乾いた箇所にヨモギ属などが生育しており、また、大型植物化石ではヘラオモダカ、ミズアオイ属、タガラシなどのいわゆる水田雑草が産出しており水田稲作を示唆する。飛鳥時代から奈良時代の遺跡周辺には同じく、スギ属、イチイ科―イヌガヤ科―ヒノキ科、シイノキ属を主とした森林が形成され、モミ属、マツ属複維管束亜属、ヤナギ属、コナラ属コナラ亜属・アカガシ亜属なども混じり、ブドウ属、ツタ属、マタタビ属などの蔓植物が絡みついていた。遺跡近辺ではイネ科が比較的多く、やはりオモダカ属、ミズアオイ属などの水田雑草も見られる。そのほか、乾燥したところにイボクサ属、ツリフネソウ属など、幾分乾き気味のところにヨモギ属などが生育していた。住吉宮町遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 吉井町 (岡山県)

    吉井町 (岡山県)から見たブドウブドウ

    地元で収穫されたブドウを主原料にした「是里(これさと)ワイン」がつくられている。吉井町 (岡山県) フレッシュアイペディアより)

  • ゴセ

    ゴセから見たブドウブドウ

    ゴセ社はアイ村のブドウ栽培業者のジャン・ゴセ(Jean Gosset)が葡萄園をピエール・ゴセ(Pierre Gosset)の手に任せたときに設立された。ピエール・ゴセは自身の名を冠したシャンパンを輸出し始めた。ゴセはフランソワ1世とアンリ4世の宮廷内で好評であった。ゴセ フレッシュアイペディアより)

  • 世羅向井農園

    世羅向井農園から見たぶどうブドウ

    除草剤を一切使わないりんご作りをおこなっている。ぶどうも栽培されておりぶどう狩りやりんご狩りを体験できる。バーベキューをすることも可能。世羅向井農園 フレッシュアイペディアより)

  • コルシカワイン

    コルシカワインから見たブドウブドウ

    コルシカ島の独自ブドウ品種で醸造される。代表的品種としてシャッカレール(Sciaccarellu、南部ではシャッカレードゥ)、ニエルッチュ(Niellucciu)がある。収量が少ないため、大量生産を目指していた時期には、ソーヴィニョンなどのフランス本土の品種に植え替えられることもあったが、近年は独自種が見直されている。コルシカワイン フレッシュアイペディアより)

  • 興禅寺 (愛南町)

    興禅寺 (愛南町)から見たブドウブドウ

    興禅寺26世魯学大而和尚は、四国において初めて葡萄の栽培を始めている。また、昭和時代に入ると、当時の内閣総理大臣・吉田茂らと親交の深い27世天外黄中(てんがいこうちゅう)和尚や、ゼネラル石油創設者の中尾幸雄、日動創業者の倉田健一、国際電設社長の金井正男らと交流の深かった28世昌山道隆(しょうざんどうりゅう)大和尚によって隆盛することとなった。平成3年(1991年)には29世辺際一晴(へんざいいっせい)大和尚の代に伽藍が新築され、現在の本堂は銅製本瓦葺となっている。興禅寺 (愛南町) フレッシュアイペディアより)

  • チチュウカイミバエ

    チチュウカイミバエから見たブドウブドウ

    柑橘類、モモ、ビワ、リンゴ、ブドウ、パパイヤ、グアバ、コーヒー、ウリ類、ナスなどきわめて多くの生果実・果菜類(全200種?300種とも)に産卵、生まれた幼虫が果肉部分を食い荒らす。この虫が果実に寄生すると腐敗・落果し、ひどい場合には収穫皆無となるほどの被害をもたらす。チチュウカイミバエ フレッシュアイペディアより)

802件中 51 - 60件表示

「ブドウ」のニューストピックワード