1092件中 51 - 60件表示
  • 魚津市

    魚津市から見たぶどうブドウ

    ぶどう(西布施ぶどう)魚津市 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見たブドウブドウ

    榛名山の東麓にある村。ブドウの産地。陸上自衛隊の相馬原駐屯地がある。1957年(昭和32年)3月30日、北群馬郡桃井村(初代)と群馬郡相馬村広馬場が合併して桃井村が成立。1959年(昭和34年)8月1日、桃井村が榛東村に改称。人口は人。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • マニ教

    マニ教から見たブドウブドウ

    白装束に高帽子をかぶったマニ教聖職者が、掛け布をひいたテーブルに座り写経をしている場面。背景には花が咲き、マニ教徒が聖餐に用いた植物の1つブドウの実がなる。西アジア起源の宗教において、「3本の木」は生命の象徴の意味を持っており、欠落部には元々3本の木が描かれていたと推測される。中央の色紙形は後期ソグド文字。裏にも絵や経典が記されており、マニ教関係書籍の扉頁または最終ページだと見られる。]]マニ教 フレッシュアイペディアより)

  • 浮世絵

    浮世絵から見た葡萄ブドウ

    桑名の蛤、山梨の葡萄など全国各地の名産を紹介した絵。大日本物産図絵など。浮世絵 フレッシュアイペディアより)

  • モルドバ

    モルドバから見たブドウブドウ

    モルドバの主産業は農業であり、主に小麦やブドウ、タバコの生産に力を入れている。2013年同国の1〜9月期のGDPが前年同期比8%増という高率の成長を遂げているが、それは好調な農業生産によるものであったと言われている。モルドバ フレッシュアイペディアより)

  • 羽曳野市

    羽曳野市から見たブドウブドウ

    羽曳野市(はびきのし)は、大阪府南河内地域に位置する市。ぶどう栽培が盛ん。また古墳などの古代史跡の多い地としても知られる。本項では市制前の名称である南大阪町(みなみおおさかちょう)、市制当日の名称である南大阪市(みなみおおさかし)についても述べる。羽曳野市 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E257系電車

    JR東日本E257系電車から見たブドウブドウ

    File:E257logo04.jpg|thumb|4号車ロゴ甲州市のぶどうJR東日本E257系電車 フレッシュアイペディアより)

  • フランク王国

    フランク王国から見たブドウブドウ

    フランク王国ではパンとワインを中心にするローマ時代の食習慣が継承された。その原料となる小麦とブドウの生産は、ローマ時代のガリアでは、平野部に散在するウィラを中心に奴隷労働によって行われた(ラティフンディウム)。ここでは耕地を二分して地力回復のために一年毎に休耕を繰り返す二圃制とよばれる輪作が一般的に行われていた。他にブドウ畑と放牧地が畑とは別の場所にあった。一方、フランク人をはじめとするゲルマン人達も農耕の伝統を持っていたが、その技術は未発達であり、狩猟採集、そして牧畜が未熟な農業を補っていた。ゲルマン人の食生活において、牧畜はローマ社会におけるより遥かに重要であり、ブタ、ウシ、チーズ、バターなどの畜産品は、ゲルマン人の必要カロリーの3分の2近くをまかなっていたとする説もある。フランク王国時代、この二つの生産様式がまじりあい、次第に中世ヨーロッパの農業スタイルを形成していくことになる。フランク王国 フレッシュアイペディアより)

  • ぶどう

    ぶどうから見たブドウブドウ

    ぶどう フレッシュアイペディアより)

  • 葡萄

    葡萄から見たブドウブドウ

    葡萄 フレッシュアイペディアより)

1092件中 51 - 60件表示

「ブドウ」のニューストピックワード