1092件中 61 - 70件表示
  • 世羅向井農園

    世羅向井農園から見たぶどうブドウ

    除草剤を一切使わないりんご作りをおこなっている。ぶどうも栽培されておりぶどう狩りやりんご狩りを体験できる。バーベキューをすることも可能。世羅向井農園 フレッシュアイペディアより)

  • セカンドラベル

    セカンドラベルから見たブドウブドウ

    若い樹齢のブドウで作られたものや、出荷の際に選別されなかった樽で仕込まれたワインがこれに当たる。セカンドラベル フレッシュアイペディアより)

  • 阿武川ダム

    阿武川ダムから見たブドウブドウ

    また、ダムの近くには萩市立阿武川歴史民俗資料館があり、ダムを建設する際に水没した地区より移設した建物や生活用具などを展示している。ダム湖である「阿武湖」を山口県道67号萩川上線沿いに遡ると「たけいだに緑の村」があり、ブドウ・ナシ狩りやクリ拾い等が季節によって楽しめる。更に遡ると名勝・長門峡があり、龍宮淵や生雲渓等の奇勝が見る者を圧倒する。全長5.0kmの遊歩道が整備されており新緑や紅葉の時期は格別である。湖に注ぐ左支川・佐々並川も「長門谷」という渓谷があり、更に遡ると佐々並川ダム(アーチ式コンクリートダム。67.4m)がある。しかしダムまでの道は隘路であるため、通行には注意が必要である。阿武川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 世羅幸水農園

    世羅幸水農園から見たぶどうブドウ

    土地面積107.329haで日本最大の果樹農園。世羅町の名産品である梨やぶどう・いちご・桃・すももを栽培し全国へ出荷している。世羅幸水農園 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾 (果実)

    高尾 (果実)から見たブドウブドウ

    高尾(タカオ)は、巨峰の実生から選抜育成させた、無核(種無し)ブドウの品種である。高尾という品種名は、東京の名山である高尾山にちなんで命名された。高尾 (果実) フレッシュアイペディアより)

  • 連綿語

    連綿語から見たブドウブドウ

    葡萄(ブドウ):植物の名。借用語に由来。連綿語 フレッシュアイペディアより)

  • シラー

    シラーから見たブドウブドウ

    シラー (ブドウ) - 赤ワイン用ブドウ品種。シラー フレッシュアイペディアより)

  • コショウ属

    コショウ属から見たブドウブドウ

    コショウ属の植物は、やや木本的になるつる植物、一部は直立性の草本である。葉は互生、主脈の他に数行の葉脈が平行するようにはっきり見える。葉と対になって出る花茎の先端に穂状の花序が出る。花は小さく、穂の表面に張り付いている。果実は液果で、膨らむと穂はブドウの房のように見える。コショウ属 フレッシュアイペディアより)

  • オレゴン・ワイン生産の歴史

    オレゴン・ワイン生産の歴史から見たブドウブドウ

    オレゴン・ワイン生産の歴史は、オレゴン州が成立する前まで遡る。1840年代に早くもオレゴン準州の入植者達によってブドウ栽培が開始したが、ワイン生産がオレゴン州の重要な産業として発展を迎えるのは1960年代に入ってからである。1970年代末にはオレゴン・ワインが初めて国際的な注目を浴びた。2005年のオレゴン・ワイン売上は160万ケース、1億8470万米ドルに及んだ。オレゴン・ワイン生産の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 南西部地域 (西オーストラリア州)

    南西部地域 (西オーストラリア州)から見たブドウブドウ

    南西部地域の経済活動は多種多様である。ボーキサイト/アルミナの世界的な大産地であり、またワイン用のブドウをはじめとした農業や林業も盛んである。観光産業においては、パース市民の手近な行楽先として、州内で最も一般的である。南西部地域 (西オーストラリア州) フレッシュアイペディアより)

1092件中 61 - 70件表示

「ブドウ」のニューストピックワード