802件中 71 - 80件表示
  • 阿武川ダム

    阿武川ダムから見たブドウブドウ

    また、ダムの近くには萩市立阿武川歴史民俗資料館があり、ダムを建設する際に水没した地区より移設した建物や生活用具などを展示している。ダム湖である「阿武湖」を山口県道67号萩川上線沿いに遡ると「たけいだに緑の村」があり、ブドウ・ナシ狩りやクリ拾い等が季節によって楽しめる。更に遡ると名勝・長門峡があり、龍宮淵や生雲渓等の奇勝が見る者を圧倒する。全長5.0kmの遊歩道が整備されており新緑や紅葉の時期は格別である。湖に注ぐ左支川・佐々並川も「長門谷」という渓谷があり、更に遡ると佐々並川ダム(アーチ式コンクリートダム。67.4m)がある。しかしダムまでの道は隘路であるため、通行には注意が必要である。阿武川ダム フレッシュアイペディアより)

  • アンクルホールド

    アンクルホールドから見たブドウブドウ

    返し方としては、自分がとられている足と同じ方向(右足を攻められているなら、右方向に)に回転するのが有効。かける側も自分の足を絡めて回転されにくくすることがあるが、この場合自分の自由が効かなくなるためロープエスケープされやすくなってしまう(この状態をアメリカではブドウの蔦に擬えてグレイプバイン・アンクル・ロックと呼ぶ)。アンクルホールド フレッシュアイペディアより)

  • シアニジン

    シアニジンから見たブドウブドウ

    シアニジン(Cyanidin)は、有機化合物の一つ。ブドウ、ビルベリー、ブラックベリー、ブルーベリー、サクランボ、ニワトコ、サンザシ、ローガンベリー、アサイベリーおよびラズベリーなど多くの赤色液果類に含まれる。この他にもリンゴやスモモにも含まれる。赤橙色が特徴的であるが、pH > 3で赤、pH 7-8 で紫、pH > 11で青色に変化する。シアニジンの濃度が最も大きい部分は果実の皮である。近年では、Escherichia coli(大腸菌)によるシアニジン-3-O-グリコシドの生合成が証明された。シアニジン フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県道34号笠岡井原線

    岡山県道34号笠岡井原線から見たブドウブドウ

    終点付近では標高差が大きく、「山王坂」と呼ばれる急坂で井原市街に向かって一気に下り込む。ここでは井原市街を一望でき、市街地の北の丘陵地にぶどう畑が広がる青野地区(井原ぶどうの産地)の一部も望むことができる。岡山県道34号笠岡井原線 フレッシュアイペディアより)

  • コナンドラム

    コナンドラムから見た葡萄ブドウ

    赤ワインの場合、ボルドーのようにメインの葡萄にいくつかの葡萄を使用して味を整えたりすることはあるが、白ワインでは、通常そういうことはやらない。本ワインのように五種類の葡萄から作るのは珍しい。コナンドラム フレッシュアイペディアより)

  • 雑菌

    雑菌から見たブドウブドウ

    ワイン製造でも、アルコールの分解で酸っぱくなってしまう事は、古くから問題とされていた。一度仕込んだワインを加熱してしまうと、酵母まで殺してしまいかねない。煮沸するなどして腐る事を予防する事は出来ないため、醸造関係者は細心の注意を払っていたが、それでも雑菌混入により醸造に失敗する事があった。特に原料となる葡萄表面に、何らかの雑菌が付着していた場合には、所定の畑から作られたワインが全滅する事すらあったという。1850 - 1860年代にはフランスで、仕込んだワインが大量に腐る事件が発生、醸造関係者は失業の危機に見舞われた。この時ルイ・パスツールが低温殺菌法を発明し、事態が収拾した。雑菌 フレッシュアイペディアより)

  • 梨北農業協同組合

    梨北農業協同組合から見たブドウブドウ

    管轄エリアは北杜市、韮崎市の全域と甲斐市のうち旧双葉町地域である。ブドウやモモなどといった山梨県特産の果物は勿論のこと、北杜市一帯は県内屈指の水田地帯であるため米の取扱も多い。業務としては農業支援やJAバンク・JA共済など他の農業協同組合でも見られる事業のほかに独自の医療施設を保有している。梨北農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸勝彦

    神戸勝彦から見たブドウブドウ

    実家はブドウ・桃などを栽培している農家。神戸勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • パツリン

    パツリンから見たブドウブドウ

    不飽和5 員環ラクトンを含む2 環構造のカビ毒。極大吸収波長276 nmの紫外線吸収性があることから、その性質を利用検出が行われる。一般に腐敗したリンゴに見られるがブドウ、モモ等からも検出されることがある。リンゴ製品のパツリンの量は製品の品質の基準として用いられる。パツリン フレッシュアイペディアより)

  • 葡萄十字

    葡萄十字から見たブドウブドウ

    その十字架の横に水平な部分が、やや下へ垂れ下がっている点が特徴である。伝承に基づく記述では、カッパドキア人女性で4世紀初頭にイベリア(現在のグルジア)において、グルジアの亜使徒光照者聖ニノがこの独特な形状をしたグルジアの十字架を用い、キリスト教の伝道を行っていたとされている。伝説によると、この十字架は聖ニノがこのブドウの木で作られた十字架をイエスの母マリアから受けとった、或いは彼女自身がムツヘタへ向かう途中で鍛造し、それを彼女の髪と絡めて保管していたといわれている。ニノはグルジアへの伝導の際に、この十字架を持って来た。しかし、下へ垂れさがっているこの十字架の一風変わった表現は、近代の初期まで登場しなかった。葡萄十字 フレッシュアイペディアより)

802件中 71 - 80件表示

「ブドウ」のニューストピックワード