1092件中 71 - 80件表示
  • トロードス山脈

    トロードス山脈から見たブドウブドウ

    マルクス・アントニウスやクレオパトラの時代から、トロードス山脈ではブドウ栽培がさかんで、良質のワインの産地にもなってきた。現在ではアーモンドの栽培なども行われている。トロードス山脈 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドカントリー

    ゴールドカントリーから見たぶどうブドウ

    ゴールドカントリーの大部分の気候はイタリアやスペインの気候に似ており、ワイン用ぶどうとぶどう園が地域内主要産品であり産業になっている。100か所以上のワイン醸造所が地域内にある。冬は冷涼で雨が多く平均して年間30インチ (750 mm) の降水がある。雪もたまに降って、特に東部のシエラネバダ山脈の斜面で高度の高い地域では降雪が多い。冬季の気温は 20 (−7℃) 台後半から 50 (10℃) 台半ばである。夏は乾燥して暑く、気温は 100 (38℃) を超える所も多い。この地域の春と秋は大変短い。ゴールドカントリー フレッシュアイペディアより)

  • オカナガン

    オカナガンから見たぶどうブドウ

    カナダ唯一の砂漠がこの地域にあり、温暖で乾燥した気候や、眺望のある湖岸地域のライフスタイルで有名。近年では引退後の年金生活者が増加している。ボートやウォータースポーツ、スキー、ハイキングなどのアウトドア・リクレーション産業による経済が中心である。また農業は果樹栽培が盛んで、近年ではぶどう園やワイナリーが増えている。オカナガン フレッシュアイペディアより)

  • ビャラ (ヴァルナ州)

    ビャラ (ヴァルナ州)から見たブドウブドウ

    ビャラの経済のほとんどは観光、およびブドウ栽培などの農業に依存している。町には数々のホテルやキャンプ地、ビーチがある。町は更に、外国人観光客らを対象とした村観光の開発に力を入れている。ビャラ (ヴァルナ州) フレッシュアイペディアより)

  • 灰色かび病

    灰色かび病から見たブドウブドウ

    貴腐ワイン(高級ワインの一つ)の原料となるブドウは、果実にこの菌が寄生してしなびたような状態になったもので、エキス分が凝集されるため、香りも高く、はちみつのようなとろりとした甘みを持っている。灰色かび病 フレッシュアイペディアより)

  • アントラニル酸

    アントラニル酸から見たブドウブドウ

    メタノールとのエステルであるアントラニル酸メチルはブドウやジャスミンに含まれる香気成分である。1991年(平成3年)に改正された麻薬及び向精神薬取締法で、向精神薬原料に加えられた。アントラニル酸 フレッシュアイペディアより)

  • エリトロース

    エリトロースから見たブドウブドウ

    還元されて生じる糖アルコールであるエリトリトールは、メロン、ブドウ、ナシなどの果実に含まれる他、醤油、味噌、清酒などの発酵食品に含まれている。また清涼飲料水の甘味料にも用いられている。エリトロース フレッシュアイペディアより)

  • グレーヴェンマハ

    グレーヴェンマハから見たブドウブドウ

    周辺はブドウとワインの産地で、グレーヴェンマハは農産物取引の中心地である。グレーヴェンマハ フレッシュアイペディアより)

  • バロニア

    バロニアから見たブドウブドウ

    球形の細胞がブドウの房のように密集し、房全体では15cmを超える大きさになる。細胞間の結合は緩く、手で容易に房を分解することができる。本州中部から南部の沿岸、および瀬戸内海にかけての低潮線から漸深帯に分布。バロニア フレッシュアイペディアより)

  • パリ盆地

    パリ盆地から見た葡萄ブドウ

    File:Vignoble Morey Saint Denis.JPG|コート=ドール県の葡萄畑。斜面を利用して、葡萄の栽培をおこなっている。パリ盆地 フレッシュアイペディアより)

1092件中 71 - 80件表示

「ブドウ」のニューストピックワード