前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
205件中 1 - 10件表示
  • ブドウ

    ブドウから見た松尾芭蕉

    日本で古くから栽培されている甲州種は、中国から輸入された東アジア系ヨーロッパブドウが自生化したものが、鎌倉時代初期に甲斐国勝沼(現在の山梨県甲州市)で栽培が始められ、明治時代以前は専ら同地近辺のみの特産品として扱われてきた(ヤマブドウは古くから日本に自生していたが別種である)。文治2年(1186年)に甲斐国八代郡上岩崎村の雨宮勘解由によって発見され、栽培がはじまったとされる。甲州の栽培は徐々に拡大し、正和5年(1316年)には岩崎に15町歩、勝沼に5町歩の農園ができていた。江戸時代に入ると甲府盆地、特に勝沼町が中心となり、甲州名産の一つに数えられるようになった。松尾芭蕉が「勝沼や 馬子も葡萄を食ひながら」との句を詠んだのもこのころのことである。正徳6年(1715年)の栽培面積は約20haに上った。その後、関西や山形でも栽培がおこなわれるようになり、江戸時代末期には全国で約300haにまで栽培面積は拡大していた。日本にあった在来の品種は甲州だけではなく、甲府盆地で栽培された甲州三尺や、京都周辺で栽培されていた聚楽といった品種も存在していたが、聚楽はすでに消滅し、甲州三尺の栽培も少なくなってきている。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た中国

    日本で古くから栽培されている甲州種は、中国から輸入された東アジア系ヨーロッパブドウが自生化したものが、鎌倉時代初期に甲斐国勝沼(現在の山梨県甲州市)で栽培が始められ、明治時代以前は専ら同地近辺のみの特産品として扱われてきた(ヤマブドウは古くから日本に自生していたが別種である)。文治2年(1186年)に甲斐国八代郡上岩崎村の雨宮勘解由によって発見され、栽培がはじまったとされる。甲州の栽培は徐々に拡大し、正和5年(1316年)には岩崎に15町歩、勝沼に5町歩の農園ができていた。江戸時代に入ると甲府盆地、特に勝沼町が中心となり、甲州名産の一つに数えられるようになった。松尾芭蕉が「勝沼や 馬子も葡萄を食ひながら」との句を詠んだのもこのころのことである。正徳6年(1715年)の栽培面積は約20haに上った。その後、関西や山形でも栽培がおこなわれるようになり、江戸時代末期には全国で約300haにまで栽培面積は拡大していた。日本にあった在来の品種は甲州だけではなく、甲府盆地で栽培された甲州三尺や、京都周辺で栽培されていた聚楽といった品種も存在していたが、聚楽はすでに消滅し、甲州三尺の栽培も少なくなってきている。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見たワイン

    現在、ワイン用、干しぶどう用または生食用に栽培されているブドウは、ペルシアやカフカスが原産のヴィニフェラ種 (V. vinifera) と、北アメリカ原産のラブルスカ種 (V. labrusca)で ある。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た大井上康

    巨峰・種無し巨峰 1945年に大井上康によって開発された日本産の欧米雑種。大粒で味がよく、日本で最も栽培されている品種である。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た牧野富太郎

    岡山県・高梁川流域の限られた地域に自生する野生ブドウで、和名はシラガブドウ。自生地での個体数が減少していて、絶滅が危惧されている。アムレンシスと同種とする見解もあるが、アムレンシスが寒冷地に自生するのに対しシラガブドウは温暖な地域に自生することから、自生地の気候的要因が余りにも異なるため、アムレンシスとシラガブドウが同一種だとする考え方は否定されることが多い。和名および学名は植物分類学者牧野富太郎が、情報を提供してくれた白神寿吉に因んで命名した。開花時の花はシナモン(ニッキ)の香りがする。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た山形市

    南陽市、高畠町、上山市、山形市、天童市、寒河江市、東根市、朝日町などブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た四国

    樺太(ロシア)、南千島、日本列島(北海道、本州、四国)、鬱陵島(大韓民国)に自生する。和名はヤマブドウで、上記アムレンシスと同じく寒さに強い。北海道では平地で普通に見られるが、東北地方では低山地、関東以西では高山地に自生し、四国にも分布するが、現在のところ九州地方での自生は確認されていない。東北地方、信州、岡山などでは、ヤマブドウワインが造られている。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た

    葉は両側に切れ込みのある15 - 20cmほどの大きさで、穂状のをつける。野生種は雌雄異株であるが、栽培ブドウは一つの花におしべとめしべがあり、自家受粉する。このため自家結実性があり、他の木がなくとも一本で実をつける。果実は緑または濃紫で、内部は淡緑であり、房状に生る。食用部分は主に熟した果実である。食用となる部分は子房が肥大化した部分であり、いわゆる真果である。外果皮が果皮となり、中果皮と内果皮は果肉となる。果実のタイプとしては漿果に属する。大きさは2 - 8cm程度の物が一般的である。ブドウの果実は枝に近い部分から熟していくため、房の上の部分ほど甘みが強くなり、房の下端部分は熟すのが最も遅いため甘味も弱くなる。皮の紫色は主にアントシアニンによるものである。甘味成分としてはブドウ糖と果糖がほぼ等量含まれている。また、酸味成分として酒石酸とリンゴ酸が、これもほぼ等量含まれる。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た岡山市

    岡山市(岡山市、旧瀬戸町)、倉敷市(倉敷市、旧船穂町、旧真備町)、新見市、井原市、吉備中央町(旧賀陽町)、赤磐市(旧山陽町)、笠岡市、瀬戸内市(旧邑久町)、高梁市(旧備中町、旧成羽町)、総社市、久米南町などブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た福島市

    福島市、会津若松市(旧北会津村)、伊達市(旧保原町、旧梁川町)などブドウ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
205件中 1 - 10件表示

「ブドウ」のニューストピックワード