205件中 11 - 20件表示
  • ブドウ

    ブドウから見たジャム

    果実は、そのまま生食されるほか、乾燥させてレーズンに、また、ワインやブランデーなどのアルコール飲料、ジュース、ジャム、ゼリー、缶詰の原料となる。世界的にはワイン原料としての利用のほうが主である。ワインを原料とした酢(ワインビネガー)も製造される。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見たアルコール飲料

    果実は、そのまま生食されるほか、乾燥させてレーズンに、また、ワインやブランデーなどのアルコール飲料、ジュース、ジャム、ゼリー、缶詰の原料となる。世界的にはワイン原料としての利用のほうが主である。ワインを原料とした酢(ワインビネガー)も製造される。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た甲府市

    甲州市(旧勝沼町、旧塩山市)、山梨市(山梨市、旧牧丘町)、笛吹市(旧一宮町、旧御坂町、旧八代町、旧春日居町、旧石和町)、南アルプス市(旧白根町、旧櫛形町、旧若草町、旧八田村)、甲府市、韮崎市、甲斐市(旧甲西町)などブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た東北地方

    樺太(ロシア)、南千島、日本列島(北海道、本州、四国)、鬱陵島(大韓民国)に自生する。和名はヤマブドウで、上記アムレンシスと同じく寒さに強い。北海道では平地で普通に見られるが、東北地方では低山地、関東以西では高山地に自生し、四国にも分布するが、現在のところ九州地方での自生は確認されていない。東北地方、信州、岡山などでは、ヤマブドウワインが造られている。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見たナシ

    2010年の日本のブドウ生産量は18万4800tであり、果物ではウンシュウミカン、リンゴ、ナシ(ニホンナシ)、カキに次いで5位の生産量である。昭和時代の末期には30万tを記録していたが、以後は年々微減する傾向にある。栽培面積も同様に、昭和54年、55年の30300haを頂点として減少傾向にある。県別では山梨県が最大の産地で、2010年には45100tの生産があり、国内生産量の24%を占めた。以下、2位の長野県が23900t(13%)、3位の山形県が19700t(11%)、4位の岡山県が15100t(8%)、5位の福岡県が9150t(5%)となっている。日本は南西諸島を除くほぼ全域がブドウの適地であるため、北海道から九州までの広い範囲においてブドウが生産されている。世界ではワイン生産用が7割を占め非常に多いのに比べ、日本では生食用が9割近くを占め、ワインやブドウジュース、菓子などの加工用は1割弱に過ぎない。また、輸出は全くないが、年間10,000tあまりが輸入されている。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見たリンゴ

    2004年のブドウの総生産量は6657万tであり、バナナ(1億394万t)、かんきつ類(1億273万t)に次いで生産量が多い果物である。1980年代前半までは世界で最も生産量の多い果物であったが、生産量は20世紀中盤からほぼ横ばいで、20世紀に入り生産量の急増したバナナやかんきつ類に抜かれ、さらに同じく生産量の急増しつつある4位のリンゴ(6192万t、2004年)に追いつかれつつある。国際連合食糧農業機関によると、世界のブドウ園の総面積は75,866kmにのぼる。世界のブドウ生産量のうち71%がワイン生産用、27%が生食用に使用され、残りの2%はレーズン生産用である。世界最大のブドウ生産国は中国であり、ついでイタリア、アメリカ、スペイン、フランスと続く。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見たカキノキ

    2010年の日本のブドウ生産量は18万4800tであり、果物ではウンシュウミカン、リンゴ、ナシ(ニホンナシ)、カキに次いで5位の生産量である。昭和時代の末期には30万tを記録していたが、以後は年々微減する傾向にある。栽培面積も同様に、昭和54年、55年の30300haを頂点として減少傾向にある。県別では山梨県が最大の産地で、2010年には45100tの生産があり、国内生産量の24%を占めた。以下、2位の長野県が23900t(13%)、3位の山形県が19700t(11%)、4位の岡山県が15100t(8%)、5位の福岡県が9150t(5%)となっている。日本は南西諸島を除くほぼ全域がブドウの適地であるため、北海道から九州までの広い範囲においてブドウが生産されている。世界ではワイン生産用が7割を占め非常に多いのに比べ、日本では生食用が9割近くを占め、ワインやブドウジュース、菓子などの加工用は1割弱に過ぎない。また、輸出は全くないが、年間10,000tあまりが輸入されている。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た国際連合食糧農業機関

    2004年のブドウの総生産量は6657万tであり、バナナ(1億394万t)、かんきつ類(1億273万t)に次いで生産量が多い果物である。1980年代前半までは世界で最も生産量の多い果物であったが、生産量は20世紀中盤からほぼ横ばいで、20世紀に入り生産量の急増したバナナやかんきつ類に抜かれ、さらに同じく生産量の急増しつつある4位のリンゴ(6192万t、2004年)に追いつかれつつある。国際連合食糧農業機関によると、世界のブドウ園の総面積は75,866kmにのぼる。世界のブドウ生産量のうち71%がワイン生産用、27%が生食用に使用され、残りの2%はレーズン生産用である。世界最大のブドウ生産国は中国であり、ついでイタリア、アメリカ、スペイン、フランスと続く。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た鬱陵島

    樺太(ロシア)、南千島、日本列島(北海道、本州、四国)、鬱陵島(大韓民国)に自生する。和名はヤマブドウで、上記アムレンシスと同じく寒さに強い。北海道では平地で普通に見られるが、東北地方では低山地、関東以西では高山地に自生し、四国にも分布するが、現在のところ九州地方での自生は確認されていない。東北地方、信州、岡山などでは、ヤマブドウワインが造られている。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た

    果実は、そのまま生食されるほか、乾燥させてレーズンに、また、ワインやブランデーなどのアルコール飲料、ジュース、ジャム、ゼリー、缶詰の原料となる。世界的にはワイン原料としての利用のほうが主である。ワインを原料とした(ワインビネガー)も製造される。ブドウ フレッシュアイペディアより)

205件中 11 - 20件表示

「ブドウ」のニューストピックワード