205件中 81 - 90件表示
  • ブドウ

    ブドウから見た南部町 (青森県)

    鶴田町、南部町、三戸町、弘前市、板柳町などブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た西アジア

    葉も可食であり、西アジアを中心とする地域の料理ドルマの材料に用いられる。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た伊賀市

    伊賀市(旧上野市)、名張市(青蓮寺湖)ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た稲美町

    その後、明治時代に入ると欧米から新品種が次々と導入されるようになった。当初はワイン製造を目的としてヨーロッパブドウの導入が主に行われたが、乾燥を好むものの多いヨーロッパブドウのほとんどは日本での栽培に失敗した。例えば、1880年(明治13年)に兵庫県加古郡印南新村(現 稲美町)にて国営播州葡萄園が開園したが、わずか6年後に閉園に追い込まれた。一方アメリカブドウの多くは日本の気候に合い定着したものの、ワイン用としてはにおいがきつく好まれなかったため、生食用果実の栽培に主眼が置かれるようになっていった。とくに普及したのはデラウェアとキャンベル・アーリーであり、戦前はこの2品種が主要品種となっていた。昭和10年には8000ha近くまで栽培面積が拡大したものの、第二次世界大戦によって一時急減した。昭和21年には生産量が戦前の半分にまで減少したが、昭和30年には戦前の水準に回復した。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た山梨市

    甲州市(旧勝沼町、旧塩山市)、山梨市(山梨市、旧牧丘町)、笛吹市(旧一宮町、旧御坂町、旧八代町、旧春日居町、旧石和町)、南アルプス市(旧白根町、旧櫛形町、旧若草町、旧八田村)、甲府市、韮崎市、甲斐市(旧甲西町)などブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見たベルギー

    ブドウの栽培化の歴史は古く、紀元前3000年ごろには原産地であるコーカサス地方やカスピ海沿岸ですでにヨーロッパブドウの栽培が開始されていた。ワインの醸造は早くに始まり、メソポタミア文明や古代エジプトにおいてもワインは珍重されていた。メソポタミアでは気候や土壌的にブドウの栽培が困難なため、消費されていたワインの多くは輸入されたものであった。古代ギリシアではワインのためのブドウ栽培が大々的に行われ、ギリシア人が植民した地域でもブドウ園が各地に開設されるようになった。ギリシアを支配したローマ帝国の時代にはワインは帝国中に広まり、そのためのブドウ栽培も帝国各地で行われるようになった。ローマ人は特にガリアやラインラントにブドウを導入し、現在でもこの地域はブドウの主要生産地域となっている。ローマ帝国崩壊後の政治の混乱によってブドウ栽培は衰退していったが、各地の修道院などによって少量ながら生産が維持され続け、やがて政情が安定するとともに再び栽培が盛んとなっていった。11世紀から13世紀にかけては気候が温暖となり、イングランドのような北方の国家においてもブドウの栽培が盛んとなり、現ベルギーのルーヴァンなどでも輸出用のワインを作るためのブドウ栽培なども行われていた。しかし14世紀ごろから気候が寒冷化した上に輸送費が下落して、ブドウの栽培地域はしだいに南方へと限られるようになっていった。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見たフランス

    2004年のブドウの総生産量は6657万tであり、バナナ(1億394万t)、かんきつ類(1億273万t)に次いで生産量が多い果物である。1980年代前半までは世界で最も生産量の多い果物であったが、生産量は20世紀中盤からほぼ横ばいで、20世紀に入り生産量の急増したバナナやかんきつ類に抜かれ、さらに同じく生産量の急増しつつある4位のリンゴ(6192万t、2004年)に追いつかれつつある。国際連合食糧農業機関によると、世界のブドウ園の総面積は75,866kmにのぼる。世界のブドウ生産量のうち71%がワイン生産用、27%が生食用に使用され、残りの2%はレーズン生産用である。世界最大のブドウ生産国は中国であり、ついでイタリア、アメリカ、スペイン、フランスと続く。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見たピオーネ

    ピオーネ 1973年に井川秀雄によって開発された欧米雑種。大粒で味がよく、日本では3番目に栽培が多い品種である。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見た食紅

    デラウェアなどの小粒種が主であったが、最近では技術の向上により巨峰などの大粒種にも種無しが現れている。ジベレリン処理を行うと果軸が硬化するため、種有りに比べ脱粒しやすい品種が多い。また、収穫時期は種有りに比べて早まる。なお、ジベレリン水溶液は元々無色透明であるが、ジベレリン処理をした果実を色で判別するために水溶液に食紅などを混ぜ着色している。ジベレリン溶液は、果房の穂軸を伸ばし密着による果粒のつぶれの防止や、果実の成熟期を早めるために用いられていたが、単為結果の効果が偶然見つかり、実用化されるに至った。ブドウ フレッシュアイペディアより)

  • ブドウ

    ブドウから見たポマース・ブランデー

    ワインを製造する地域では、残った種子を搾油の原料としてグレープシードオイルが製造される。また、種子にはプロアントシアニジンという成分が含まれ、健康食品用などに抽出も行われている。また、ワイン醸造後にできる発酵後のブドウの残りかす(ポマース)からはポマース・ブランデーが蒸留される。ブドウ フレッシュアイペディアより)

205件中 81 - 90件表示

「ブドウ」のニューストピックワード