前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • ロジンバッグ

    ロジンバッグから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキー - ロジンバッグの粉がついた手を舐める、というパフォーマンスを行っていた。ロジンバッグ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    西:涌井 (8回) - シコースキー (0回1/3) - 小野寺 (0回2/3) - H岡本篤 (1回) - ●土肥 (0回0/3) - 長田 (1回)2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ニコースキー

    クリストファー・ニコースキーから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    入団当初、その名前から週刊ベースボールのボールパーク共和国で、ブライアン・シコースキーと掛けたネタにされることが多かった。ちなみに2008年4月4日の対千葉ロッテマリーンズ戦では、勝利投手:シコースキー、敗戦投手:ニコースキーとなった。クリストファー・ニコースキー フレッシュアイペディアより)

  • 中村隼人

    中村隼人から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    は6月2日に河本育之投手とのトレードが発表され、読売ジャイアンツへ移籍。移籍を機に、登録名をプロ入り時と同じ本名の「中村隼人」に戻している。中継ぎとして前田幸長、岡島秀樹、ブライアン・シコースキーとともにチームを支え、途中加入ながらチーム4位の38試合に登板し、2勝1セーブ、防御率3.79をマークした。中村隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    パ:杉内(ソフトバンク)、涌井(西武)、永井(楽天)、平野佳(オリックス)、川岸(楽天)、シコースキー(西武)- 里崎(ロッテ)、嶋(楽天)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    パ:涌井(西武)、杉内(ソフトバンク)○、金子(オリックス)、シコースキー(ロッテ)- 田上(ソフトバンク)、里崎(ロッテ)2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ダン・ミセリ

    ダン・ミセリから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    解雇当日にミセリは東京ドームに姿を見せ、荷物をまとめたあと井原敦国際部長(現在は読売新聞東京本社編集局運動部長)と別れの握手を交わした。報道陣のインタビューに対しては「喉が痛いから話すことはない。もう行かなくてはならない」と応じ、足早に球場を後にした。その直後にミセリは妻子と共に浅草観光に打って出る。浅草寺を参拝したり人力車に乗るなど浅草を満喫。「仲見世リ(なかみせり)」の見出しで報道された。観光中、ファンにサインをねだられた際、「これが最後だ」と言って殴り書きしたサインは「M」の1文字であった。インタビューに対しては「俺はミセリじゃない。質問は受け付けない」と返り討ちにした。ただ雷門をバックにした家族との3ショット写真を要求されると笑顔で応じた。浅草観光後も一週間ほど日本に滞在したという。この一件には反発も多く、当時のチームメイトのブライアン・シコースキーやタフィ・ローズも苦言を呈したほどであった。(特にシコースキーは「他人の悪口を言っているのを聞いたことがない」と言われているほど良い人柄であったため、ミセリの態度は相当悪かったと言える。)ダン・ミセリ フレッシュアイペディアより)

  • 十川孝富

    十川孝富から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    初本塁打・初打点:2005年7月28日、対阪神タイガース12回戦(東京ドーム)、3回裏にブライアン・シコースキーの代打として出場、安藤優也から左越ソロ十川孝富 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・クベンカ

    ジェフ・クベンカから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    2001年シーズン開幕直後、左腕投手が不足していた山本功児監督率いる千葉ロッテマリーンズに入団した。4月29日の対西武ライオンズ戦で初登板初先発を果たすも、わずか2/3回・自責点3でKOされた。その後、中継ぎで2度登板するが5月4日に二軍落ち。以降はネイサン・ミンチーとブライアン・シコースキーの陰に隠れ、一軍に上がることなく9月24日に解雇された。ジェフ・クベンカ フレッシュアイペディアより)

  • マイク・アダムス (投手)

    マイク・アダムス (投手)から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    再降格後、アダムスはブルワーズからトレードで放出されたのを皮切りに、1年間で3回の移籍を経験する。まず5月26日、ジェレミー・ゴンザレスとのトレードでブルワーズからニューヨーク・メッツへ。続いて7月4日にメッツを戦力外(DFA)となってウェーバーにかけられ、同月7日にクリーブランド・インディアンスへ譲渡される。さらに同月18日にはブライアン・シコースキーとのトレードでサンディエゴ・パドレスへ移籍することに。ただ、いずれの球団でもメジャーへ昇格することはなかった。AAA級4球団での成績は、48試合59.1イニングで1勝3敗2セーブ・防御率3.94だった。この年の9月から翌にかけて両膝を計3回手術し、これにより2007年のシーズンはメジャーでもマイナーでも登板なしとなる。マイク・アダムス (投手) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「ブライアン・シコースキー」のニューストピックワード