49件中 11 - 20件表示
  • 上本達之

    上本達之から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    、5月23日に初めて捕手として一軍でスタメン出場。7月5日の対楽天戦で青山浩二からプロ初本塁打を放った。7月8日、対日本ハム戦の7回裏に代打で出場し、ダルビッシュ有から2試合連続となる逆転2点本塁打を放った(これはダルビッシュが代打に許した初の本塁打である)。7月27日、モデルの秋山まいと入籍。正捕手細川の離脱と銀仁朗の打撃難で捕手としての出場が37試合と一気に増え、無失策・1捕逸と無難にこなした。その他、先発投手が右投手の際に一塁手や指名打者としてスタメン出場し、また勝負所での左の代打などでも起用され、野田浩輔に代わる第3捕手の座を獲得した。同年は打率.257・4本塁打・15打点を記録、更に両リーグ最多となる代打本塁打3本を放つなどブレイクのシーズンとなった。なお、全安打・本塁打・打点が右投手から挙げたものだった。8月22日の対ロッテ戦ではブライアン・シコースキーからプロ入り初のサヨナラ打(適時内野安打)を記録した。上本達之 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    ボビー・バレンタイン監督が就任したに中継ぎへ転向。ブライアン・シコースキーの退団で右のリリーフが手薄になっていたこともあり、この年リーグ最多の66試合に登板。中継ぎ転向後、先発時代は140km/hそこそこだった球速が150km/h近くを表示するようになった。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • シコルスキー

    シコルスキーから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキー - アメリカのプロ野球選手。シコルスキー フレッシュアイペディアより)

  • D.T.クローマー

    D.T.クローマーから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    初本塁打:2002年4月10日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(千葉マリンスタジアム)、6回表にブライアン・シコースキーから右越ソロD.T.クローマー フレッシュアイペディアより)

  • モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん

    モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくんから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    しこーすきー(ブライアン・シコースキーモリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん フレッシュアイペディアより)

  • 登録名

    登録名から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    大毎オリオンズに入団したフランク・マンコビッチは放送コード上の配慮から登録名を「フランク・マニー」とした。ロッテに入団したブライアン・シコースキーも発音としては「シコルスキー」がより近く入団当初はこの呼び方であった。登録名 フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・ルイーズ

    ランディ・ルイーズから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    5月28日に楽天へ入団。6月1日に一軍登録され、その日の阪神戦でスタメン出場。6月5日の横浜戦で9回表に代打で出場すると、山口俊からレフト場外に逆転決勝2ランを放ってヒーローインタビューを受ける。翌日の巨人戦でも代打本塁打を放ち、長打力をみせつけた。しかし、外角低めの変化球への弱さや引っ張り一辺倒の打撃を見抜かれると、打率が1割台に落ち込むなど日本の投手への適応に苦労した。その後、徐々に日本の野球への適応性を伸ばし始めたが、三振の多さは解消されず、シーズン途中加入ながらリーグワースト5位となる114三振を喫し、守備でも11失策という有様だった。但し、西武の涌井秀章からは11打数7安打で打率.636、3本塁打と得意にした。特に9月4日の対戦では、5点ビハインドの9回裏無死1塁で、完投勝利目前の涌井から二塁打を放ってチャンスを拡大し、打線の反撃を呼んだ。その後、打線が奮起して同点に追いつくと、なおも2死満塁の場面で再び打席が回り、ブライアン・シコースキーから来日初のサヨナラ安打を放った。シーズン終了後の12月1日、球団から翌シーズンも引き続き契約を行うことが発表された。また、同6日には背番号を「42」から「3」に変更することも発表された。ランディ・ルイーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎浩司

    山崎浩司から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    は後藤光尊の故障による長期離脱、阿部真宏・一輝の不振により、二塁手としてスタメン出場するようになる。5月22日の対阪神タイガース戦で自身初の1試合3打点をあげ、試合後に4年ぶりにお立ち台に上がった。6月30日の対ソフトバンク戦で高校で1年先輩の田上秀則に対し隠し球を成功させ、セ・パ両リーグでの隠し球成功という珍しい記録を作り、オリックスからも記念Tシャツが発売されることとなった。交流戦終盤から打撃の調子がやや落ちたことに加え、7月から一輝が復調したのもあって、一時は控えに回った。しかし、8月後半からは再び打撃好調となり定位置を再獲得し、9月1日に大引啓次が故障離脱してからは遊撃手として出場した。9月5日の対ロッテ戦では9回裏にブライアン・シコースキーから同点ソロ、9月20日の対日本ハム戦では8回裏に宮西尚生から決勝3ランなど3本塁打を放ち、自己最高の打率.297を記録した。自己最多の97試合に出場し、守備でも内野4ポジションを全て守った。山崎浩司 フレッシュアイペディアより)

  • マット・ランデル

    マット・ランデルから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    はオープン戦で結果を残し、開幕一軍を勝ち取る。前半戦は崩壊状態のリリーフ陣をブライアン・シコースキーと二人で支え、また先発ローテーションの谷間では先発も務めた。しかし、もともと右肘に不安があったのと酷使されてきたツケが来て、中継ぎ登板から中2日で先発した6月20日の対阪神戦後、右肘を故障。シーズンの残りを棒に振り、そのまま退団となった。マット・ランデル フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    ヤクルトがクリーブランド・インディアンズ3Aのブライアン・シコースキー投手と契約に合意したと発表した。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「ブライアン・シコースキー」のニューストピックワード