47件中 21 - 30件表示
  • 山崎浩司

    山崎浩司から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    、後藤光尊の故障による長期離脱、阿部真宏・一輝の不振により、二塁手としてスタメン出場するようになる。5月22日の対阪神戦で自身初の1試合3打点をあげ、試合後に4年ぶりにお立ち台に上がった。6月30日の対ソフトバンク戦で高校で1年先輩の田上秀則に対し隠し球を成功させ、セ・パ両リーグでの隠し球成功という珍しい記録を作り、オリックスからも記念Tシャツが発売されることとなった。交流戦終盤から打撃の調子がやや落ちたことに加え、7月から一輝が復調したのもあって、一時は控えに回った。しかし、8月後半からは再び打撃好調となり定位置を再獲得し、9月1日に大引啓次が故障離脱してからは遊撃手として出場した。9月5日の対ロッテ戦では9回裏にブライアン・シコースキーから同点ソロ、9月20日の対日本ハム戦では8回裏に宮西尚生から決勝3ランなど3本塁打を放ち、自己最高の打率.297を記録した。自己最多の97試合に出場し、守備でも内野4ポジションを全て守った。山崎浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    初打席:同上、6回表にブライアン・シコースキーの前に空振り三振堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

  • 荻野忠寛

    荻野忠寛から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    も開幕から抑えに指名され5月中旬まで自責0を続けていたが、5月14日のソフトバンク戦で長谷川勇也、田上秀則の連続HRでサヨナラ負けを喫すると一気に調子を落とし、防御率5点台で6月には抑えをシコースキーに譲って中継ぎに回った。その後は防御率を3点台に戻し、被本塁打数が多かったものの、復調して主に勝ち試合の8回を任され(セットアッパー)、3年連続50試合登板、10ホールド9セーブを記録した。荻野忠寛 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    パ:涌井(西武)、杉内(ソフトバンク)○、金子(オリックス)、シコースキー(ロッテ)- 田上(ソフトバンク)、里崎(ロッテ)2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    パ:杉内(ソフトバンク)、涌井(西武)、永井(楽天)、平野佳(オリックス)、川岸(楽天)、シコースキー(西武)- 里崎(ロッテ)、嶋(楽天)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • D.T.クローマー

    D.T.クローマーから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    初本塁打:2002年4月10日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(千葉マリンスタジアム)、6回表にブライアン・シコースキーから右越ソロD.T.クローマー フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木康二朗

    鈴木康二朗から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    に井本隆との交換トレードで柳原隆弘とともに近鉄バファローズに移籍し、主にリリーフとして登板する。石本貴昭とのダブルストッパーとして活躍し、、には最多セーブ(最優秀救援投手ではない)を記録した(35歳で開幕迎えたシーズンのセーブ王獲得は2010年ブライアン・シコースキーと並びパリーグ最年長記録タイ、日本プロ野球史上でも右投手として最年長記録タイ)。1984年のオールスターゲームに出場した際には、20世紀最後のオールスターゲーム3連投を経験している。鈴木康二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    6月14日の対横浜戦で松家卓弘から本塁打を放ち、史上5人目となる両リーグ150号本塁打を達成。7月8日の対ロッテ戦では史上102人目の通算1500安打を達成したものの、チャンスで打てないことが多かった。しかし、オールスター明けからは大事な場面で打つことが増え、特に8月16日の対ロッテ戦で8回までチームは0得点、6点ビハインドの状況で唐川侑己から史上23人目の通算350号3ラン本塁打を放つと、9回裏二死の2点ビハインドの場面ではブライアン・シコースキーから同点2ラン本塁打を放った。この試合は結局、延長12回裏に小坂誠がサヨナラ打を放ったことで6点差をひっくり返した劇的な勝利を収め、この試合以降、チームは29勝16敗という飛躍的な成績を挙げた。最終的に打率は.246と低かったものの、39本塁打、107打点と両部門リーグ2位という成績で打線を牽引し、チーム史上初の2位とクライマックスシリーズ出場に貢献した。40代での本塁打30本到達は王、門田、ローズに次いで4人目。打点は前述の王、衣笠の記録を更新する実働21年目での100打点到達となった。また、41歳を迎える年での100打点到達は門田、ローズ、金本知憲の40歳を超える史上初の記録。また、本塁打は楽天移籍後の150本塁打到達となり、中日時代に記録した本塁打と合わせて史上7人目となる2球団での150本塁打も記録。クライマックスシリーズでは40代以上では初となるポストシーズン2本の本塁打、7打点を挙げたが、チームは第2ステージで日本ハムに敗れた。同年、ベストナインの指名打者部門に2年振りに選ばれた。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 中村隼人 (野球)

    中村隼人 (野球)から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    巨人に移籍してからは中継ぎとして前田幸長、岡島秀樹、ブライアン・シコースキーとともにチームを支え、途中加入ながらチーム4位の38試合に登板し、2勝1セーブ、防御率3.79をマークした。中村隼人 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    12月23日 - 巨人は前ロッテのブライアン・シコースキーとの契約を発表2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示