49件中 21 - 30件表示
  • 2003年の野球

    2003年の野球から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    12月22日 - 前ロッテのブライアン・シコースキーが巨人へ入団。2003年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の野球

    2001年の野球から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    6月26日 - 千葉ロッテマリーンズがテキサス・レンジャーズからブライアン・シコースキーを獲得。2001年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の野球

    2005年の野球から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    11月7日 - 巨人がブライアン・シコースキー、スコット・マレン、J・B・ミアディッチ、タフィ・ローズの4外国人選手の退団を発表。2005年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    西武が前ロッテ・ブライアン・シコースキー投手を獲得。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木康二朗

    鈴木康二朗から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    に井本隆との交換トレードで柳原隆弘とともに近鉄バファローズに移籍し、主にリリーフとして登板する。石本貴昭とのダブルストッパーとして活躍し、、には最多セーブ(最優秀救援投手ではない)を記録した(35歳で開幕迎えたシーズンのセーブ王獲得は2010年ブライアン・シコースキーと並びパリーグ最年長記録タイ、日本プロ野球史上でも右投手として最年長記録タイ)。1984年のオールスターゲームに出場した際には、20世紀最後のオールスターゲーム3連投を経験している。鈴木康二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木雅博

    荒木雅博から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    1000本安打:2008年6月21日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(ナゴヤドーム)、6回裏にブライアン・シコースキーから右中間三塁打 ※史上250人目荒木雅博 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ウィリアムス

    ジェフ・ウィリアムスから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    はセットアッパー専任となり、藤川球児、久保田智之とともに、JFKと呼ばれる阪神の最強リリーフ陣を形成、再び優勝に貢献。75試合に登板し、2004年にブライアン・シコースキーが記録した外国人選手年間最多登板数の62試合を更新。80試合に登板した藤川とともに史上初となるチーム70試合登板コンビとなる。同年11月に持病の左膝半月板の手術を受けた。WBCオーストラリア代表に内定していたものの、手術後であるために辞退。ジェフ・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

  • 星野智樹

    星野智樹から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    はシーズン開幕から好投を続け、一時は藤田太陽・ブライアン・シコースキーと共に「勝利の方程式」として活躍していたが、段々と精彩を欠く場面が多くなり、敗戦処理としての起用が多くなり、中盤には二軍降格となった。星野智樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大石達也 (野球)

    大石達也 (野球)から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    1年目のに監督の渡辺久信の意向で抑えから先発に転向するがオープン戦では球速が最速でも140km/h台前半に留まり、自身も「このままじゃ通用しない」、「スピードが全然出ない」と語るなど開幕二軍スタートも囁かれたが、ブライアン・シコースキーが東日本大震災のために一時帰国したため、リリーフとして開幕一軍に登録された。しかし4月15日の練習中に右肩の痛みを訴え、登板機会のないまま登録抹消となった。大石達也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    初打席:同上、6回表にブライアン・シコースキーから三振堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示

「ブライアン・シコースキー」のニューストピックワード