47件中 31 - 40件表示
  • 上本達之

    上本達之から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    ''5月23日に初めて捕手として一軍でスタメン出場。7月5日の対楽天戦で青山浩二からプロ初本塁打を放った。7月8日、対日本ハム戦の7回裏に代打で出場し、ダルビッシュ有から2試合連続となる逆転2点本塁打を放った。7月27日、モデルの秋山まいと入籍。捕手としての出場が37試合と一気に増え、無失策・1捕逸であった。その他、先発投手が右投手の際に一塁手や指名打者としてスタメン出場し、また左の代打などでも起用され、第3捕手の座を獲得した。同年は打率.257・4本塁打・15打点を記録、更に両リーグ最多となる代打本塁打3本を放つなどブレイクのシーズンとなった。8月22日の対ロッテ戦ではブライアン・シコースキーからプロ入り初のサヨナラ打(適時内野安打)を記録した。上本達之 フレッシュアイペディアより)

  • 大石達也 (野球)

    大石達也 (野球)から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    に監督の渡辺久信の意向で抑えから先発に転向するがオープン戦では球速が最速でも140km/h台前半に留まり、自身も「このままじゃ通用しない」、「スピードが全然出ない」と語るなど開幕二軍スタートも囁かれた。その後、東日本大震災のためにブライアン・シコースキーが一時帰国した影響でリリーフとして開幕一軍に登録されたが、4月15日の練習中に右肩の痛みを訴え、登板機会のないまま登録抹消となった。大石達也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 大田泰示

    大田泰示から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    初打席:同上、9回裏にブライアン・シコースキーの前に空振り三振大田泰示 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木雅博

    荒木雅博から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    1000本安打:2008年6月21日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(ナゴヤドーム)、6回裏にブライアン・シコースキーから右中間三塁打 ※史上250人目荒木雅博 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    前述2008年の復帰戦代打でのブライアン・シコースキーとの対戦で、150 km/hの速球を警戒しつつ初球のチェンジアップに対応した一打には、「ああやって対応できる」と監督の岡田彰布から評価された。一方、前述の立浪からは「力があっても無駄な動きをしているところがある。もっと打てる選手。外からバットが出やすいようだ」と評された。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県営大宮公園野球場

    埼玉県営大宮公園野球場から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    2009年までのスコアボードの仕様では、選手名表示部は文字数が3文字に限られており、先述の西武対ロッテの試合では、西武は「ブラゼ(ル)」「ボカチ(カ)」「G・G(佐藤)」「グラマ(ン)」、ロッテは「サブロ(ー)」「ズレー(タ)」「オーテ(ィズ)」「シコー(スキー)」と表示。2008年クライマックスシリーズ、2009年8月4日の日本ハム戦では「スレ(ッ)ジ」と表示。2009年の交流戦においても、中日は「ブラン(コ)」「デラロ(サ)」など中途半端な状態で表示された。また審判員も外野の線審を表示する欄がなく、先述のクライマックスシリーズでは、線審の名前が表示されなかった(スコアボード改修後も線審名の表示はしていない)。埼玉県営大宮公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年

    1974年から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    7月27日 - ブライアン・シコースキー、プロ野球選手1974年 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    ボビー・バレンタイン監督が就任したに中継ぎへ転向。ブライアン・シコースキーの退団で右のリリーフが手薄になっていたこともあり、この年リーグ最多の66試合に登板。中継ぎ転向後、先発時代は140km/hそこそこだった球速が150km/h近くを計測するようになった。また防御率も9年目で初の2点台となる2.79の数字を残した。同年のチームは終盤プレーオフ争いを演じた。惜しくも4位に終わり、プレーオフ進出はならなかったものの翌年2005年以降の人気急上昇の礎を築く年にもなった。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    には8年ぶりに開幕4番で出場すると、同年4月2日から11試合連続安打を記録した。その後は首痛・肩痛によって一気に数字を落とし、さらに1ヶ月の離脱を余儀なくされた。離脱中のチームは6連敗など首位と最長の5.5ゲーム差に広がるなど窮地に陥ったが、前倒しで同年7月10日に復帰した際には3試合目で早くも4番に戻ると、一気に9連勝と波に乗った。チーム内ではホセ・オーティズに次ぐ勝利打点9、殊勲打もリーグ2位の25、併殺打も僅か4だった。同年9月18日の対埼玉西武ライオンズ戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)では自ら犠牲バントを決めるなど優勝への執念を見せ、最後はブライアン・シコースキーから通算399号となるサヨナラ本塁打を放った。その後もチームは5連勝で7年ぶりの優勝を決めた。勝負所の8・9月の全試合は4番で出場し、打率.303、併殺打は0だった。チーム長年の課題である2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズでは、最終ステージで打率1割台・0本塁打・3打点と大不振で、第6戦の最終回の最後の打者となり、チームも敗退した。シーズン終了後には2度目のゴールデングラブ賞を一塁手として受賞し、初受賞より15年ぶりの史上最長ブランクとなった。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ニコースキー

    クリストファー・ニコースキーから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    入団当初、その名前から週刊ベースボールのボールパーク共和国で、ブライアン・シコースキーと掛けたネタにされることが多かった。ちなみに2008年4月4日の対千葉ロッテマリーンズ戦では、勝利投手:シコースキー、敗戦投手:ニコースキーとなった。クリストファー・ニコースキー フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示