49件中 31 - 40件表示
  • 荻野忠寛

    荻野忠寛から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    も開幕から抑えに指名され5月中旬まで自責0を続けていたが、5月14日のソフトバンク戦で長谷川勇也、田上秀則の連続HRでサヨナラ負けを喫すると一気に調子を落とし、防御率5点台で6月には抑えをシコースキーに譲って中継ぎに回った。その後は復調して主に勝ち試合の8回を任され(セットアッパー)、3年連続50試合登板、10ホールド9セーブを記録した。荻野忠寛 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田太陽

    藤田太陽から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    は、ブライアン・シコースキーにつなぐセットアッパーを務め、4月30日の対日本ハム戦でサヨナラ打を喫するまで無失点、防御率0.00の活躍をしたものの、故障と不調で2度の登録抹消。復帰した後も精彩を欠く登板が続き、被本塁打が増えるなど、安定感に欠ける面も見られた。しかし、最終的には自己最多となる48試合に登板し19ホールドを記録した。藤田太陽 フレッシュアイペディアより)

  • 長田秀一郎

    長田秀一郎から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    、シーズン当初は敗戦処理としての登板が主だったが、好投を続け、俗に言う「勝ちパターン」に組み込まれる。メインの担当は7回だったが、藤田太陽が故障で戦線離脱して以降は、8回を任されていた。その後は場面に限らず登板、1度不調で登録抹消されるものの最短期間で復帰し、自己最多となる56試合に登板、藤田・ブライアン・シコースキーと共にチームのリリーフ陣を立て直した。長田秀一郎 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2011

    プロ野球スピリッツ2011から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキー(埼玉西武ライオンズ)プロ野球スピリッツ2011 フレッシュアイペディアより)

  • 高口隆行

    高口隆行から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    初安打:2008年3月23日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(札幌ドーム)、9回裏1死にブライアン・シコースキーから左前安打高口隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年

    1974年から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    7月27日 - ブライアン・シコースキー、プロ野球選手1974年 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン

    ブライアンから見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキー - アメリカ合衆国の野球選手(投手)。ブライアン フレッシュアイペディアより)

  • 7月27日

    7月27日から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    1974年 - ブライアン・シコースキー、プロ野球選手7月27日 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人枠 (日本プロ野球)

    外国人枠 (日本プロ野球)から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    例:郭泰源、タフィ・ローズ、アレックス・ラミレス、アレックス・カブレラ、ブライアン・シコースキー、許銘傑、ホセ・フェルナンデス外国人枠 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見たブライアン・シコースキーブライアン・シコースキー

    前述2008年の復帰戦代打でのブライアン・シコースキーとの対戦で、150 km/hの直球を警戒しつつ初球のチェンジアップに対応した一打には、「あないして対応できるんやからな」と岡田彰布監督(当時)から評価されている。一方、前述の立浪からは「力があっても無駄な動きをしているところがある。もっと打てる選手。外からバットが出やすいようだ」と評されている。林威助 フレッシュアイペディアより)

49件中 31 - 40件表示

「ブライアン・シコースキー」のニューストピックワード