71件中 11 - 20件表示
  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た藤田宗一 (投手)

    は5シーズンぶりに千葉ロッテマリーンズに復帰。4月4日に復帰後初勝利を挙げると、前年退団した薮田安彦、藤田宗一、小林雅英(YFK)に代わるリリーフの柱として若手投手陣を引っ張り、リリーフながら5勝を挙げるなど活躍。シーズン後半にはシコースキー、川崎雄介、荻野忠寛を中心とした勝利の方程式が確立された。オールスターゲーム後の防御率は0.00だった。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た原辰徳

    に巨人と契約して、同年7月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を初めて獲得。右のセットアッパーとして活躍し、在籍した2年間は共にチーム最多登板を果たした。防御率も2点台に向上して信頼度も上げ、堀内恒夫時代の手薄な巨人のブルペンを岡島秀樹らと共に支えた。また、2005年9月3日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)では7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェーバー申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た埼玉西武ライオンズ

    ブライアン・パトリック・シコースキー(Brian Patrick Sikorski , 1974年7月27日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(投手)。アメリカ合衆国ミシガン州出身。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た広島東洋カープ

    に巨人と契約して、同年7月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を初めて獲得。右のセットアッパーとして活躍し、在籍した2年間は共にチーム最多登板を果たした。防御率も2点台に向上して信頼度も上げ、堀内恒夫時代の手薄な巨人のブルペンを岡島秀樹らと共に支えた。また、2005年9月3日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)では7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェーバー申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た広島市民球場 (初代)

    に巨人と契約して、同年7月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を初めて獲得。右のセットアッパーとして活躍し、在籍した2年間は共にチーム最多登板を果たした。防御率も2点台に向上して信頼度も上げ、堀内恒夫時代の手薄な巨人のブルペンを岡島秀樹らと共に支えた。また、2005年9月3日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)では7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェーバー申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た堀内恒夫

    に巨人と契約して、同年7月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を初めて獲得。右のセットアッパーとして活躍し、在籍した2年間は共にチーム最多登板を果たした。防御率も2点台に向上して信頼度も上げ、堀内恒夫時代の手薄な巨人のブルペンを岡島秀樹らと共に支えた。また、2005年9月3日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)では7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェーバー申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たトニー・ミッチェル

    初奪三振:同上、2回表にトニー・ミッチェルからブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た郭泰源

    6月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を自身2度目の獲得、更に監督推薦で自身2度目のオールスターゲーム出場を果たした。8月1日、日本での一軍登録期間が8年に達したため、外国人投手としては郭泰源以来2人目となるFA権を取得(これにより、2011年以降は「日本人枠」でのプレーとなる)。9月以降はセーブ失敗もあり最終的に5敗したが、33セーブを挙げて初タイトルの最多セーブ投手に輝いた(35歳で開幕を迎えたシーズンのセーブ王獲得は1985年鈴木康二朗と並びパリーグ最年長記録タイ、日本プロ野球史上でも右投手として最年長記録タイ)。西武の外国人で30Sを挙げたのは2008年のグラマン以来2人目で最多セーブ投手獲得は初の快挙となった。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た藤田太陽

    シーズン当初はアレックス・グラマンへ繋ぐための中継ぎとして起用する予定だったが、グラマンに復帰の目処が立たなかったのに加えて小野寺力と大沼幸二も開幕二軍スタートになったため、急遽藤田太陽・長田秀一郎と共に試合終盤を任されることになった。しかし、この窮余の策がはまり、6月8日には両リーグ最速の20S、8月19日にはパ・リーグ最速の30Sにそれぞれ到達。開幕戦で移籍後初セーブを挙げてから、9月4日の対楽天戦でサヨナラ打を打たれるまでセーブ機会では負けなしの活躍を見せた。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た川井貴志

    シーズン途中の6月29日に千葉ロッテマリーンズに入団。1年目の成績は振るわなかったが、150km/hを超える速球やナチュラルシュートを高く評価されて翌年の残留契約を勝ち取る。、のシーズンは右の中継ぎ・セットアッパーとして2年連続で50試合・80イニング近く投げぬき、防御率も3点台前半と健闘。同時期に台頭した小林雅英、川井貴志、小林宏之らと共に鉄腕リリーフ陣の一角としてチームに貢献した。しかし、2003年オフにボビー・バレンタインが監督に就任し外国人選手の刷新を図ったため、戦力外通告を受ける。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「ブライアン・シコースキー」のニューストピックワード