74件中 31 - 40件表示
  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たサンディエゴ・パドレス

    同年12月22日、メジャーリーグのサンディエゴ・パドレスと契約してアメリカ球界に復帰した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    2005年11月21日に東北楽天ゴールデンイーグルスがシコースキーの獲得を発表するが、シコースキーは「子供の教育問題」を理由に一転して母国への帰国を希望。そのため、楽天は「日本の他球団と契約しないこと」を条件に自由契約を受け入れた。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た読売ジャイアンツ

    も中継ぎ・セットアッパーとして2年連続で47試合・80イニング近く投げぬき、防御率も3点台前半と健闘。同時期に台頭した小林雅英、川井貴志、小林宏之らと共に鉄腕リリーフ陣の一角としてチームに貢献した。しかし、オフにボビー・バレンタインが監督に就任し外国人選手の刷新を図ったため、戦力外通告を受け、ロッテを退団。その後リリーフ陣の駒不足に悩む巨人が獲得した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たクリーブランド・インディアンス

    翌7月18日(日本時間)に戦力外通告を受け、マイク・アダムスとのトレードでクリーブランド・インディアンスに移籍した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た戦力外通告

    も中継ぎ・セットアッパーとして2年連続で47試合・80イニング近く投げぬき、防御率も3点台前半と健闘。同時期に台頭した小林雅英、川井貴志、小林宏之らと共に鉄腕リリーフ陣の一角としてチームに貢献した。しかし、オフにボビー・バレンタインが監督に就任し外国人選手の刷新を図ったため、戦力外通告を受け、ロッテを退団。その後リリーフ陣の駒不足に悩む巨人が獲得した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た千葉ロッテマリーンズ

    シーズン途中の6月29日に千葉ロッテマリーンズに入団。1年目の成績は振るわなかったが、150km/hを超える速球やナチュラルシュートを高く評価されて翌年の残留契約を勝ち取る。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た北海道日本ハムファイターズ

    初勝利・初完投勝利:2001年9月27日、対日本ハムファイターズ27回戦(千葉マリンスタジアム)、9回1失点ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た東日本大震災

    東日本大震災の影響で3月17日に一時帰国。開幕数日前まで再来日の目処が立たなかったが、開幕2日前の4月10日に再来日。来日の遅れの影響から開幕は二軍スタートとなった。4月16日に一軍登録されたものの、右肘痛のため4試合に登板したのみで5月4日に登録を抹消された。5月6日に右肘の検査のため米国に一時帰国、同月23日に右肘遊離軟骨の除去手術を行った。7月21日にウェイバー公示された。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た開幕戦

    シーズン当初はアレックス・グラマンへ繋ぐための中継ぎとして起用する予定だったが、グラマンに復帰の目処が立たなかったのに加えて小野寺力と大沼幸二も開幕二軍スタートになったため、急遽藤田太陽・長田秀一郎と共に試合終盤を任されることになった。しかし、この窮余の策がはまり、6月8日には両リーグ最速の20S、8月19日にはパ・リーグ最速の30Sにそれぞれ到達。開幕戦で移籍後初セーブを挙げてから、9月4日の対楽天戦でサヨナラ打を打たれるまでセーブ機会では負けなしの活躍を見せた。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たヘリコプター

    登板時の投球練習の際に腕を前後に4、5回ずつ回し(同じ綴りでヘリコプター製造で知られるシコルスキー・エアクラフトに掛けたもの)、攻守交代の際にはベンチからマウンドまで全力で走り白線を飛び越えるパフォーマンスを行う。特に腕をグルグルと回すパフォーマンスは観客席からは歓声が上がるほどで、西武在籍時代には「ぶんぶんシコースキー」というグッズも販売されていた。本人によれば、高校時代にリリーフ登板する際に肩を温めるためにやったのが始まりで、以来20数年以上続けているとのこと。かつてはロジンバッグを手に取った後その手を舐めるなどのパフォーマンスを行っていたが、胸焼けを起こすため近年は行っていない。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示