74件中 41 - 50件表示
  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たシコルスキー・エアクラフト

    登板時の投球練習の際に腕を前後に4、5回ずつ回し(同じ綴りでヘリコプター製造で知られるシコルスキー・エアクラフトに掛けたもの)、攻守交代の際にはベンチからマウンドまで全力で走り白線を飛び越えるパフォーマンスを行う。特に腕をグルグルと回すパフォーマンスは観客席からは歓声が上がるほどで、西武在籍時代には「ぶんぶんシコースキー」というグッズも販売されていた。本人によれば、高校時代にリリーフ登板する際に肩を温めるためにやったのが始まりで、以来20数年以上続けているとのこと。かつてはロジンバッグを手に取った後その手を舐めるなどのパフォーマンスを行っていたが、胸焼けを起こすため近年は行っていない。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たリリーフ

    も中継ぎ・セットアッパーとして2年連続で47試合・80イニング近く投げぬき、防御率も3点台前半と健闘。同時期に台頭した小林雅英、川井貴志、小林宏之らと共に鉄腕リリーフ陣の一角としてチームに貢献した。しかし、オフにボビー・バレンタインが監督に就任し外国人選手の刷新を図ったため、戦力外通告を受け、ロッテを退団。その後リリーフ陣の駒不足に悩む巨人が獲得した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た本塁打

    は70試合に登板し、7勝1敗14ホールド、防御率3.29と活躍した。唯一の1敗は開幕第3戦の広島戦で、新井貴浩に逆転2ラン本塁打を打たれたことによるものだった。また打撃では9月3日の対広島戦(広島市民球場)で、7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェイバー公示申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たウェイバー公示

    のシーズン中にウェイバー公示され、テキサス・レンジャーズに移籍。にメジャー初昇格し、10試合(うち先発が5試合)に登板した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た最多セーブ投手 (日本プロ野球)

    6月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を自身2度目の獲得、更に監督推薦で自身2度目のオールスターゲーム出場を果たした。8月1日、日本での一軍登録期間が8年に達したため、外国人投手としては郭泰源以来2人目となるFA権を取得(これにより、2011年以降は「日本人枠」でのプレーとなる)。9月以降はセーブ失敗もあり最終的に5敗したが、33セーブを挙げて初タイトルの最多セーブ投手に輝いた(35歳で開幕を迎えたシーズンのセーブ王獲得は1985年鈴木康二朗と並びパリーグ最年長記録タイ、日本プロ野球史上でも右投手として最年長記録タイ)。西武の外国人で30Sを挙げたのは2008年のグラマン以来2人目で最多セーブ投手獲得は初の快挙となった。ロッテとのクライマックスシリーズファーストステージでは第1戦の4点リードの9回に登板するも、ロッテ打線に打ち込まれ途中で降板。代わった小野寺力も止めることができず、同点に追いつかれてしまった。結局延長11回に勝ち越され敗戦。その影響か、第2戦も1点リードして9回を迎えたが、自身が登板することはなく、長田秀一郎がマウンドに上がった。しかし、長田も里崎智也に同点本塁打を打たれた。この試合も延長11回に勝ち越され、そのまま敗れてしまいCS敗退となってしまった。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た自由契約

    2005年11月21日に東北楽天ゴールデンイーグルスがシコースキーの獲得を発表するが、シコースキーは「子供の教育問題」を理由に一転して母国への帰国を希望。そのため、楽天は「日本の他球団と契約しないこと」を条件に自由契約を受け入れた。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たJA全農Go・Go賞

    に7月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を初めて獲得。同年は抑えで登板することもあったが、抑えでは打ちこまれることが多く、この年の巨人は前年同様抑えを固定できず優勝を逃す一因となった。だがセットアッパーとしては活躍し、崩壊状態だったリリーフ陣を岡島秀樹らと共に支えた。この年は62試合に登板し、5勝3敗5セーブ、防御率2.67と安定感を保った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    6月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を自身2度目の獲得、更に監督推薦で自身2度目のオールスターゲーム出場を果たした。8月1日、日本での一軍登録期間が8年に達したため、外国人投手としては郭泰源以来2人目となるFA権を取得(これにより、2011年以降は「日本人枠」でのプレーとなる)。9月以降はセーブ失敗もあり最終的に5敗したが、33セーブを挙げて初タイトルの最多セーブ投手に輝いた(35歳で開幕を迎えたシーズンのセーブ王獲得は1985年鈴木康二朗と並びパリーグ最年長記録タイ、日本プロ野球史上でも右投手として最年長記録タイ)。西武の外国人で30Sを挙げたのは2008年のグラマン以来2人目で最多セーブ投手獲得は初の快挙となった。ロッテとのクライマックスシリーズファーストステージでは第1戦の4点リードの9回に登板するも、ロッテ打線に打ち込まれ途中で降板。代わった小野寺力も止めることができず、同点に追いつかれてしまった。結局延長11回に勝ち越され敗戦。その影響か、第2戦も1点リードして9回を迎えたが、自身が登板することはなく、長田秀一郎がマウンドに上がった。しかし、長田も里崎智也に同点本塁打を打たれた。この試合も延長11回に勝ち越され、そのまま敗れてしまいCS敗退となってしまった。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たミシガン州

    ブライアン・パトリック・シコースキー(Brian Patrick Sikorski , 1974年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州出身の元プロ野球選手(投手)。2016年から、テキサス・レンジャーズのスカウトを務める。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たアメリカ合衆国

    ブライアン・パトリック・シコースキー(Brian Patrick Sikorski , 1974年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州出身の元プロ野球選手(投手)。2016年から、テキサス・レンジャーズのスカウトを務める。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

74件中 41 - 50件表示