71件中 41 - 50件表示
  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たJA全農Go・Go賞

    に巨人と契約して、同年7月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を初めて獲得。右のセットアッパーとして活躍し、在籍した2年間は共にチーム最多登板を果たした。防御率も2点台に向上して信頼度も上げ、堀内恒夫時代の手薄な巨人のブルペンを岡島秀樹らと共に支えた。また、2005年9月3日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)では7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェーバー申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た自由契約

    2005年11月21日に東北楽天ゴールデンイーグルスがシコースキーの獲得を発表するが、、シコースキーは「子供の教育問題」を理由に一転して母国への帰国を希望。そのため、楽天は「日本の他球団と契約しないこと」を条件に自由契約を受け入れた。同年12月22日、メジャーリーグのサンディエゴ・パドレスと契約してアメリカ球界に復帰した。翌7月18日(日本時間)に戦力外通告を受け、マイク・アダムスとのトレードでクリーブランド・インディアンスに移籍した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たウェーバー公示

    ウエスタンミシガン大学からのMLBドラフト4巡目でヒューストン・アストロズに指名され契約。のシーズン中にウェーバー公示され、テキサス・レンジャーズに移籍。にメジャー初昇格し、10試合(うち先発が5試合)に登板した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たミシガン州

    ブライアン・パトリック・シコースキー(Brian Patrick Sikorski , 1974年7月27日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(投手)。アメリカ合衆国ミシガン州出身。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た適時打

    に巨人と契約して、同年7月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を初めて獲得。右のセットアッパーとして活躍し、在籍した2年間は共にチーム最多登板を果たした。防御率も2点台に向上して信頼度も上げ、堀内恒夫時代の手薄な巨人のブルペンを岡島秀樹らと共に支えた。また、2005年9月3日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)では7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェーバー申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た本塁打

    シーズン前半は抜群の安定感を誇り、シーズン途中より荻野に代わって抑えに定着。8勝5敗15セーブ、防御率2.19の成績を残す一方、救援失敗も相次ぎ、被本塁打は8と前年に比べて増加した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た二塁打

    に巨人と契約して、同年7月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を初めて獲得。右のセットアッパーとして活躍し、在籍した2年間は共にチーム最多登板を果たした。防御率も2点台に向上して信頼度も上げ、堀内恒夫時代の手薄な巨人のブルペンを岡島秀樹らと共に支えた。また、2005年9月3日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)では7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェーバー申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たカナダ

    カナダ独立リーグに所属し、中継ぎだけでなく先発としても登板し9勝をあげた。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た千葉マリンスタジアム

    初登板・初先発:2001年7月11日、対福岡ダイエーホークス20回戦(千葉マリンスタジアム)、5回3失点ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たブルペン

    に巨人と契約して、同年7月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を初めて獲得。右のセットアッパーとして活躍し、在籍した2年間は共にチーム最多登板を果たした。防御率も2点台に向上して信頼度も上げ、堀内恒夫時代の手薄な巨人のブルペンを岡島秀樹らと共に支えた。また、2005年9月3日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)では7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェーバー申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「ブライアン・シコースキー」のニューストピックワード