71件中 61 - 70件表示
  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たシュート (球種)

    シーズン途中の6月29日に千葉ロッテマリーンズに入団。1年目の成績は振るわなかったが、150km/hを超える速球やナチュラルシュートを高く評価されて翌年の残留契約を勝ち取る。、のシーズンは右の中継ぎ・セットアッパーとして2年連続で50試合・80イニング近く投げぬき、防御率も3点台前半と健闘。同時期に台頭した小林雅英、川井貴志、小林宏之らと共に鉄腕リリーフ陣の一角としてチームに貢献した。しかし、2003年オフにボビー・バレンタインが監督に就任し外国人選手の刷新を図ったため、戦力外通告を受ける。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た西武ドーム

    初セーブ:2002年7月28日、対西武ライオンズ17回戦(西武ドーム)、8回裏1死に3番手で救援登板・完了、1回2/3を無失点ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た東京ドーム

    初ホールド:2005年4月1日、対広島東洋カープ1回戦(東京ドーム)、8回表に2番手で救援登板、1回無失点ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たスロバキア

    ミシガン州デトロイトにスロバキアから移住した東欧ユダヤ系とアイルランド系の家庭に生まれる。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た開幕戦

    シーズン当初はアレックス・グラマンへ繋ぐための中継ぎとして起用する予定だったが、グラマンに復帰の目処が立たなかったのに加えて小野寺力と大沼幸二も開幕二軍スタートになったため、急遽藤田太陽・長田秀一郎と共に試合終盤を任されることになった。しかし、この窮余の策がはまり、6月8日には両リーグ最速の20S、8月19日にはパ・リーグ最速の30Sにそれぞれ到達。開幕戦で移籍後初セーブを挙げてから、9月4日の対楽天戦でサヨナラ打を打たれるまでセーブ機会では負けなしの活躍を見せた。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たアイルランド系

    ミシガン州デトロイトにスロバキアから移住した東欧ユダヤ系とアイルランド系の家庭に生まれる。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たイニング

    シーズン途中の6月29日に千葉ロッテマリーンズに入団。1年目の成績は振るわなかったが、150km/hを超える速球やナチュラルシュートを高く評価されて翌年の残留契約を勝ち取る。、のシーズンは右の中継ぎ・セットアッパーとして2年連続で50試合・80イニング近く投げぬき、防御率も3点台前半と健闘。同時期に台頭した小林雅英、川井貴志、小林宏之らと共に鉄腕リリーフ陣の一角としてチームに貢献した。しかし、2003年オフにボビー・バレンタインが監督に就任し外国人選手の刷新を図ったため、戦力外通告を受ける。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たメジャーリーグベースボール

    ウエスタンミシガン大学からのMLBドラフト4巡目でヒューストン・アストロズに指名され契約。のシーズン中にウェーバー公示され、テキサス・レンジャーズに移籍。にメジャー初昇格し、10試合(うち先発が5試合)に登板した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た三振

    リリーフのスペシャリスト。昨今の日本球界で有数のタフさを誇り、2002年と2003年は2年連続で50試合80イニング近くを投げ、2004年と2005年は60試合以上に登板した。150km/h前後の速球を武器に高い奪三振率を誇る一方で、球が高めに浮きやすくリリーフ投手としては被本塁打数がやや多い。ただし、2007年と2008年はシーズンの被本塁打がわずか2と安定感を見せた。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た勝利の方程式

    は5シーズンぶりに千葉ロッテマリーンズに復帰。4月4日に復帰後初勝利を挙げると、前年退団した薮田安彦、藤田宗一、小林雅英(YFK)に代わるリリーフの柱として若手投手陣を引っ張り、リリーフながら5勝を挙げるなど活躍。シーズン後半にはシコースキー、川崎雄介、荻野忠寛を中心とした勝利の方程式が確立された。オールスターゲーム後の防御率は0.00だった。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

71件中 61 - 70件表示

「ブライアン・シコースキー」のニューストピックワード