74件中 61 - 70件表示
  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たベンチ

    登板時の投球練習の際に腕を前後に4、5回ずつ回し(同じ綴りでヘリコプター製造で知られるシコルスキー・エアクラフトに掛けたもの)、攻守交代の際にはベンチからマウンドまで全力で走り白線を飛び越えるパフォーマンスを行う。特に腕をグルグルと回すパフォーマンスは観客席からは歓声が上がるほどで、西武在籍時代には「ぶんぶんシコースキー」というグッズも販売されていた。本人によれば、高校時代にリリーフ登板する際に肩を温めるためにやったのが始まりで、以来20数年以上続けているとのこと。かつてはロジンバッグを手に取った後その手を舐めるなどのパフォーマンスを行っていたが、胸焼けを起こすため近年は行っていない。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た中継ぎ

    は47試合に登板し、防御率3.44と活躍した。主に中継ぎで登板しながらも100を超える奪三振数を記録した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たカナダ

    カナダ独立リーグに所属し、中継ぎだけでなく先発としても登板し9勝をあげた。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たイニング

    も中継ぎ・セットアッパーとして2年連続で47試合・80イニング近く投げぬき、防御率も3点台前半と健闘。同時期に台頭した小林雅英、川井貴志、小林宏之らと共に鉄腕リリーフ陣の一角としてチームに貢献した。しかし、オフにボビー・バレンタインが監督に就任し外国人選手の刷新を図ったため、戦力外通告を受け、ロッテを退団。その後リリーフ陣の駒不足に悩む巨人が獲得した。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たプロ野球選手

    ブライアン・パトリック・シコースキー(Brian Patrick Sikorski , 1974年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州出身の元プロ野球選手(投手)。2016年から、テキサス・レンジャーズのスカウトを務める。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たスロバキア

    ミシガン州デトロイトにスロバキアから移住した東欧ユダヤ系とアイルランド系の家庭に生まれる。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た勝利の方程式

    は5シーズンぶりに千葉ロッテマリーンズに復帰。4月4日に復帰後初勝利を挙げると、前年退団した薮田安彦、藤田宗一、小林雅英(YFK)に代わるリリーフの柱として若手投手陣を引っ張り、リリーフながら5勝を挙げるなど活躍。シーズン後半にはシコースキー、川崎雄介、荻野忠寛を中心とした勝利の方程式が確立された。オールスターゲーム後の防御率は0.00だった。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見たマウンド

    登板時の投球練習の際に腕を前後に4、5回ずつ回し(同じ綴りでヘリコプター製造で知られるシコルスキー・エアクラフトに掛けたもの)、攻守交代の際にはベンチからマウンドまで全力で走り白線を飛び越えるパフォーマンスを行う。特に腕をグルグルと回すパフォーマンスは観客席からは歓声が上がるほどで、西武在籍時代には「ぶんぶんシコースキー」というグッズも販売されていた。本人によれば、高校時代にリリーフ登板する際に肩を温めるためにやったのが始まりで、以来20数年以上続けているとのこと。かつてはロジンバッグを手に取った後その手を舐めるなどのパフォーマンスを行っていたが、胸焼けを起こすため近年は行っていない。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た千葉マリンスタジアム

    初登板・初先発:2001年7月11日、対福岡ダイエーホークス20回戦(千葉マリンスタジアム)、5回3失点ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た二塁打

    は70試合に登板し、7勝1敗14ホールド、防御率3.29と活躍した。唯一の1敗は開幕第3戦の広島戦で、新井貴浩に逆転2ラン本塁打を打たれたことによるものだった。また打撃では9月3日の対広島戦(広島市民球場)で、7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェイバー公示申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

74件中 61 - 70件表示