5769件中 71 - 80件表示
  • 中田重治

    中田重治から見たブラジルブラジル

    1928年(昭和3年)6月23日に物部赳夫に続いて田村耕二がブラジルに宣教師として出発した。7月25日より30日まで箱根リバイバル聖会を初めとして、青森県大鍔の奥羽リバイバル聖会、六甲山の関西リバイバル聖会、さらに九州リバイバル聖会で説教した。中田重治 フレッシュアイペディアより)

  • アナコンダ

    アナコンダから見たブラジルブラジル

    全長10mを越える報告もあるが、学術的に確認された最大値は9m。アミメニシキヘビの9.9mに次いで世界第2位である。しかしアミメニシキヘビと同じ長さでも体重はずっと大きい。最も重いヘビの一種であることは事実であり、体重250kg、胴回り直径30cm以上になる。メスはオスより大きい。ベネズエラ、コロンビア、ブラジル、ボリビア北部、ペルー北東部、ガイアナおよびトリニダードといった南アメリカ北部に分布する。水棲といっていいほど水を好む。浅瀬で待ち伏せによる狩りを行い、獲物を長い体で絞め殺して飲み込む。また、単にアナコンダと言った場合、大抵はこちらを指す。アナコンダ フレッシュアイペディアより)

  • 波多野和也

    波多野和也から見たブラジルブラジル

    波多野 和也(はたの かずや、1982年4月19日 - )は、ブラジルのベレン出身のプロバスケットボール選手。身長192cm,体重97kg。ニックネームは「ジェイ」。ポジションはスモールフォワード,パワーフォワード波多野和也 フレッシュアイペディアより)

  • 多重国籍

    多重国籍から見たブラジルブラジル

    多重国籍を認めている国は、アメリカ合衆国、ロシア、カナダ、メキシコ、コロンビア、ブラジル、ペルー、パラグアイ、ウルグアイ、イギリス、アイルランド、フランス、イタリア、スイス、ポルトガル、フィンランド、イスラエル、トルコ、ナイジェリア、モロッコ、南アフリカ共和国、コートジボワール、オーストラリア、ニュージーランド、台湾、フィリピンなどであるが、原則としては認めないが例外として認める場合や、条件付の場合など状況は各国において様々である。イスラエルやヨーロッパ諸国などでも条件付で二重国籍を容認している状況にある。ヨーロッパでは無国籍のこどもが発生するという事案などから、「すべてのひとは国籍を取得する権利がある」とする国籍取得権の観点から、1997年の国籍に関するヨーロッパ条約において、出生や婚姻などで多重国籍となった場合には容認しなければならないという規定が盛り込まれた。また、ブラジルなどは国民の国籍離脱を認めていないため、他国の国籍を取得すると自動的に二重国籍となる。多重国籍 フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・タイプ1

    フォルクスワーゲン・タイプ1から見たブラジルブラジル

    英語圏では、そのカブトムシの様な形から「ビートル(Beetle)」「バグ(Bug)」などと呼ばれ(ちなみに2006年のアメリカのアニメ映画「カーズ」のエンディングで、「バグズ・ライフ」の主人公フリックのベース車として登場するが、これも「バグ=フォルクスワーゲン・タイプ1」から来ている)、ドイツでは1960年代後半より「ケーファー(Käfer=カブトムシ)」という愛称で親しまれた。ブラジルなどでは「フスカ」(Fusca=南米産の大ゴキブリ)と呼ばれ、タイでは「タオ」(亀)の愛称で呼ばれる。日本では英語の「ビートル」の他に「カブトムシ」や、メーカーではなく本車種を指して「フォルクスワーゲン」さらには単に「ワーゲン」と呼ばれることもある。フォルクスワーゲン・タイプ1 フレッシュアイペディアより)

  • イランの核開発問題

    イランの核開発問題から見たブラジルブラジル

    欧米などの孤立化政策に対してイランは反発している。一方でトルコ、ブラジル、ベネズエラ、キューバ、エジプトなどはイランの平和的核エネルギー開発を支持している。イランの核開発問題 フレッシュアイペディアより)

  • アグネスゴールド

    アグネスゴールドから見たブラジルブラジル

    アグネスゴールドとは日本の競走馬で、現在はブラジルにて繋養されている種牡馬である。アグネスゴールド フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・オリヴェイラ

    ルイス・オリヴェイラから見たブラジルブラジル

    ルイス・オリヴェイラ(Luis Oliveira, 1969年3月24日 - )は、ブラジル・サン・ルイス出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。ルイス・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

  • 2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選

    2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選から見たブラジルブラジル

    2014 FIFAワールドカップ・ブラジル大会の北中米カリブ海予選について本項では述べる。2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選 フレッシュアイペディアより)

  • バミューダトライアングル

    バミューダトライアングルから見たブラジルブラジル

    1984年、ブラジル、サンパウロ市で発行されている「フォリャ・デ・サンパウロ」(Folha de S.Paulo)新聞は、「ブラジルのバミューダトライアングル」と題する記事を一面張り出して出版した。この三角形はリオデジャネイロ市の中心部のカリオカ広場(Largo de Carioca)付近に存在する三つの巨大高層ビルに囲まれる領域である。これらは政府系企業の本社ビルであり、公費の合法的な無駄使いが多いことで有名であった。あまりにも巨大すぎる無駄使いを象徴するために、「ブラジルのバミューダトライアングル」という表現を用いた。この三角形内では、飛行機や船は消滅しないが(車や財布はしばしば消えてなくなる)、お金が際限なく消失するからである。お金は晴天下良好な天候の下でも消失し、しかも消失の過程がまったく不明であるという例え話である。バミューダトライアングル フレッシュアイペディアより)

5769件中 71 - 80件表示

「ブラジル」のニューストピックワード