前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
553件中 1 - 10件表示
  • ブラジル

    ブラジルから見たジルマ・ルセフ

    2010年10月、ルーラ大統領の任期満了に伴い大統領選挙が行われ、好調な経済の後押しを受けて与党労働者党のジルマ・ルセフ官房長官が当選、ルセフ氏は2011年1月に大統領に就任した。だが、その後新興国経済の失速と資源価格の低迷から景気が低迷し支持率は急落、2013年に反政府デモが起きるも2014年の大統領選挙では決選投票で中道右派のブラジル社会民主党のアエシオ・ネベス氏に勝利し再選を果たした。しかし、2016年にはルセフ大統領が弾劾裁判を受け、ブラジル検察はブラジル屈指の人気を誇ったルーラ元大統領を汚職疑惑により強制捜査し、労働者党とブラジル民主運動党による連立政権が崩壊するなど政権基盤は急速に失速し政治的な混乱が続いた。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た第一次世界大戦

    第一次世界大戦に協商国側で参戦した後、1920年代にはカフェ・コン・レイテ体制への批判が高まり、をはじめとするテネンテス(青年将校達)によるが各地で起こった。このは直接は国政に大きな影響を与えなかったが、間接的に1930年代の政治状況を用意することになった。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たリオデジャネイロ

    1500年にポルトガル人のペードロ・アルヴァレス・カブラルがブラジルを「発見」すると、以降ブラジルはポルトガルの植民地として他の南北アメリカ大陸とは異なった歴史を歩むことになった。1502年にはイタリア人のアメリコ・ヴェスプッチがリオデジャネイロ(1月の川)を命名。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たコーヒー

    1889年の共和制革命により、ブラジルは帝政から共和制に移行した。この時期には カフェ・コン・レイテと呼ばれるサン・パウロ州とミナス・ジェライス州で相互に大統領を選出する慣行が生まれた。バイーア州でJagunçoによる(1896年 - 1896年)が勃発。これにともなう通貨下落を政府はロスチャイルドから借り入れて切り抜けた。また、帝政時代からコーヒー・プランテーションでの労働力確保のためにヨーロッパよりイタリア人、ポルトガル人、スペイン人、ドイツ人をはじめとする移民を受け入れていたが、奴隷制廃止後はさらに移民の流入速度が速まり、1908年にはヨーロッパのみならずアジアからも笠戸丸で日本人移民が導入された。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た大学

    その後、ハイチ革命の影響もあってクレオール白人やムラート、クレオール黒人(クリオーロ)による独立運動が進むが、植民地時代にブラジルに大学が設立されなかったなど知的環境の不備により、ブラジルの独立運動は一部の知識人の「陰謀」に留まり、大衆的な基盤を持つ「革命」にはならなかった。このことは、ブラジルとイスパノアメリカ諸国の独立のあり方の差異に大きな影響を与えた。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たコロッケ

    おつまみ程度のものはサウガジニョと呼ばれるが、これらにはブラジル風コロッケのコシーニャやアラブ系のキビ、パステウ(ブラジル風揚げパイ)などがあり(コロッケや類似食品は存在するが珍しい)、豊富な肉や野菜、魚介類を基にしたブラジル料理が日常的に食べられている。南部三州では、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイといったラ・プラタ諸国と文化が近いため、グアラニー人起源のマテ茶を飲む伝統がある。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た国本伊代

    山崎圭一「大都市の環境問題──サンパウロ市を中心に」『ラテンアメリカ都市と社会』 国本伊代、乗浩子編、新評論、1991年9月。ISBN 4-7948-0105-X。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たミシェル・テメル

    2016年5月12日、ブラジル議会上院はルセフ大統領に対する弾劾法廷の設置を賛成多数で決定し、ルセフ大統領の職務を停止させた。ルセフ大統領の職務が停止される間、ブラジル民主運動党のミシェル・テメル副大統領が大統領代行を務めることになった。テメル大統領代行は労働党閣僚を排除し、最大野党の中道右派社会民主党の閣僚を抜擢し実質的に13年ぶりの政権交代となった。親米、緊縮財政政策を取り、国営企業の民営化、公務員や社会保障削減等のウォール街を初めとした国際金融市場が求める政策の実行を表明するなどカルドソ政権時代の新自由主義政策への回帰となった。しかしこのような選挙を行わない強引な手法による政権交代は事実上のクーデターであると反発する国民も少なくなく、与野党問わず汚職も蔓延しており政治的には混乱期に突入している。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    2003年には前政権までの貧困・格差の拡大に反発する形で労働者党からルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァが大統領に就任し、ブラジル発の本格的な左派政権となり、これまで前政権時代に推し進められていた市場中心主義、新自由主義政策を改め、富の再分配を重視し貧困撲滅政策を実行。外交面では新興国との関係を重視した。資源価格の高騰や新興国経済の好調に伴ってブラジル史上屈指の好景気となり、貧困撲滅と中間層誕生をもたらしたことで国民の支持を集めた。また、ワールドカップと五輪の招致に成功した。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た日本人

    1889年の共和制革命により、ブラジルは帝政から共和制に移行した。この時期には カフェ・コン・レイテと呼ばれるサン・パウロ州とミナス・ジェライス州で相互に大統領を選出する慣行が生まれた。バイーア州でJagunçoによる(1896年 - 1896年)が勃発。これにともなう通貨下落を政府はロスチャイルドから借り入れて切り抜けた。また、帝政時代からコーヒー・プランテーションでの労働力確保のためにヨーロッパよりイタリア人、ポルトガル人、スペイン人、ドイツ人をはじめとする移民を受け入れていたが、奴隷制廃止後はさらに移民の流入速度が速まり、1908年にはヨーロッパのみならずアジアからも笠戸丸で日本人移民が導入された。ブラジル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
553件中 1 - 10件表示

「ブラジル」のニューストピックワード