553件中 111 - 120件表示
  • ブラジル

    ブラジルから見た

    毎年2月頃の四旬節の前に、国中の市町村でカーニバル(ブラジルポルトガル語では"カルナヴァウ"と発音する)が祝われる。期間中は国中を挙げ、徹夜でサンバのリズムに乗って踊りまくる。リオのカーニバルといえば、一般的に死者が多いことで知られるが、これはに酔ったための喧嘩や飲酒運転による自動車事故、心臓麻痺などで毎年数百人規模の死者が出ることである、したがってカーニバル自体での死者が多いということではない。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たジョゼ・デ・アレンカール

    1822年の独立後、当時の知識人はヨーロッパ、特にフランスに文化の範を求めた。1836年からゴンサルヴェス・ド・アルヴェスの『詩的吐息と感傷』によってロマン主義がヨーロッパからもたらされたことにより、インディオを理想的なブラジル人とみなすインディアニズモの潮流が生まれ、詩の分野ではムラートの詩人のが大成し、その他にも『イラセーマ』と『グアラニー』で知られるジョゼ・デ・アレンカールや、奴隷制廃止運動の第一人者となった詩人のを生み出した。19世紀後半の第二帝政期には写実主義がヨーロッパからもたらされ、写実主義の作家としては『ドン・カズムーホ』(むっつり屋)で知られるマシャード・デ・アシスや、『コルチッソ』で知られる自然主義作家のなどが挙げられる。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た汚職

    2016年5月12日、ブラジル議会上院はルセフ大統領に対する弾劾法廷の設置を賛成多数で決定し、ルセフ大統領の職務を停止させた。ルセフ大統領の職務が停止される間、ブラジル民主運動党のミシェル・テメル副大統領が大統領代行を務めることになった。テメル大統領代行は労働党閣僚を排除し、最大野党の中道右派社会民主党の閣僚を抜擢し実質的に13年ぶりの政権交代となった。親米、緊縮財政政策を取り、国営企業の民営化、公務員や社会保障削減等のウォール街を初めとした国際金融市場が求める政策の実行を表明するなどカルドソ政権時代の新自由主義政策への回帰となった。しかしこのような選挙を行わない強引な手法による政権交代は事実上のクーデターであると反発する国民も少なくなく、与野党問わず汚職も蔓延しており政治的には混乱期に突入している。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た世界遺産

    ブラジル国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が10件、自然遺産が7件存在する。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た日本料理

    また、ヨーロッパなどからの移民や20世紀以降の日本人をはじめとするアジア系移民など、様々な人種が融合していることもあり、都市部を中心にイタリア料理やドイツ料理、中華料理や日本料理など様々な国の料理が味わえる。特にイタリア料理のレベルは高いとされている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た大豆

    また同時に、現地に適した種子の開発や栽培方法の確立などについても、ブラジル国内に専門の研究所を設立して支援するなど、日本はハード面とソフト面の両面にわたって支援し大きな成果を残した。現在では、ブラジルは大豆の生産ではアメリカに次ぐ世界第2位の地位を占めている。また、日本が大豆を輸入する相手国としても、ブラジルはアメリカに次いで第2位である。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たアサイー

    コカ・コーラやペプシなどの他にガラナ(グァラナーと発音)の実を使用したソフトドリンク(ガラナ飲料)が広く飲まれており、日本やアメリカなどの各国へ輸出もされている。また、ブラジルはフルーツも豊富な国として知られ、オレンジジュースやマラクジャ(パッションフルーツ)、カジュー(カシューナッツの実)、ココナッツなど多くの種類がある。またアマゾン原産のトロピカル・フルーツであるアサイーやアセロラ、グラヴィオラやクプアス、グアバなどもよく好まれており、近年日本でもそれらのジュースやバルブ(ピューレ)が輸入されている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たズンビ・ドス・パルマーレス

    ブラジル内陸部の探検は、サンパウロのバンデイランテス(奴隷狩りの探検隊)により、17世紀に始まった。バンデイランテスは各地に遠征して現在の都市の基となる村落を多数築いた一方、やパラグアイまで遠征してイエズス会によって保護されていたグアラニー人を奴隷として狩った。こうした中で、激しい奴隷労働に耐えかねたマルーン(逃亡奴隷)の中には奥地に(逃亡奴隷集落)を築くものもあり、その中でも最大となったはパルマーレスのズンビによって指導されたが、1695年のでバンデイランテスによって征服され消滅した。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た新聞

    軍事政権下で報道の自由はある程度制限されたものの、民政化された現在では完全に自由な報道が行われている。新聞はオ・グローボなどの全国紙の他、スポーツ専門紙などがある。また、専門紙や雑誌をはじめとするスポーツメディアの中でも、特にサッカー専門メディアについては世界的に高い評価を誇る。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た公使館

    日本との外交関係は1895年の修好通商航海条約調印から始まり、1897年に両国内に公使館を開設。1908年6月には日本からの本格的移民が開始され、笠戸丸がサントスに入港した。その後第二次世界大戦中の断交状態(ブラジルは連合国として参戦)と1950年代初頭の国交回復を経て、常に活発な人的、経済的交流が行われており、その距離の遠さにも関わらず世界各国の中でも特に日本との縁が非常に深い国である。ブラジル フレッシュアイペディアより)

553件中 111 - 120件表示

「ブラジル」のニューストピックワード