553件中 121 - 130件表示
  • ブラジル

    ブラジルから見た高等学校

    初等教育と中等教育(日本における高校以上の教育)、高等教育(日本における大学)からなり、初等教育と前期中等教育を併せた義務教育は8年間、後期中等教育は3年間となっている。義務教育年齢の児童の中、学校に行っているものの率は約97%となっている。また、1990年代から中等教育を受けるものが急増している。中等教育を終えると高等教育への道が開ける。主な問題としては初等、中等教育における落第率の高さや教室、校舎数の不足などが挙げられる。1930年代に国民の2/3が非識字者だったように、かつては初等教育に力は入れられてこなかったが、パウロ・フレイレらの活躍により初等、中等教育の見直しが行われて現在に至っている。2004年に推計された15歳以上の人口の識字率は88.6%(男性:88.4%、女性:88.8%)である。ほかにもブラジル創価学会(BSGI)教育部(文化部のひとつで学校教員によるグループ)の「マキグチ計画」が、一般人の識字活動を行っている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たクラシック音楽

    また、ポピュラー音楽のみならず、クラシック音楽やジャズの分野においても重要な音楽家を輩出しており、著名な音楽家としては19世紀に活躍したオペラ作曲家のカルロス・ゴーメスや、『ブラジル風バッハ』などで知られるエイトル・ヴィラ=ローボス、エルネスト・ナザレーといった作曲家のほか、演奏者としてはアサド兄弟などのギター奏者も世界的に知られている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た世界貿易機関

    しかし、1985年に民政移管すると、特に1980年代後半の冷戦終結後は南アメリカの大国としてアルゼンチンやパラグアイなどの近隣諸国のみならず、アジアやアフリカ、中近東諸国などとも全方面外交を行い、WTOやメルコスールなどを通して積極外交を行う他、没落したアルゼンチンに代わってラテンアメリカ諸国をまとめるリーダーとして国連改革を積極的に推進し、国連安全保障理事会の常任理事国入りを日本やインド、ドイツなどとともに狙っているとされる。また、ポルトガル語圏の一員として旧宗主国のポルトガルや、アンゴラ、モザンビーク、東ティモールとも強い絆を保っている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た日本酒

    また、南部では同じくドイツ系の移民やイタリア系の移民を中心に、その気候を生かしてワインの生産も古くから行われている。ブラジル独自の酒としては、サトウキビを原料とした蒸留酒であるピンガ(カシャーサ)が有名である。このピンガを使用したカクテルであるカイピリーニャやバチーダもよく飲まれる。また、日系人が設立した現地企業が日本酒「東麒麟」を生産している。きわめて精錬された高エネルギーのピンガは、自動車の燃料用アルコールとして多量に生産されている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た夫婦別姓

    婚姻の際は夫婦別姓であるが、女性は自己の姓に夫の姓を後置することも可能である。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たジョゼー・デ・アレンカール

    現在はマリオ・デ・アンドラーデやなどが特に対外的にも有名であり、日本でもジョルジェ・アマードの『革命児プレステス 希望の騎士』、『カカオ』、『果てなき大地』、『砂の戦士たち』や、ジョゼー・デ・アレンカールの『イラセマ』など、またパウロ・コエーリョの『星の巡礼』や『ベロニカは死ぬことにした』など多くの著作が翻訳されている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たアンドレ・グンダー・フランク

    人文科学や社会科学においても、「人種民主主義論」を打ち出し、文化相対主義的な立場からアフリカ系ブラジル人とブラジルのナショナリズムを結びつけた人類学者ジルベルト・フレイレや、アンドレ・グンダー・フランク以来停滞していた従属論経済学を用いて、第三世界の経済発展のあり方を模索した経済学者フェルナンド・エンリケ・カルドーゾや、第三世界の識字教育に大きな貢献をもたらし、「エンパワメント」などの概念を発達させた教育学者パウロ・フレイレなどがブラジル出身の世界的に有名な学者として挙げられる。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たストライキ

    ブラジルの警察は時にストライキを起こすことがあり、その間は凶悪犯罪も多発する。日本の外務省はブラジルの多くの主要地域に対して「十分注意」の危険情報を発している。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た政府開発援助

    1962年に両国による合弁事業であるウジミナス製鉄所へのODAによる融資を行って以降、電気や港湾、衛生設備など、各種インフラの充実を中心としたODAが継続的に行われている。しかしながら、ブラジルが工業国であり比較的インフラが整っていることから、近年はインフラでも環境、衛生関係の技術的要素に特化されたものとなっている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たヴァリグ・ブラジル航空

    近年では元々はローカル線専門であったTAMブラジル航空(タンと発音)と、元々はフラッグ・キャリアであった老舗のヴァリグ・ブラジル航空を傘下に収めた新興航空会社のゴル航空(ゴウと発音)の2社を筆頭に、格安航空会社がその勢力を伸ばしている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

553件中 121 - 130件表示

「ブラジル」のニューストピックワード