517件中 31 - 40件表示
  • ブラジル

    ブラジルから見た創価学会

    非キリスト教の少数宗教としてはマクンバ、バトゥーケ、カンドンブレ、ウンバンダなどアフリカの宗教に起原するアフロ・ブラジル宗教がある。ブラジルのイスラーム教はアフリカからの黒人奴隷のイスラーム教徒によってもたらされたが、現在では主にアラブ系ブラジル人の移民によって信仰されており、約55のモスクとムスリムの宗教センターがあると見積もられている。アジアからも仏教、神道、道教やさまざまな新興宗教などがもたらされている。日本発祥の宗教として創価学会の会員が存在するが、信者の大部分はブラジル生まれの非日系、非アジア系人である。他にも世界救世教、立正佼成会、霊友会、生長の家や統一教会(韓国起源)などが布教活動をしている。無宗教者は人口の7.3%である。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たフレックス燃料車

    第二次世界大戦後は自動車の一般層への普及が進むとともに、高速道路網が急速に発達した。自動車の燃料として1970年代後半より政府主導の下アルコールが普及しており、多くの自動車メーカーがアルコール燃料車を用意しており、大抵のガソリンスタンドでアルコール燃料車にアルコールを入れることができる。最近ではフレックス燃料車(ガソリンや、アルコールを入れても動かせる車、混入可)が注目されている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た新評論

    山崎圭一「大都市の環境問題──サンパウロ市を中心に」『ラテンアメリカ都市と社会』 国本伊代、乗浩子編、新評論、1991年9月。ISBN 4-7948-0105-X。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たルイ・ゲーハ

    1950年代後半にはシネマ・ノーヴォという運動からカルロス・ヂエギス、ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス、グラウベル・ホーシャ、ルイ・ゲーハといった監督を輩出した。1964年に軍事政権が樹立されると表現の自由が制限され、検閲が行われた。1969年に発足した政府機関のブラジル映画公社(エンブラ・フィルメ)は、ほとんどの映画作品の製作に関与した。1976年にブルーノ・バヘットによる『未亡人ドナ・フロールの理想的再婚生活』(ドナ・フロールと二人の夫)が製作・公開されると、ブラジルで1300万人を動員し、観客動員数第一位を更新する空前の大ヒット作となった。また同監督の『ガブリエラ』、ヂエギスの『バイバイ・ブラジル』、『シッカ・ダ・シルヴァ』など、ブラジルの史実に基づいた多くの良心的な作品が製作された。またアルゼンチン出身のエクトール・バベンコも、ブラジル国籍を取得して活動拠点を移し『蜘蛛女のキス』、『カランジル』(2003)などを製作した。1986年に軍事政権が終焉すると民主化が活発化し、低予算で製作される大衆的な作品も増加した。しかし、1990年代に入るとそれまでのブラジル映画公社を主体としたブラジル映画製作は行き詰まり、完全な破綻を迎えた。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たセルジオ・アサド

    また、ポピュラー音楽のみならず、クラシック音楽やジャズの分野においても重要な音楽家を輩出しており、著名な音楽家としては19世紀に活躍したオペラ作曲家のカルロス・ゴーメスや、『ブラジル風バッハ』などで知られるエイトル・ヴィラ=ローボス、エルネスト・ナザレーといった作曲家のほか、演奏者としてはアサド兄弟などのギター奏者も世界的に知られている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たフランシスコ・ソラーノ・ロペス

    1840年にペードロ2世が即位すると事態は落ち着きを見せ、1848年に( - 「プライエイラの反乱」とも)を鎮圧した後、ブラジル史上初の安定期が訪れた。ペードロ2世は領土的野心を持っていたウルグアイ、パラグアイへの介入を進め、その結果として1864年にパラグアイのフランシスコ・ソラーノ・ロペス大統領はブラジルに宣戦布告し、パラグアイ戦争(、 - 「三国同盟戦争」とも)が勃発したが、率いるブラジル帝国が主体となった三国同盟軍はパラグアイを破壊した。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たタンクレード・ネーヴェス

    1974年に将軍から大統領に就任したは国民的な不満を受けて軍政の路線転換を行い、1979年に就任した大統領は民政移管を公約した。1985年に行われた大統領選挙ではタンクレード・ネーヴェスが勝利した。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たフェルナンド・メイレレス

    現在のブラジル映画の再生は、1994年から始まった。1998年、ヴァルテル・サレスの『セントラル・ステーション』(セントラウ・ド・ブラズィウ, Central do Brasil)が多くの国際的な受賞を受けたことから、ブラジルの映画にも注目が集まるようになり、ヂエギスの『オルフェ』(1999)をはじめ、『トロパ・デ・エリーテ』、『デスムンド』などがブラジル国外でも公開されるようになった。特にファヴェーラの問題を描いたフェルナンド・メイレレスの『シティ・オブ・ゴッド』(Cidade do Deus、2002)は、多くの映画祭で受賞、世界的にヒットした。このような成功により、ブラジル人監督による映画作品が世界的に注目されている。また他に『クアトロ・ディアス』、『スエリーの青空』、『モーターサイクル・ダイアリーズ』、『バス174』(Ônibus 174)、『オイ・ビシクレッタ』、『私の小さな楽園』、『ビハインド・ザ・サン』、などの作品が国外でも公開され、これらは日本でもDVD化され販売されている。『フランシスコの2人の息子』(2005)は『ドナ・フロールと二人の夫』の記録を塗り替え、観客動員数歴代一位を更新した。また東京では、ブラジル映画祭が毎年開催されており、日本でも多くの作品が公開されている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たシモン・ボリーバル

    ブラジルの独立はブラガンサ家の皇帝という求心力があったために、解放者シモン・ボリーバルやホセ・デ・サン=マルティン、ミゲル・イダルゴらの掲げた共和制や立憲君主制の思想が求心力とならなかった。イスパノアメリカ諸国が分裂したのとは異なり、広大なブラジル植民地は単一のまとまりとして新たな主権国家を形成した。しかし、このことは植民地時代からのエリート層が独立後もそのまま権力を握り続けることをも意味していた。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たエドゥアルド・ガレアーノ

    時系列的には前後するが、パラグアイのアルフレド・ストロエスネル政権の成立にもブラジル軍の支援があった。そしてこの露骨な親米政策は、エドゥアルド・ガレアーノをはじめとするラテンアメリカ諸国の知識人からは「裏切り」だとみなされた。ブラジル フレッシュアイペディアより)

517件中 31 - 40件表示

「ブラジル」のニューストピックワード