553件中 61 - 70件表示
  • ブラジル

    ブラジルから見たアルベルト・サントス・ドゥモン

    20世紀の間ブラジルは基礎研究や先端技術では欧米諸国に遅れを取ってしまったが、それでもライト兄弟と同様に飛行機開発のパイオニアだったアルベルト・サントス・ドゥモンのように(フランスに移住して活躍、第一次世界大戦に失望しブラジルへ永住帰国、フランスの市民権をも持つ)、科学技術の発展に大きな貢献をもたらした技術者が存在し、近年では1970年代から進められた燃料用エタノールの研究により、この分野では世界的なパイオニアとなっている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たデオドロ・ダ・フォンセッカ

    一方、独立後も大農園主の意向によって奴隷制は維持され続けたが、アメリカ合衆国の南北戦争後は西半球で奴隷制を採用する独立国はブラジル帝国のみとなったため、三国同盟戦争後からオーギュスト・コントの実証主義の影響を受けた知識人によって奴隷制批判がなされた。三国同盟戦争後に制度的に確立した軍の青年将校( - 「」)達は実証主義思想に影響を受け、次第に奴隷制の廃止と帝政の廃止をも含めた国民運動が生まれた。この運動により1888年5月13日に()が公布され、西半球で最後まで維持されていた奴隷制が廃止されたが、ペードロ2世は奴隷制廃止によって大農園主からの支持をも失い、翌1889年のデオドロ・ダ・フォンセッカ元帥のクーデターによって帝政は崩壊した。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たオーギュスト・コント

    一方、独立後も大農園主の意向によって奴隷制は維持され続けたが、アメリカ合衆国の南北戦争後は西半球で奴隷制を採用する独立国はブラジル帝国のみとなったため、三国同盟戦争後からオーギュスト・コントの実証主義の影響を受けた知識人によって奴隷制批判がなされた。三国同盟戦争後に制度的に確立した軍の青年将校( - 「」)達は実証主義思想に影響を受け、次第に奴隷制の廃止と帝政の廃止をも含めた国民運動が生まれた。この運動により1888年5月13日に()が公布され、西半球で最後まで維持されていた奴隷制が廃止されたが、ペードロ2世は奴隷制廃止によって大農園主からの支持をも失い、翌1889年のデオドロ・ダ・フォンセッカ元帥のクーデターによって帝政は崩壊した。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たヴァルテル・サレス

    現在のブラジル映画の再生は、1994年から始まった。1998年、ヴァルテル・サレスの『セントラル・ステーション』(セントラウ・ド・ブラズィウ, Central do Brasil)が多くの国際的な受賞を受けたことから、ブラジルの映画にも注目が集まるようになり、ヂエギスの『オルフェ』(1999)をはじめ、『トロパ・デ・エリーテ』、『デスムンド』などがブラジル国外でも公開されるようになった。特にファヴェーラの問題を描いたフェルナンド・メイレレスの『シティ・オブ・ゴッド』(Cidade do Deus、2002)は、多くの映画祭で受賞、世界的にヒットした。このような成功により、ブラジル人監督による映画作品が世界的に注目されている。また他に『クアトロ・ディアス』、『スエリーの青空』、『モーターサイクル・ダイアリーズ』、『バス174』(Ônibus 174)、『オイ・ビシクレッタ』、『私の小さな楽園』、『ビハインド・ザ・サン』、などの作品が国外でも公開され、これらは日本でもDVD化され販売されている。『フランシスコの2人の息子』(2005)は『ドナ・フロールと二人の夫』の記録を塗り替え、観客動員数歴代一位を更新した。また東京では、ブラジル映画祭が毎年開催されており、日本でも多くの作品が公開されている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たジュセリーノ・クビチェック

    これにより日本やアメリカ、ドイツやフランスなどのヨーロッパ諸国などの先進工業国からの直接投資による現地生産や合弁企業の設立も急増し、自動車生産や造船、製鉄では常に世界のトップ10を占める程の工業国となったが、1950年代後半に当時のジュセリーノ・クビチェック大統領の「50年の成長を5年で」の号令下でスタートした首都ブラジリア建設の負担や、1970年代初頭のオイルショック、さらには外国資本の大規模な流出などで経済が破綻した。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たジルベルト・フレイレ

    人文科学や社会科学においても、「人種民主主義論」を打ち出し、文化相対主義的な立場からアフリカ系ブラジル人とブラジルのナショナリズムを結びつけた人類学者ジルベルト・フレイレや、アンドレ・グンダー・フランク以来停滞していた従属論経済学を用いて、第三世界の経済発展のあり方を模索した経済学者フェルナンド・エンリケ・カルドーゾや、第三世界の識字教育に大きな貢献をもたらし、「エンパワメント」などの概念を発達させた教育学者パウロ・フレイレなどがブラジル出身の世界的に有名な学者として挙げられる。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たミゲル・イダルゴ

    ブラジルの独立はブラガンサ家の皇帝という求心力があったために、解放者シモン・ボリーバルやホセ・デ・サン=マルティン、ミゲル・イダルゴらの掲げた共和制や立憲君主制の思想が求心力とならなかった。イスパノアメリカ諸国が分裂したのとは異なり、広大なブラジル植民地は単一のまとまりとして新たな主権国家を形成した。しかし、このことは植民地時代からのエリート層が独立後もそのまま権力を握り続けることをも意味していた。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たライト兄弟

    20世紀の間ブラジルは基礎研究や先端技術では欧米諸国に遅れを取ってしまったが、それでもライト兄弟と同様に飛行機開発のパイオニアだったアルベルト・サントス・ドゥモンのように(フランスに移住して活躍、第一次世界大戦に失望しブラジルへ永住帰国、フランスの市民権をも持つ)、科学技術の発展に大きな貢献をもたらした技術者が存在し、近年では1970年代から進められた燃料用エタノールの研究により、この分野では世界的なパイオニアとなっている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たパウロ・コエーリョ

    現在はマリオ・デ・アンドラーデやなどが特に対外的にも有名であり、日本でもジョルジェ・アマードの『革命児プレステス 希望の騎士』、『カカオ』、『果てなき大地』、『砂の戦士たち』や、ジョゼー・デ・アレンカールの『イラセマ』など、またパウロ・コエーリョの『星の巡礼』や『ベロニカは死ぬことにした』など多くの著作が翻訳されている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たマンゴー

    果実生産も日本の経済協力を契機に盛んになっており、特に南部サンタ・カタリーナ州におけるリンゴ栽培等への協力は、ブラジルにおける日本のプレゼンス向上に大いに役立った。リンゴ栽培に関するブラジル側研究施設の所長に日系人が抜擢されたこともある上、同協力に殉じた日本人研究者の胸像まで設置されているなど、日本の農業協力の一つの象徴として位置付けられる。また、2005年9月29日解禁のマンゴーの対日輸出は、両国政府の間で20年以上に亘る懸案となっていたものである。ブラジル フレッシュアイペディアより)

553件中 61 - 70件表示

「ブラジル」のニューストピックワード