553件中 71 - 80件表示
  • ブラジル

    ブラジルから見た国際連合安全保障理事会

    しかし、1985年に民政移管すると、特に1980年代後半の冷戦終結後は南アメリカの大国としてアルゼンチンやパラグアイなどの近隣諸国のみならず、アジアやアフリカ、中近東諸国などとも全方面外交を行い、WTOやメルコスールなどを通して積極外交を行う他、没落したアルゼンチンに代わってラテンアメリカ諸国をまとめるリーダーとして国連改革を積極的に推進し、国連安全保障理事会の常任理事国入りを日本やインド、ドイツなどとともに狙っているとされる。また、ポルトガル語圏の一員として旧宗主国のポルトガルや、アンゴラ、モザンビーク、東ティモールとも強い絆を保っている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た検疫

    牧畜が盛んであり、近年まで「1ヘクタールに足1本」とまで言われていた。最近では都市近郊の農家の所得向上と相まって集約的な畜産業が行われるようになってきており、特にサンパウロ等大都市周辺の養鶏などは近代的システムの下で行われている。鶏肉については加工肉を中心に日本に相当輸入されているものの、牛肉については口蹄疫などの検疫上の問題が依然として存在している。ブラジルは数十年にわたる徹底的な口蹄疫対策により、2000年と2001年の発生以降は報告されておらず、清浄国として扱われている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た外務省

    ブラジルの警察は時にストライキを起こすことがあり、その間は凶悪犯罪も多発する。日本の外務省はブラジルの多くの主要地域に対して「十分注意」の危険情報を発している。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た公用語

    公用語はポルトガル語(ブラジル・ポルトガル語)であり、ブラジル生まれの国民のほとんどにとっての母語でもある。ただし、ブラジルで使われるポルトガル語は語彙の面でアフリカやインディオの影響を受けているため、ブラジル・ポルトガル語と言われるほど本国ポルトガルのポルトガル語とは多少異なっている。その違いは聞けばすぐわかるほどはっきりしているが、日常会話は支障なく行うことができるので、日本の方言よりも差は少ない。日本はポルトガル語圏諸国の中ではブラジルとの交流関係が圧倒的に多いため、あえてポルトガルのポルトガル語と特記されていない限り、日本国内の語学教科書や語学講座で教えられているポルトガル語はブラジル・ポルトガル語であると考えて差し支えない。ブラジル国内でも多少の方言は存在する。また日本のブラジル系移民では、日本独特のポルトガル語表現が存在する。1940年代のヴァルガス時代にブラジルのポルトガル語をブラジル語と呼ぶべきか否かを巡ってブラジル語論争があったが、結局ブラジル語なるものは存在せずに、ブラジルの言葉はポルトガル語の方言であることが確認された。ただし、ナショナリズムの観点からブラジル語という言葉を用いるブラジル人は今でも存在する。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たガソリンスタンド

    第二次世界大戦後は自動車の一般層への普及が進むとともに、高速道路網が急速に発達した。自動車の燃料として1970年代後半より政府主導の下アルコールが普及しており、多くの自動車メーカーがアルコール燃料車を用意しており、大抵のガソリンスタンドでアルコール燃料車にアルコールを入れることができる。最近ではフレックス燃料車(ガソリンとアルコールのどちらでも動かせる車、混入可)が注目されている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たジャン=アンドシュ・ジュノー

    ナポレオン戦争により、1807年にジャン=アンドシュ・ジュノーに率いられたフランス軍がポルトガルに侵攻した。このためポルトガル宮廷はリスボンからリオデジャネイロに遷都し、以降リオの開発が進んだ。1815年にリオデジャネイロはポルトガル・ブラジル及びアルガルヴェ連合王国の首都に定められた。ポルトガル政府はバンダ・オリエンタル・ド・ウルグアイ()の率いる連邦同盟(、1815年?1820年)との戦いを進めてバンダ・オリエンタルを支配下に置き、征服した地域にシスプラチナ州を設立した。1820年ポルトガルを自由主義的な立憲君主制国家に変革しようとする革命が起こり、リオデジャネイロのジョアン6世に帰国を要請し、1821年にポルトガル宮廷はリスボンに帰還した。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たジョゼー・ボニファシオ・デ・アンドラーダ

    一方、摂政として残留したブラガンサ家の王太子ペードロがジョゼー・ボニファシオに代表されるブラジル人ブルジョワジー勢力に支持され、1822年2月18日にが勃発した。1822年9月7日に「イピランガの叫び」()と呼ばれる独立宣言が行なわれ、ペードロが初代皇帝ペードロ1世(在位1823-1831)として即位し、ブラジル帝国はポルトガルから独立した。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た国際連合教育科学文化機関

    ブラジル国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が10件、自然遺産が7件存在する。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た小学校

    なお、サンパウロやリオデジャネイロなどの大都市には日本からの出張社員の子弟を対象とする日本人学校(小学校、中学校)がある他、日本人子弟向けの幼稚園も存在する。これらは日本のカリキュラムに従って授業を行っており、「ポルトガル語」などの現地特有の科目もある。体育では現地チームとのサッカーの試合もある。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た格安航空会社

    近年では元々はローカル線専門であったTAMブラジル航空(タンと発音)と、元々はフラッグ・キャリアであった老舗のヴァリグ・ブラジル航空を傘下に収めた新興航空会社のゴル航空(ゴウと発音)の2社を筆頭に、格安航空会社がその勢力を伸ばしている。ブラジル フレッシュアイペディアより)

553件中 71 - 80件表示

「ブラジル」のニューストピックワード