38件中 21 - 30件表示
  • ブラックロック

    ブラックロックから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    1988年 ローレンス・フィンク(Laurence D. Fink)らが、ブラックストーン・グループ債券運用部門のブラックストーン・フィナンシャル・マネジメントとして設立した。創立者のうち4人がファースト・ボストン(現クレディ・スイス)出身者であった。フィンクが仕掛けたことで、不動産担保証券取引がファースト・ボストンモーゲージ部門でブームとなっていた。ブラックストーン時代のフィンクは同社のパートナーとして、年金基金等の資産運用を受託していた(上述の債券運用部門)。ブラックロック フレッシュアイペディアより)

  • 中国投資

    中国投資から見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    2007年6月、30億ドルでブラックストーン・グループの株式約9.37%を取得した。2007年12月には50億ドルでモルガンスタンレーの株式約9.9%を取得している。2010年2月時点での資産運用規模は3000億ドルに膨らんだとみられている。中国投資 フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス

    シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    ピーター・G・ピーターソン(1951): ブラックストーン・グループ創設者、リーマン・ブラザーズ元CEOシカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス フレッシュアイペディアより)

  • プライベート・エクイティ・ファンド

    プライベート・エクイティ・ファンドから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    世界的に規模の大きいファンドとしては、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(Kohlberg Kravis Roberts, KKR:LBOの先駆、最古のPEファンド)、ブラックストーン・グループ(The Blackstone Group:複数の資産クラスに投資する業界最大手)、カーライル・グループ(The Carlyle Group:業界第2位)、ベインキャピタル(Bain Capital: 投資先業績改善に主軸をおいた大手PEファンド)、テキサス・パシフィック・グループ (Texas Pacific Group:テキサスを本拠とする大手PEファンド) 、アポロ・グローバル・マネジメント(Apollo Global Management:金融危機以降最大規模のバイアウト・ファンドを運用する米PEファンド大手)、ペルミラ・アドバイザーズ(Permira Advisers: 欧州最大手PEファンド)、CVC キャピタル・パートナーズ(CVC Capital Partners: シティグループ出自の大手PEファンド)などがある。また、ゴールドマン・サックス等米国の大手金融機関も第三者の資金を用いた大規模なPEファンドを有す。プライベート・エクイティ・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • ウォルドルフ=アストリア

    ウォルドルフ=アストリアから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    2005年1月からは、ヒルトンホテルズの最上級クラスのホテルが「ウォルドルフ=アストリア・コレクション」と呼ばれるようになった。2007年には母体のヒルトンホテルズが投資ファンド運用会社ブラックストーン・グループに買収されたことにより、ウォルドルフ=アストリアも同グループの所有となったが、2013年に再び売りに出された。ウォルドルフ=アストリア フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク連邦準備銀行

    ニューヨーク連邦準備銀行から見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    1999年の重役陣を年報から紹介する。銀行・電気・投信の三頭体制は健在である。加盟銀行からシップレー(Walter V. Shipley)、産業界からマクグラス(Eugene R. McGrath)、制度理事会からの派遣枠として議長ジョン・カニンガム・ホワイトヘッドと副議長ピーターソン(Peter George Peterson, ブラックストーンNY会長)が選ばれた。ニューヨーク連邦準備銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 清華大学

    清華大学から見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    大学評価の世界的指標であるタイムズ・ハイアー・エデュケーションによる「世界大学ランキング 2017-2018」では、北京大学に次ぐ30位である。USニューズ&ワールド・レポートの大学ランキングでは、マサチューセッツ工科大学(MIT)を抑えて工学系の世界1位となった。MITとは1996年から提携しており、経済管理学院はMITのスローン経営大学院と共同学位課程を創設している。経済管理学院の顧問委員会は経済管理学院の初代院長だった朱鎔基元国務院総理が名誉主席を務め、王岐山や馬雲(アリババCEO)ら国内の政財界の有力者だけでなく、ヘンリー・ポールソン(元ゴールドマンサックスCEO、元アメリカ合衆国財務長官)、ロイド・ブランクフェイン(ゴールドマンサックスCEO)、マイケル・コーバット(シティグループCEO)、ジェームズ・ダイモン(JPモルガン・チェースCEO)、ティム・クック(アップルCEO)、サティア・ナデラ(マイクロソフトCEO)、ジニ・ロメティー(IBMCEO)、マイケル・デル(デルCEO)、マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックCEO)、ダグ・マクミロン(ウォルマートCEO)、メアリー・バーラ(ゼネラルモーターズCEO)、ハラルド・クルーガー(BMWCEO)、イーロン・マスク(テスラモーターズCEO)、カルロス・ゴーン(日産自動車会長)、孫正義(ソフトバンクグループ会長)、郭台銘(鴻海精密工業会長)、ホー・チン(テマセクCEO)、李沢楷(PCCWCEO)、ラタン・タタ(タタグループ会長)、出井伸之(元ソニーCEO)、スティーブ・シュワルツマン(ブラックストーン・グループCEO、元大統領戦略政策フォーラム議長)などといった海外の大物経営者も名誉委員及び委員に名を連ねており、習近平国家主席と会見も行うなど中国政府のブレーントラストの役割を担ってるとも評されている。清華大学 フレッシュアイペディアより)

  • ヒルトン

    ヒルトンから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    投資ファンドブラックストーン・グループにより買収され、2007年10月に上場廃止となった。その後、中華人民共和国の海航集団がブラックストーンに代わって筆頭株主となる。ヒルトン フレッシュアイペディアより)

  • インド

    インドから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    2016年4-12月間インド準備銀行が実施した金融犯罪統計で、ICICI銀行が最大件数となり、SBIホールディングス、スタンダード・チャータード銀行、HDFCが順に続いた。この期間にプラチナ・パートナーズという法律事務所の金融犯罪が暴露されていった。ここの顧客には、ディアジオ(グラクソ・スミスクラインとジョイントベンチャー)・ノバルティス・ダノン・ブラックストーン・MTNグループ・野村証券・マイラン・ピアソン・ドイツテレコム・BTグループなどがいる。また2017年でなおポンジ・スキームが摘発される(醜聞一覧)。インド フレッシュアイペディアより)

  • コールバーグ・クラビス・ロバーツ

    コールバーグ・クラビス・ロバーツから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    KKRは極めて巨大なプライベート・エクイティ・ファンドであり、現在ポートフォリオに持っている会社の数は51社で年間売り上げ2180億ドルに上る。これは、ライバルである、ブラックストーン・グループとカーライル・グループを足したものの二倍に達する金額である。コールバーグ・クラビス・ロバーツ フレッシュアイペディアより)

38件中 21 - 30件表示

「ブラックストーン・グループ」のニューストピックワード