1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示
  • マーリン・エンターテイメンツ

    マーリン・エンターテイメンツから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    ブラックストーン・グループの傘下の欧州で第1位、世界第2位の規模を誇るアトラクション施設運営企業で、現在は4大陸、23か国で105のアトラクション、11のホテル、および3のホリデービレッジを展開する。マーリン・エンターテイメンツ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・インターナショナル・グループ

    アメリカン・インターナショナル・グループから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    1992年、モーリスの息子エヴァン率いるアジア太平洋部門が43年ぶりの中国市場復帰を果した。1994年AIGはロンドンに投資銀行を設立した(AIG Combined Risks Ltd.)。直接金融、再保険、デリバティブなどに関係したリスクマネジメントを提供しながら、投資先の財務状態を把握できるという事業であった。これは丸ごとグループの金融部門に配属された。1994年ロシアとウズベキスタンでもグループ企業が生まれた。1995年AIGはタタ財閥と合意して、インド市場が開かれ次第、生保もそれ以外も共同出資でやってみることになった。1998年ブラックストーン・グループへ7%資本参加したが、その代わり同社の買収用ファンドへ12億ドル投資する約束をした。1999年初めには投信会社を183億ドルで買収した(SunAmerica)。サンアメリカが保有した9000人以上のアメリカ人ブローカーが織り成す販売網はAIGの生命保険を売りまくり、AIGはサンアメリカのつくった年金商品を地球規模の生保営業網で売りさばいた。2000年11月にHSBグループを12億ドルで買収した。2001年には千代田生命保険を買収した。アメリカン・インターナショナル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・トランプ

    ドナルド・トランプから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    また、トランプは経済政策に関わる新設機関として(初代局長にジャレッド・クシュナー)、国家通商会議(初代委員長はピーター・ナヴァロ)、(初代議長はブラックストーン・グループCEOスティーブ・シュワルツマン)などを設立した。ドナルド・トランプ フレッシュアイペディアより)

  • アンハイザー・ブッシュ

    アンハイザー・ブッシュから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    ブッシュガーデン、シーワールドなどの遊園地事業を所有していたが、2009年10月にブラックストーン・グループへ売却した。アンハイザー・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • サントリー

    サントリーから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    2009年(平成21年)、ブラックストーン・グループとからオランジーナの銘柄を持つフランスの清涼飲料メーカー、オレンジーナ・シュウェップスを約3500億円で買収。サントリー フレッシュアイペディアより)

  • 外交問題評議会

    外交問題評議会から見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    名誉会長はデイヴィッド・ロックフェラー。会長はリチャード・ハース(前国務省政策企画局長)。理事長はピーター・G・ピーターソン(元商務長官、ブラックストーン・グループ会長)。外交問題評議会 フレッシュアイペディアより)

  • 水道

    水道から見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    水道事業は住民の健康に直結するという公共性をもつ。しかし、財政負担や時々の政策が理由となって水道民営化を果すこともある。ベクテルの絡んだコチャバンバ水紛争では未遂に終わった。世界金融危機の前後では、メガバンクや大金持ちが水道支配のあり方を統合しつつある。メガバンクとは例えばゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、シティグループ、UBS、ドイツ銀行、クレディ・スイス、マッコーリー銀行、バークレイズ、ブラックストーン・グループ、アリアンツ、HSBC、その他を指す。大金持ちとはトーマス・ピケンズやジョージ・H・W・ブッシュである。彼らの投資先とは、まずゴールドマンの例だけで、子会社に水道事業をもつNalco Holding Company、イギリスの水道設備会社Kelda Group、コカコーラ等に水を供給するChina Water and Drinks Inc、真正の公共事業であるTruckee Meadows Water Authority。ナルコにはランベールもアポロという名前で関係し、ケルダにはシティグループやHSBC も関係している。クレディ・スイスはゼネラル・エレクトリックやCleantech Group と組んでインフラ投資を予定している。JPモルガンはロックフェラー系のUBS などと組んでイギリスのSouthern Water を買収した。出典から紹介しきれない銀行もある。そしてミューチュアル・ファンドやヘッジファンド、各国の公的年金までが水道事業へ投資をしている。「水道貴族」による水支配は留まるところを知らない。水道 フレッシュアイペディアより)

  • レゴランド・ジャパン

    レゴランド・ジャパンから見たブラックストーン・グループブラックストーン・グループ

    顧客として2歳から12歳の子供とその家族を想定し、レゴブロックそのもので遊ぶことのほか、レゴブロックの世界観を体現し、来客が能動的に体験できるアトラクションを準備している。事業主体はイギリスのマーリン・エンターテイメンツグループが担う。マーリン社は、経営不振となったレゴランドを2005年に買収した投資会社ブラックストーン・グループ傘下の遊戯施設企業で、マダム・タッソー館など世界各地にテーマパークを所有している。また、造成・施設建設工事は大林組が行った。総事業費は約320億円とされる。2017年4月に開業した部分は、第1期で9.3ヘクタールであり、海外で展開する他のレゴランドと比較すると小規模ではあるが、立体的に施設を配置することで同程度の内容を確保しているという。第1期開業後の展開としては、公式ホテルとして「レゴランド・ホテル・ジャパン」の開業、第2期として名古屋市国際展示場第1展示館の跡地(約1.9ヘクタール)開発が予定されている。マーリン社のニック・バーニーCEOによると、東京と大阪の間であり、また日本の中心に位置する名古屋市という立地は、日本初のレゴランドを進出するにふさわしいとしている。休日平均約8,000人の来客を見込む。年間目標の入場者数200万人は、世界最大のレゴランドである レゴランド・ウィンザー・リゾート (イギリス)と同規模の入場者数である。レゴランド・ジャパン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示

「ブラックストーン・グループ」のニューストピックワード