253件中 91 - 100件表示
  • シェイン・ダフィー

    シェイン・ダフィーから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2014年9月、ブラックバーン・ローヴァーズFCに完全移籍。シェイン・ダフィー フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・バレンシア

    アントニオ・バレンシアから見たブラックバーン・ローバーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    2006年8月3日、イングランドのウィガン・アスレティックFCに1年間の契約でレンタル移籍した。8月19日のニューカッスル・ユナイテッド戦(2-1)でデビューし、10月21日のマンチェスター・シティ戦(4-0)で初得点を挙げた。その後、負傷により3ヶ月間戦線離脱したが、2007年1月21日のエヴァートンFC戦(0-2)で復帰して78分間プレーした。4月9日のアストン・ヴィラ戦(1-1)ではウィルフレッド・ボウマに両足でのタックルを仕掛け、移籍後初めてレッドカードによる退場処分を受けた。2006-07シーズンは22試合に出場し、1得点1アシストでシーズンを終えた。2007-08シーズンもレンタル期間が延長された。2007-08シーズン、2008年1月18日にウィガンに完全移籍した。契約期間は3年半であり、移籍金は公表されていないが、約500万ポンドだと言われている。2月23日のダービー・カウンティFC戦(2-0)で2007-08シーズン初得点を挙げ、5月3日のアストン・ヴィラ戦(2-0)では移籍後初の1試合2得点を挙げた。2007-08シーズンは公式戦32試合に出場して3得点3アシストの記録を残した。2008-09シーズン、2008年8月30日のハル・シティAFC戦(5-0)で2008-09シーズン初得点を挙げ、9月28日のマンチェスター・シティFC戦(2-1)でも得点したが、10月18日のリバプールFC戦(2-3)では退場処分を受けた。ウィガンでの最後のゴールとなったのは、12月13日のブラックバーン・ローバーズ戦(3-0)で決めたものであり、ホームでウィガンを3-0の勝利に導いた。2009年冬、スティーヴ・ブルース監督はバレンシアがレアル・マドリードに移籍する可能性があることを認めた。2月9日にはハムストリングの負傷を再発させ、3週間離脱した。レンタルで加入していた期間も含め、ウィガンでは89試合に出場して7得点を挙げている。6月上旬、ウィガンのデイヴ・ウェランオーナーはバレンシアにクラブ残留を強要しないと発表した。アントニオ・バレンシア フレッシュアイペディアより)

  • アダム・フェデリチ

    アダム・フェデリチから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    4月1日、0-1で敗れたトッテナム・ホットスパーFC戦で正GKのマーカス・ハーネマンが腰を負傷したことにより、ハーネマンに代わり後半から出場しリーグデビューを果たした。また、3-3で引き分けたブラックバーン・ローヴァーズFC戦でハーネマンが手を負傷したことにより、後半から出場した。アダム・フェデリチ フレッシュアイペディアより)

  • グレアム・ル・ソー

    グレアム・ル・ソーから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    ジャージー島にあるセント・ポールスというチームから1987年にチェルシーに移籍。1990-91シーズンからレギュラーに定着する。しかし監督のイアン・ポーターフィールドと対立してしまい1993年3月にブラックバーン・ローヴァーズに移籍。すぐさまポジションを獲得し1994年3月9日デンマーク戦でイングランド代表デビューを果たす。グレアム・ル・ソー フレッシュアイペディアより)

  • グラント・ハンリー

    グラント・ハンリーから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    地元ダンフリーズのクイーン・オブ・ザ・サウスFCでプレーを始め、クルー・アレクサンドラFC、レンジャーズFCの下部組織を渡り歩いた後、16歳でブラックバーン・ローヴァーズFCの下部組織に入団。グラント・ハンリー フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・シアーズ

    フレディ・シアーズから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    11歳で、ウェストハム・アカデミーに入団。07/08シーズンの3月15日の対ブラックバーン戦で途中出場し、トップチームデビュー。途中出場でありながら、決勝ゴールを決めた。4月19日の対ダービー戦で初めて先発出場した。2015年1月16日、チャンピオンシップのイプスウィッチ・タウンFCに2017年までの契約で加入した。フレディ・シアーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・トムキンス

    ジェームズ・トムキンスから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2008年11月27日にダービー・カウンティと5週間のローン契約を結び、11月29日に行われたバーンリー戦でデビューを果たした。ダービーではウェストハムで監督を務めていたジャンフランコ・ゾラに呼び戻されるまで全公式戦で8試合に出場した。復帰後はウェストハムのトップチームで出場機会が増え、2009年3月21日にイーウッド・パークで行われ、1-1で引き分けたブラックバーン・ローヴァーズ戦ではジョナサン・スペクターとディフェンスラインを構築し、フル出場を果たした。負傷していたコリンズの代役と見なされていたが、4月4日に行われたサンダランド戦でマーク・ノーブルのコーナーキックから初ゴールを記録し、同月に他のユース出身の選手とともにクラブから長期の契約延長を打診された。ジェームズ・トムキンス フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・マクイヴェリー

    ジェームズ・マクイヴェリーから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    ブラックバーン・ローヴァーズFCのユース出身。2002年11月6日のフットボールリーグカップ・ウォルソールFC戦で、30分にとの交代でピッチに立ちトップチームデビューした。ジェームズ・マクイヴェリー フレッシュアイペディアより)

  • ゲンチレルビルリイSK

    ゲンチレルビルリイSKから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2003-04シーズンのUEFAカップでブラックバーン・ローヴァーズ、スポルティングCP、パルマに勝利し、4回戦(ベスト16)に進出した。4回戦ではこの大会で優勝したバレンシアに延長戦の末、1-2で敗れた。ゲンチレルビルリイSK フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・マクレーン

    ジェームズ・マクレーンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2011年8月9日、移籍金35万ポンドでサンダーランドAFCに3年契約で移籍した。デリー・シティ時代の負傷の影響もあり、少なくともクリスマスまでの間をリザーブチームで過ごすことをスティーヴ・ブルース監督に示唆されたマクレーンは、プレミアリザーブリーグのニューカッスル・ユナイテッドFC戦で初出場及び初得点を挙げる等でアピールしたものの、ブルース監督体制下での出場はなかった。しかし、マーティン・オニール監督就任後にリザーブでのマンチェスター・ユナイテッドFC戦でのプレーを見出され、オニール監督指揮1試合目となった12月11日のブラックバーン・ローヴァーズFC戦において、1点差を追いかける中で後半からデビューを飾り、逆転勝利に貢献する及第点のプレーを見せると、2012年1月2日のマンチェスター・シティFC戦で先発を任され、2日後のウィガン・アスレティックFC戦で移籍後初ゴールを決めた。その後も、1月8日のFAカップでのピーターバラ・ユナイテッドFC戦 (2-0) で2得点目、21日のスウォンジー・シティAFC戦 (2-0) でステファン・セセニョンの先制点をアシスト、29日のFAカップでのミドルズブラFC戦ではフレイザー・キャンベルの同点弾をアシストと目に見える結果を残しており、そのプレーは敵将の監督からも称賛される等、左サイドハーフのレギュラーとして、左サイドバックのキーラン・リチャードソンと連携してチームを支え、3月23日には、契約を2015年夏まで延長することに成功した。同2011-12シーズン終了間近には、ジャック・コルバックを抑え、ファン投票によるクラブの年間最優秀若手選手賞を受賞した。ジェームズ・マクレーン フレッシュアイペディアより)

253件中 91 - 100件表示

「ブラックバーン・ローバーズ」のニューストピックワード