160件中 91 - 100件表示
  • スティーヴン・アイルランド

    スティーヴン・アイルランドから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    翌シーズンも開幕戦のブラックバーン・ローヴァーズFC戦でゴールを挙げ、素晴らしいスタートを切ったかに思われたが、2009年12月にマーク・ヒューズが解任されロベルト・マンチーニが新監督に交代になった。するとニヘル・デ・ヨンク、ヴァンサン・コンパニ、パトリック・ヴィエラと実力者達がチームに加わり、アイルランドはシーズン後半からベンチを温める日々が続くようになった。マンチーニは、アイルランド自身が再び輝くためには考えを改めなくてはならないと語った。"私は、彼が自分の将来のことをどう考えているか分からないが、考えを改め、素晴らしい選手だと示すことが出来れば、昨シーズンのように再び輝くだろう"スティーヴン・アイルランド フレッシュアイペディアより)

  • クリス・コールマン

    クリス・コールマンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    現役時代はディフェンダーを務め、スウォンジ・シティ、クリスタル・パレス、ブラックバーンを経てフラムに加入。しかし2001年に交通事故に遭い、その怪我が元で翌年にプロサッカー選手としてのキャリアを終える事となる。クリス・コールマン フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ヒューズ (ウェールズ人サッカー選手)

    マーク・ヒューズ (ウェールズ人サッカー選手)から見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    1995年にチェルシーFCへ移籍。チェルシーではジャンフランコ・ゾラらと共に1997年にFAカップ、1998年にUEFAカップウイナーズカップ優勝に貢献した。その後はサウサンプトン、エヴァートン、ブラックバーン・ローヴァーズを渡り歩き2002年に現役を引退した。マーク・ヒューズ (ウェールズ人サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ヨッシ・ベナユン

    ヨッシ・ベナユンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2005年8月13日のブラックバーン・ローヴァーズFC戦にてプレミアデビュー、FAカップではチームを決勝にまで導いた。ヨッシ・ベナユン フレッシュアイペディアより)

  • グスタボ・ポジェ

    グスタボ・ポジェから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2001年5月、約220万ポンドの移籍金でトッテナム・ホットスパーFCに移籍した。2001-02シーズンはリーグ戦で14得点を挙げ、フットボールリーグカップでは決勝に到達したが、ブラックバーン・ローヴァーズFCに1-2で敗れて準優勝に終わった。在籍期間中は怪我によって活躍をくじかれ、2002年8月には再び十字靱帯断裂の大怪我を負ったが、それでも98試合に出場して23得点を挙げた。グスタボ・ポジェ フレッシュアイペディアより)

  • シュルーズベリー・タウンFC

    シュルーズベリー・タウンFCから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2007年に現在のプロスター・スタジアムにホームを移すまでの97年間、国内のありとあらゆるリーグに所属する全クラブと、リーグ戦、カップ戦、および親善試合で対戦しているが、唯一、対戦記録がないのがトッテナム・ホットスパーFCである。1993-1994シーズンのイングランド・リーグ杯で当時、強豪だったブラックバーン・ローヴァーズFCを追い込み、勝てばトッテナムとの対戦という局面を迎えたものの、エクストラ・タイムで失点を重ね4-3で敗北。クラブ創設以来、未だに試合をしていない。シュルーズベリー・タウンFC フレッシュアイペディアより)

  • ラデク・チェルニー

    ラデク・チェルニーから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    2004-05シーズンのアストン・ヴィラ戦で負傷したポール・ロビンソンに代わって出場し、プレミアデビューを果たす。だが、その後は控えGKとして年数試合程度の出場にとどまっていた。しかし、2007-08シーズンに監督交代(マルティン・ヨル→ファンデ・ラモス)とロビンソンの不振によってカーリングカップのアーセナル戦に出場して好プレーを披露すると、それ以降の試合でもロビンソン顔負けの好セーブと安定感を披露し完全にポジションを奪い、ロビンソンをブラックバーン移籍へと追いやった。ラデク・チェルニー フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ラムジー

    アーロン・ラムジーから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2008年6月13日に移籍が完了。アーセナルを選んだ理由は、若手が多くの出場機会を与えてもらえるから、と語った。2008年8月13日のチャンピオンズリーグ予選・FCトゥヴェンテ戦でアーセナルFCでの初出場を記録すると、9月13日のブラックバーン・ローヴァーズFC戦で途中出場しプレミアリーグデビュー。9月21日のチャンピオンズリーグ・グループリーグのフェネルバフチェSK戦では後半ロスタイムに移籍後初得点を挙げた。ラムジーはこのゴールでチャンピオンズリーグ史上5番目に若い得点者となり、また史上2番目の1990年代生まれの得点者となった。2009年1月、アーセナルとの契約を延長した。アーロン・ラムジー フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ダーリン

    マルティン・ダーリンから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    その後、1996年にはイタリアのASローマへ移籍するが、僅か3試合に出場しただけで古巣のボルシアMGへ復帰した。翌1997年にはイングランドのブラックバーン、1998年にはハンブルガーSVへ移籍するが、この頃から怪我の影響もあって調子を落とす様になり、1998-99シーズンを最後に現役を引退した。マルティン・ダーリン フレッシュアイペディアより)

  • ディクソン・エトゥフ

    ディクソン・エトゥフから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    その後、サンダーランドAFC、フラムFCを経て、ブラックバーン・ローヴァーズFCでプレーする。ディクソン・エトゥフ フレッシュアイペディアより)

160件中 91 - 100件表示

「ブラックバーン・ローバーズ」のニューストピックワード