160件中 11 - 20件表示
  • フランコ・ディ・サント

    フランコ・ディ・サントから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2009-10シーズンはブラックバーンへレンタル移籍。2010年8月31日、ウィガン・アスレティックFCに3年契約で移籍した。フランコ・ディ・サント フレッシュアイペディアより)

  • ジョーイ・バートン

    ジョーイ・バートンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2009年1月、対ブラックバーン戦で、2ヶ月ぶりに戦列復帰。早くも2008-09シーズン3度目の復帰となった。ポーツマスとボルトンが彼の獲得に乗り出してきたが、彼はニューカッスルを離れるつもりはなかった。2009年1月、古巣マンチェスター・シティ戦で、右足の第5中足骨を骨折、クラブは8週間欠場すると発表した。2009年4月、ポーツマス戦でサブメンバーとして戦列復帰。早くもシーズン4度目の復帰となった。5月、リヴァプール戦で相手MFシャビ・アロンソに激しくタックルし、一発退場。アラン・シアラー監督はこの行為に激怒し、クラブはバートンに対して無期限の謹慎処分を課した。クラブが降格すると、クラブへの残留を表明した。ジョーイ・バートン フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    1999年初期、トッド監督はグジョンセンをフルタイムで起用することに決めた。そのために、をレスター・シティFCへ、をブラックバーン・ローヴァーズFCへと売却、前線の数を減らしフレッシュさせた。グジョンセンはチームに戻ってくると、で行われたスウィンドン・タウンFC戦で得点し3-3と引き分けた。次の試合では、ホームのリーボック・スタジアムにバーンズリーFCを迎えると再びゴールを挙げた。最終的にシーズンで5得点を記録した。1999年のワトフォードFCとのプレイオフ決勝戦でプレーしたものの、とにゴールを決められ0-2で敗退した。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ベラミー

    クレイグ・ベラミーから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    ノリッジ・シティFCの下部組織で育ち、1997年3月15日のクリスタル・パレスFC戦でプロデビューを飾る。2000年にコヴェントリー・シティFCに移籍したが活躍できず、それをクラブ側のせいにしたことから、コヴェントリーのファンから脅迫状まで届いた。2001年にニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍したが、出場したUEFAチャンピオンズリーグの試合で相手に頭突きして3試合の出場停止処分を受けた。2002年、ナイトクラブで女性に暴行したとしてクラブから罰金を言い渡された。空港でコーチと喧嘩し、備品の椅子を放り投げる事件もあった。その後セルティックFC、ブラックバーン・ローヴァーズFCなどイギリスの中堅クラブを経て、2006年にリヴァプールFCに移籍。しかし2007年、フェルナンド・トーレスの加入に押し出される形となり、僅か1年でウェストハム・ユナイテッドFCに移籍した。2009年1月19日、ブラックバーン時代の恩師、マーク・ヒューズ率いるマンチェスター・シティFCに移籍。同年12月19日、ヒューズが解任され、ロベルト・マンチーニが就任すると、監督に楯突き、出場機会が減少した。2010年8月からは故郷のカーディフを本拠地とするカーディフ・シティFCへレンタル移籍。クレイグ・ベラミー フレッシュアイペディアより)

  • コリン・カジム=リチャーズ

    コリン・カジム=リチャーズから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    コリン・カジム=リチャーズ(Colin KAZIM-RICHARDS, 1986年8月26日 - )は、イングランド・ロンドン出身でトルコ代表のサッカー選手。フットボールリーグ・チャンピオンシップ・ブラックバーン・ローヴァーズFC所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。トルコではコリン・キャーズム(Colin Kâzım)、キャーズム・キャーズム(Kâzım Kâzım)と呼ばれている。コリン・カジム=リチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュア・キング

    ジョシュア・キングから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    ジョシュア・キング(Joshua King, 1992年1月15日 - )は、ノルウェー出身のサッカー選手。フットボールリーグ・チャンピオンシップ・ブラックバーン・ローヴァーズFCに所属している。ポジションはフォワードで、ウイングのポジションを務めることが出来る。ジョシュア・キング フレッシュアイペディアより)

  • FAプレミアリーグ1998-1999

    FAプレミアリーグ1998-1999から見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    最下位に終わったノッティンガム・フォレストは7シーズンで3度目の降格となり、ホームではマンチェスター・ユナイテッドに1-8という記録的なスコアで敗れている。4シーズン前の優勝チームであるブラックバーン・ローヴァーズも19位で降格となった。9シーズンぶりにトップリーグに挑んだチャールトン・アスレティックは18位で1シーズンで降格となった。新たに昇格したチームでは、ミドルズブラのみが9位でシーズンを終え残留となった。FAプレミアリーグ1998-1999 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・カントナ

    エリック・カントナから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    カントナと契約する前のユナイテッドは低調なシーズンを送り、タイトルレースでは大型補強を行ったアストン・ヴィラとブラックバーン・ローヴァーズや驚きの躍進をしていたノリッジ・シティ、QPRといったクラブの後塵を拝しており、深刻な得点力不足から、昨シーズンの同時期の半分の勝ち点に留まっていた。エリック・カントナ フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ケンドール

    ハワード・ケンドールから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    選手としてはエヴァートンFC、プレストン・ノース・エンドFC、バーミンガム・シティFC、ブラックバーン・ローヴァーズFCなどに在籍した。指導者としてはマンチェスター・シティFC、ノッツ・カウンティFC、シェフィールド・ユナイテッドFC、スペインのアスレティック・ビルバオ、ギリシャのスコダ・クサンシFCなどを指揮した。1984-85シーズンにはエヴァートンを指揮してUEFAカップウィナーズカップを制したが、2011-12シーズン終了時点で、ケンドール以後に欧州カップ戦でタイトルを獲得したイングランド人指導者は存在しない。2005年には指導者としてイングランドサッカー殿堂入りを果たした。叔父のハリー・タイラーもサッカー選手であり、1950年代にニューカッスル・ユナイテッドFCやフラムFCでプレーした。ハワード・ケンドール フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・オーウェン

    マイケル・オーウェンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    最終的にプレミアリーグでは、ブラックバーン・ローヴァーズFCのクリス・サットン、コヴェントリー・シティFCのディオン・ダブリンと並び18ゴールで得点王となり、PFA年間最優秀若手選手賞を受賞した。マイケル・オーウェン フレッシュアイペディアより)

160件中 11 - 20件表示

「ブラックバーン・ローバーズ」のニューストピックワード