160件中 41 - 50件表示
  • アンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2009年2月22日のサンダーランド戦でプレミアリーグデビューを果たす。強烈なシュートを放ち鋭いクロスを上げるなど、デビュー戦からその実力の片鱗を示した。3月14日のブラックバーン戦では左サイドの角度のない位置から目の覚めるようなゴールを叩き込みアーセナル移籍後初ゴールを記録する。ここから更にシーズン終盤へ向けて調子を上げ、4月21日リヴァプール戦で自身初となる1試合4得点を達成する。シーズン後半だけの出場、またプレミアリーグ初挑戦ながら公式戦15試合で6得点9アシストという驚異的な数字を残した。アンドレイ・アルシャヴィン フレッシュアイペディアより)

  • ミュンヘンの悲劇

    ミュンヘンの悲劇から見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    準々決勝に進出したマンチェスター・ユナイテッドはユーゴスラビアの強豪、レッドスター・ベオグラードと対戦。ホームで2-1と勝利したのち、2月5日(水曜日)に敵地・ベオグラードに乗り込み3-3の引き分け、総計5-4で準決勝進出を果たす。現代でこそ当たり前になった水曜・土曜の連戦だが、まだ飛行機の事情も良くなく、移動に労力を費やしていたこの時代に共産圏の国で試合をしてまた帰ってくるというのは信じがたい強行日程であった。また、土曜日にはブラックバーン・ローヴァーズとの上位直接対決が控えており、帰国を焦っていた事情もあった。更に、この時期は欧州全土を寒波が襲っていたという。ミュンヘンの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • リー・バクスター

    リー・バクスターから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    ユース年代にブラックバーン・ローヴァーズユースで過ごし、その後スウェーデンのアシュトン高校へ入学しBKアストリオユースでプレー。リー・バクスター フレッシュアイペディアより)

  • イーウッド・パーク

    イーウッド・パークから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    イーウッド・パーク (Ewood Park)は、イングランド, ランカシャー州, ブラックバーンにあるスタジアム。現在は、ブラックバーン・ローヴァーズFCのホームスタジアムとなっている。収容人数は31,367人。イーウッド・パーク フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・モイーズ

    デイヴィッド・モイーズから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    そのシーズンは最終節にマンチェスター・ユナイテッドに敗れ、ブラックバーン・ローヴァーズに次いで7位でシーズンを終え、翌シーズンのUEFAカップの出場権を逃したものの、モイーズは監督たちの投票により選出される年間最優秀監督に選ばれた。デイヴィッド・モイーズ フレッシュアイペディアより)

  • グレアム・スーネス

    グレアム・スーネスから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    その後、33歳にして、母国スコットランドのグラスゴー・レンジャーズFCで監督としてのキャリアをスタート。以来、リバプールやサウサンプトンFCを始め、トルコのガラタサライ、イタリアのトリノ、ポルトガルのSLベンフィカ、ブラックバーン・ローヴァーズFCなど、国外ビッグクラブから中堅クラブまで監督として幅広く指揮した。グレアム・スーネス フレッシュアイペディアより)

  • サム・アラダイス

    サム・アラダイスから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    現役引退後はブラックプールFC、ノッツ・カウンティFCを経て、1999年に古巣であるボルトンの監督に就任。2001-2002シーズンをディビジョン1(実質2部)3位で終えると、プレーオフの末プレミアリーグに昇格させる。その後2シーズンに渡る降格の危機を乗り越えると、2004-2005シーズンは6位になりUEFAカップ出場権を獲得し、活躍の舞台を欧州まで広げた。2007年、ボルトンと結んでいた10年契約を解除し、ニューカッスル・ユナイテッドの監督に就任。この移籍の理由にタイトルの獲得を挙げており、不振に喘ぐ古豪ニューカッスルをどのように復活させるか手腕が問われたが、2008年1月、成績不振を理由に解任された。2008年12月、ブラックバーン・ローヴァーズFCの監督に就任。サム・アラダイス フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ガルシア

    リチャード・ガルシアから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    コルチェスター側から新たな契約の申し出があったにもかかわらず、2007年7月2日にボスマン判決に則りフリー移籍でハル・シティAFCと3年契約を結んだ。2007年8月のプリマス・アーガイルFC戦で移籍後リーグ戦デビューをすると、次戦のクルー・アレクサンドラFC戦で初ゴールを決め3-0と勝利した。2008年4月に肩を負傷したにもかかわらず、中心選手として2007-08シーズンにクラブを昇格プレーオフへと押し上げた。このシーズンの注目すべきハイライトは、3月のバーンリーFC戦で35ヤードものシュートで、クラブのゴール・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。2008年5月の昇格プレーオフ決勝ブリストル・シティFCに勝利し、ガルシアは久しぶりにプレミアリーグの舞台へと戻ることになった。2008年8月16日の開幕戦フラムFC戦でベストポジションの右WGでスタメン出場した。次戦のイーウッド・パークでのブラックバーン・ローヴァーズFC戦では、ジェイソン・ロバーツに決められ一旦はリードされるも、2分後に同点ゴールを決め1-1で引き分けた。リチャード・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • フロラン・シナマ=ポンゴル

    フロラン・シナマ=ポンゴルから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    ブラックバーン・ローヴァーズFC 2006.1-2006.6 (Loan)フロラン・シナマ=ポンゴル フレッシュアイペディアより)

  • フロラン・シナマ=ポンゴル

    フロラン・シナマ=ポンゴルから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    フランスのクラブチーム、ル・アーヴルACのユースに所属し、2001年にプロデビュー。2003年に良き相棒であり、従兄弟のアンソニー・ル・タレクと共にリヴァプールFCへ移籍、当時の監督ラファエル・ベニテスにより重用されていた。本来はセンターフォワードだがリヴァプールではセカンドトップや右サイドとして起用されることが多かった。2006年1月にブラックバーン・ローヴァーズにレンタル移籍するも結果を残せず、同年にスペインのレクレアティーボ・ウェルバへ移籍金400万ユーロで移籍した。レクレアティーボでは2年連続で2桁得点を挙げ活躍、見事復活を遂げてチームの躍進に貢献した。2008年7月、移籍金1000万ユーロでアトレティコ・マドリードへ移籍。しかし出場機会が限られていたため、2009年12月に移籍金650万ユーロでポルトガルのスポルティング・リスボンへ移籍した。フロラン・シナマ=ポンゴル フレッシュアイペディアより)

160件中 41 - 50件表示

「ブラックバーン・ローバーズ」のニューストピックワード