160件中 51 - 60件表示
  • アラン・パーデュー

    アラン・パーデューから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    1987年、セカンドディビジョン(当時2部相当)のクリスタル・パレスFCと契約した。移籍金は7500ポンドが支払われた。1988-89シーズンには昇格プレーオフでブラックバーン・ローヴァーズFCを破ってフットボールリーグ・チャンピオンシップ(当時1部相当)昇格を果たした。1989-90シーズンのFAカップでは、ヴィラ・パークで行われた準決勝のリヴァプールFC戦(4-3)で決勝点を挙げた。決勝ではマンチェスター・ユナイテッドFCと対戦し、再試合の末に敗れて準優勝に終わった。アラン・パーデュー フレッシュアイペディアより)

  • ロビー・スレイター

    ロビー・スレイターから見たブラックバーン・ローバーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    1994-95シーズンに祖国イングランドのブラックバーン・ローバーズFCへ移籍。同シーズンに優勝を経験し、初めてプレミアリーグを制覇したオーストラリア人選手となった。1995年、と入れ替わる形でウェストハム・ユナイテッドFCへ60万ポンドで売却された。8月26日、1-1と引き分けたアウェーのノッティンガム・フォレストFC戦でデビューし、12月2日のアウェーで2-4と敗れた古巣ブラックバーン戦で移籍後初ゴールを決めた。ロビー・スレイター フレッシュアイペディアより)

  • FAプレミアリーグ1997-1998

    FAプレミアリーグ1997-1998から見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    1998-99シーズンからチャンピオンズリーグの出場権は2枠与えられ、アーセナル、準優勝のマンチェスター・ユナイテッドが翌シーズンのチャンピオンズリーグに出場することになった。UEFAカップの出場権は、3位のリヴァプール、5位のリーズ・ユナイテッド、6位のブラックバーン・ローヴァーズ、7位のアストン・ヴィラに出場権が与えられた。UEFAカップウィナーズカップ 1997-98で優勝し、リーグカップでも優勝した4位のチェルシーは、UEFAカップウィナーズカップ 1998-99にディフェンディングチャンピオンとして出場することになった。FAカップ決勝に進出したニューカッスル・ユナイテッドはUEFAカップウィナーズカップ 1998-99予選2回戦の出場権が与えられた。また、クリスタルパレスFCはインタートトカップの出場権が与えられた。FAプレミアリーグ1997-1998 フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・キューウェル

    ハリー・キューウェルから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2007-08シーズンを前に負傷によりチームを離脱し、また別の怪我も負いシーズン序盤の数ヶ月間を欠場したことにより、リヴァプールでの将来が不安視されるようになってしまった。10月31日に行われたカーリングカップのカーディフ・シティ戦に71分から交代で出場し、チームに復帰した。その後のプレミアリーグのブラックバーン戦とチャンピオンズリーグのベシクタシュ戦にも交代で出場した。彼の復帰後にラファエル・ベニテス監督はクラブの公式サイトで何人かのメンバーについてコメントし、キューウェルの契約については延長される場合もあると話し、多くの人たちは怪我なくシーズンを終えることが出来ればクラブに留まる機会を提供されるだろうと考えていたが、FAカップのバーンズリー戦で敗れた後にチームでの居場所を失ってしまった。ハリー・キューウェル フレッシュアイペディアより)

  • ミチェル・サルガド

    ミチェル・サルガドから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    34歳になろうとしていた2009年夏、プレミアリーグのブラックバーン・ローヴァーズFCのトライアルでのプレーがサム・アラーダイス監督の目に適い、8月19日に2年契約を結んだ。9月12日のウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦(3-1)でデビューし、10月27日のフットボールリーグカップ・ピーターバラ・ユナイテッドFC戦で初得点を決めた。2011年1月27日、35歳になっていたサルガドはクラブとの契約を延長した。ミチェル・サルガド フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・エマートン

    ブレット・エマートンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    フェイエノールトでは初年度から28試合に出場と活躍し、翌シーズンにはレギュラーを確保、チームとしては久々のUEFAカップ出場に貢献し、見事優勝にも貢献。(エマートン自身は出場停止のため決勝には出れなかった)この活躍からオセアニア年間最優秀選手賞に選ばれ、プレミアの数クラブから関心を持たれたものの残留。 2002-2003シーズンも主力として活躍。2003-2004シーズンにはブラックバーンへと移籍。主に右サイドバックとしてプレー、8シーズンにわたり主力として200試合以上に出場するなど活躍した。ブレット・エマートン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・カンチェルスキス

    アンドレイ・カンチェルスキスから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    1994-1995シーズン、マンチェスター・ユナイテッドはアラン・シアラーを要するブラックバーン・ローヴァーズの前にプレミアリーグで屈する。このシーズンのカンチェルスキスは故障がちであり、23試合の出場に留まるも、チーム得点王である14得点を挙げる。しかし、度重なるアレックス・ファーガソン監督との確執、チームの世代交代の思惑もあり、1995?1996シーズンにはエヴァートンに移籍した。アンドレイ・カンチェルスキス フレッシュアイペディアより)

  • マウロ・フォルミカ

    マウロ・フォルミカから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2006年からアルゼンチンのニューウェルズ・オールドボーイズに所属し、9月29日にデビューした。2011年1月31日、イングランドのブラックバーン・ローヴァーズFCに400万ユーロで移籍した。マウロ・フォルミカ フレッシュアイペディアより)

  • FAプレミアリーグ1994-1995

    FAプレミアリーグ1994-1995から見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    FAプレミアリーグ1994-95シーズンは、プレミアシップの3回目のシーズンである。ブラックバーン・ローヴァーズが初優勝(プレミアリーグ設立以前のフットボールリーグ優勝も含めると1913?14シーズン以来81年ぶりに3回目の優勝)を果たした。FAプレミアリーグ1994-1995 フレッシュアイペディアより)

  • ヌーノ・ゴメス

    ヌーノ・ゴメスから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2012年7月3日、フットボールリーグ・チャンピオンシップのブラックバーンにフリーで移籍。ヌーノ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

160件中 51 - 60件表示

「ブラックバーン・ローバーズ」のニューストピックワード