253件中 51 - 60件表示
  • コリン・カジム=リチャーズ

    コリン・カジム=リチャーズから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    オリンピアコスでオプションが行使されずにガラタサライへ復帰すると、移籍先を求めて7月にはイングランド1部のウェストハム・ユナイテッドFCのトライアルに参加してプレシーズンの親善試合に出場しており、最終的に負傷離脱中のレオン・ベストの代役として8月10日にイングランド2部のブラックバーン・ローヴァーズFCへ期限付き移籍(買い取りオプション付き)で合意した。初出場となったプレシーズンの親善試合におけるコーク・シティFC戦で2得点を挙げる印象を残し、2012-13シーズン開幕戦の8月18日にイプスウィッチ・タウンFC戦で初得点を挙げる好調な出だしを切った。コリン・カジム=リチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ファーガソン

    バリー・ファーガソンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    レンジャーズFCで活躍したを兄に持ち、16歳でレンジャーズと契約した。1997年5月にリーグデビューを飾り、翌シーズンにはスーパーサブとしてチームに貢献、さらに翌年にはレギュラーを奪取した。するとこのシーズンのリーグ、リーグカップ、カップ制覇と3冠の原動力になる。2002-03シーズンにも再び3冠に貢献、このシーズン後にブラックバーン・ローヴァーズFC移籍を果たした。すると2003-04シーズン開幕からレギュラーに定着、プレミアリーグにも馴染み、その活躍ぶりから栄光を掴むかと思われたが2003年末に膝蓋骨を骨折し残り試合を棒に振った。翌シーズンにはレンジャーズへと戻り再び活躍を見せた。バリー・ファーガソン フレッシュアイペディアより)

  • ガリー・パリスター

    ガリー・パリスターから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    マンチェスター・ユナイテッドでは、スティーヴ・ブルースとクラブ史上最高とも言われるパートナーシップを形成し、1992-93シーズンにはクラブ史上初のプレミアリーグのタイトル獲得に多大な貢献をした。そのシーズンの最後のホームゲームであるブラックバーン戦では、「優勝も既に決まっていたし、彼に蹴らせてあげようとみんなで決めた」と言うフリーキックを決め、シーズン初ゴールを記録している。ガリー・パリスター フレッシュアイペディアより)

  • モハマド・ナスリル・ヌルディン

    モハマド・ナスリル・ヌルディンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2006年にはマレーシアサッカー協会選定の最優秀ゴールキーパー賞にノミネートされた。ノミネートされたのは三人で彼とモハマド・シャムスリ・ムスタファ、アジゾン・アブドゥル・カディルであった。受賞したのはシャムスリで彼は受賞を逃した。同年9月、イングランドのブラックバーン・ローヴァーズFCが彼を追っていた事が明らかになった。ブラックバーン・ローヴァーズのスカウト、マイク・リグスは彼をトライアルに呼びたがっているとの内容であった。しかし、プレミアリーグで戦う為にはマレーシア代表のFIFAランキングが70位以内で無ければならなかったが、マレーシア代表のランキングは154位であった。結局2007年4月にこの話は潰えた。モハマド・ナスリル・ヌルディン フレッシュアイペディアより)

  • マセオ・リフテルス

    マセオ・リフテルスから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    ブラックバーン・ローヴァーズFCとの契約満了後、Aリーグに所属するウェリントン・フェニックスFCに10日間のテスト生として入団。前年王者のブリスベン・ロアーFCとのプレシーズンマッチに出場しチーム唯一のゴールを決めた(試合は1-5で敗れた)が、本契約を締結することは出来なかった。最終的にAリーグのゴールドコースト・ユナイテッドFCと契約すると同クラブで2シーズンを過ごし、2014-15シーズンからはZSGOWMSへ加入し母国に復帰した。マセオ・リフテルス フレッシュアイペディアより)

  • アラン・パーデュー

    アラン・パーデューから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    1987年、セカンドディビジョン(当時2部相当)のクリスタル・パレスFCと契約した。移籍金は7500ポンドが支払われた。1988-89シーズンには昇格プレーオフでブラックバーン・ローヴァーズFCを破ってフットボールリーグ・チャンピオンシップ(当時1部相当)昇格を果たした。1989-90シーズンのFAカップでは、ヴィラ・パークで行われた準決勝のリヴァプールFC戦(4-3)で決勝点を挙げた。決勝ではマンチェスター・ユナイテッドFCと対戦し、再試合の末に敗れて準優勝に終わった。アラン・パーデュー フレッシュアイペディアより)

  • シュルーズベリー・タウンFC

    シュルーズベリー・タウンFCから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2007年に現在のプロスター・スタジアムにホームを移すまでの97年間、国内のありとあらゆるリーグに所属する全クラブと、リーグ戦、カップ戦、および親善試合で対戦しているが、唯一、対戦記録がないのがトッテナム・ホットスパーFCである。1993-1994シーズンのイングランド・リーグ杯で当時、強豪だったブラックバーン・ローヴァーズFCを追い込み、勝てばトッテナムとの対戦という局面を迎えたものの、エクストラ・タイムで失点を重ね4-3で敗北。クラブ創設以来、未だに試合をしていない。シュルーズベリー・タウンFC フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ヒックマン

    マイケル・ヒックマンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    1974年3部のブラックバーン・ローヴァーズFCに移籍し、同シーズン3部優勝、翌1975-76シーズンは2部でプレーした。マイケル・ヒックマン フレッシュアイペディアより)

  • ステファノ・エラーニオ

    ステファノ・エラーニオから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    1997年、契約満了のため自由移籍でイングランドのダービー・カウンティFCへ移籍し、1997年8月9日のブラックバーン・ローヴァーズFC戦でデビューした。同年にダービーはホームスタジアムを102年間使用したからプライド・パーク・スタジアムに移転し、新スタジアムで最初の試合となった1997年8月30日のバーンズリーFC戦では初の得点を記録した。その後エラーニオは2000-2001年を限りでの引退を表明していたが、マネージャーのの説得を受けたため現役を続行した。しかしそのスミスが懐古されるとエラーニオはダービーを離れ、母国イタリアのセリエC2のACプロ・セストでプレイングマネージャーを務めた後、2003年に引退した。ステファノ・エラーニオ フレッシュアイペディアより)

  • スティリアン・ペトロフ

    スティリアン・ペトロフから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2009年夏にはキャプテンのマルティン・ラウルセンが現役引退し、後任のギャレス・バリーが急遽マンチェスター・シティFCに移籍したため、スティリアンがキャプテンに就任した。2010-11シーズン開幕戦のウェストハム戦 (3-0) では移籍後5得点目となる得点を決めた。2010年10月23日にスタジアム・オブ・ライトで行われたサンダーランド戦 (0-1) で膝を負傷したが、12月26日のトッテナム戦 (2-1) で後半にジョナサン・ホッグと代わって出場して復帰した。2011年2月26日、ブラックバーン戦 (4-1) の76分にロベール・ピレスとの交代で途中出場してプレミアリーグ通算150試合出場を達成した。スティリアン・ペトロフ フレッシュアイペディアより)

253件中 51 - 60件表示

「ブラックバーン・ローバーズ」のニューストピックワード