160件中 61 - 70件表示
  • グレアム・ル・ソー

    グレアム・ル・ソーから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    ジャージー島にあるセント・ポールスというチームから1987年にチェルシーに移籍。1990-91シーズンからレギュラーに定着する。しかし監督のイアン・ポーターフィールドと対立してしまい1993年3月にブラックバーン・ローヴァーズに移籍。すぐさまポジションを獲得し1994年3月9日デンマーク戦でイングランド代表デビューを果たす。グレアム・ル・ソー フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ネルセン

    ライアン・ネルセンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2005年1月6日にプレミアリーグのブラックバーン・ローヴァーズFCに入団。ディフェンスの立て直しに成功し3年間の契約延長に合意。ブラックバーンの援助もあり就労ビザの取得に成功(サッカーニュージーランド代表はFIFAランク70位以降のため就労許可が得られなかった)。2006年度オセアニア年間最優秀選手賞を受賞。2006年 - 2007年シーズンはハムストリングの損傷により出場機会を減らすが2007年に復帰。2007年よりブラックバーンの主将に就任。同年、クラブと5年間の契約延長に合意。2009年4月26日の対ウィガン戦でプレミアリーグ初ゴールを記録。ライアン・ネルセン フレッシュアイペディアより)

  • ロビー・ファウラー

    ロビー・ファウラーから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2008年9月に移籍したブラックバーン・ローヴァーズFCではリーグ戦3試合0得点に終わり、12月に自由契約となった。ロビー・ファウラー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・ウォーノック

    スティーヴン・ウォーノックから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2007年1月23日にブラックバーン・ローヴァーズに移籍した。2008-2009シーズン前半戦はポール・インス監督によって中盤の底で起用される事が多かった。シーズン後半に入り、監督がサム・アラダイスに変わってからは本来の左SBでの出場に戻ったが、ブラックバーンが元フランス代表DFガエル・ジヴェをレンタルで獲得したことによって、再び中盤での起用が増えた。スティーヴン・ウォーノック フレッシュアイペディアより)

  • マット・ダービーシャー

    マット・ダービーシャーから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2003年にグレート・ハワードタウンFCのユースチームからブラックバーン・ローヴァーズFCへ移籍し、2004年にトップチームデビュー。すぐにイングランドの他チームへレンタル移籍し、2005-06シーズンはレクサムFCで16試合に出場し10ゴールを挙げるなど経験を積む。2006-07シーズンからはブラックバーンに戻り、2007年1月1日にはウィガン・アスレティックFC戦でトップチーム初ゴールを挙げると、1月20日のマンチェスター・シティFC戦でプレミアリーグ初ゴールを挙げた。3シーズンの間ブラックバーンの主力としてプレーし、2009年1月にギリシャのオリンピアコスFCへレンタル移籍。ここで途中加入で16試合の出場ながら11ゴールを挙げる活躍を見せ、オリンピアコスのリーグ、カップ戦の2冠に貢献した。シーズン終了後、移籍金300万ユーロの4年契約でオリンピアコスに完全移籍した。マット・ダービーシャー フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・ホイレット

    デイヴィッド・ホイレットから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    ブラックバーン・ローヴァーズFCのユースチームでキャリアをスタートさせ、2007年、ドイツのSCパーダーボルン07にレンタル移籍した。キッカーズ・オッフェンバッハ戦でプロデビューした。5月18日、ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦でプロ初ゴールを記録した。2012年7月27日、クイーンズ・パーク・レンジャーズFCに移籍。デイヴィッド・ホイレット フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・マクリーシュ

    アレックス・マクリーシュから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    イングランド・プレミアリーグのバーミンガム・シティFCは、スコットランドサッカー協会(SFA)に対してマクリーシュとの交渉の許可を求めたが、この申し出はSFAによって拒否された。しかし、11月27日に2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選の組分け抽選会から戻ったマクリーシュは、スコットランド代表監督を辞任し、その翌日に3年半契約でのバーミンガム監督就任を発表した。スコットランド代表でマクリーシュのアシスタントコーチを務めたロイ・エイトキンとアンディ・ワトソンも付き従った。マクリーシュは「毎日選手と一緒にいる仕事に戻りたかったし、イングランド・プレミアリーグの監督就任への欲求は常に心に抱いていた」と語った。トッテナム・ホットスパーFC戦が初采配試合となり、アウェーで3-2の勝利を収めた。2008年1月の移籍市場では構想外の数選手を放出して補強資金を捻出し、デヴィッド・マーフィーとJ・マクファディンを完全移籍で獲得したほか、U-20アルゼンチン代表のマウロ・サラテをレンタル移籍で獲得。シーズン最終節ではブラックバーン・ローヴァーズFCに4-1で大勝したが、バーミンガムは降格を回避できなかった。2008年夏には裏方スタッフの配置換えや練習方法の変更などを行った。デヴィッド・ワトソンがキーパーコーチに就任したほか、スカウト組織を丹念に調べ、比較的無名だったディディエ・ドログバをウェストハム・ユナイテッドFCに推薦した(契約には至らなかった)ことで知られるポール・モンゴメリーを海外選手のリクルート用に招聘した。2008-09シーズンは最終節まで昇格争いがもつれたが、シーズン最終節、昇格を争うライバルのレディングFCに2-1で勝利してプレミアリーグ昇格を決めた。2009年後半から2010年1月中旬にかけて、トップリーグではクラブ新記録となる12戦無敗を記録し、また9試合続けて同じスターティングメンバーを選んでプレミアリーグ記録を作った 。2009年12月にはバーミンガムの監督として初めてリーグの月間最優秀監督に選出された。アレックス・マクリーシュ フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ショウクロス

    ライアン・ショウクロスから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2003-04シーズンには、マンチェスター・ユナイテッドのU-17のチームで22試合に出場し、ノッティンガム・フォレスト戦、ブラックバーン・ローヴァーズ戦でゴールを挙げた。ライアン・ショウクロス フレッシュアイペディアより)

  • ジョセ・バクスター

    ジョセ・バクスターから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    プレミアデビューは08-09シーズン開幕戦のブラックバーン戦で、後半33分にヌーノ・ヴァレンテに代わって出場した。これにより、ジェームズ・ヴォーンが保持していたクラブ最年少出場記録を塗り替える事になった。(16歳と191日)ジョセ・バクスター フレッシュアイペディアより)

  • ケヴィン・ペッツォーニ

    ケヴィン・ペッツォーニから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    SVダルムシュタット98、アイントラハト・フランクフルト、ブラックバーン・ローヴァーズFCのユースを経て、2008年1月にドイツ・ブンデスリーガの1.FCケルンに入団。ケヴィン・ペッツォーニ フレッシュアイペディアより)

160件中 61 - 70件表示

「ブラックバーン・ローバーズ」のニューストピックワード