253件中 61 - 70件表示
  • ジョーイ・オブライエン

    ジョーイ・オブライエンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2008-09シーズン開幕前にイバン・カンポが以前使用していた背番号8を渡され、メグソン監督から「最高の選手になれる可能性がある」と期待を寄せられてスタートを切ることになったが、2008年10月18日のブラックバーン・ローヴァーズFC戦を最後に膝の負傷からシーズン残りを欠場し、翌2009-10シーズンも欠場が続く状況にありながらもクラブから信頼を寄せられ、2009年10月29日に契約を2011年夏まで延長しているが、最終的にシーズン全体を欠場した。2010-11シーズンも未出場が続いた後、2011年3月9日にリザーブでのチェルシーFC戦で遂に復帰を果たしたものの、トップチームの試合に出られず、3月24日にフットボールリーグ1のシェフィールド・ウェンズデイへ再び貸し出されると、26日のダゲナム・アンド・レッドブリッジFC戦での初出場を含め4試合に出場した。シーズン終了後の契約満了に伴いボルトンを退団となった。ジョーイ・オブライエン フレッシュアイペディアより)

  • ブラックバーン (イングランド)

    ブラックバーン (イングランド)から見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    プレミアリーグに所属するブラックバーン・ローヴァーズFCのホームグラウンドであるイーウッド・パークがある。ブラックバーン (イングランド) フレッシュアイペディアより)

  • ソメン・チョイ

    ソメン・チョイから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2010年夏の初旬にブラックバーン・ローヴァーズFC、フラムFC、ウォルバーハンプトン・ワンダラーズFCとプレミアリーグの複数クラブからの興味が報じられていたが、8月20日に労働許可証など長期の手続きを経て、同リーグに新昇格したウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCへ2年契約で移籍した。同月29日のリヴァプールFC戦(0-1)に途中出場の形でデビューし、10月26日にオールド・トラッフォードでのマンチェスター・ユナイテッドFC戦で初得点を挙げた。2010-11シーズン最終節、セント・ジェームズ・パークでのニューカッスル・ユナイテッドFC戦で3-0と苦しい状況の中でハットトリックを挙げ、引き分けに持ち込む活躍を見せた。ソメン・チョイ フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・ハント

    スティーヴン・ハントから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2010年6月21日にプレミアリーグのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCと3年契約を締結する。ハル時代の足の負傷が完治していなかったために数ヶ月合流が遅れた末、10月23日のチェルシー戦で後半から初出場を飾り、11月27日のサンダーランド戦 (3-2) で初得点を挙げた。2011年の初旬から、ふくらはぎやヘルニアの負傷から最大3ヶ月の離脱となる苦しい時期を経て2010-11シーズン残り5試合で復帰を果たすと、最終節のブラックバーン・ローヴァーズFC戦 (2-3) で試合残り3分に得点を挙げており、チームは敗れたものの、降格圏内にいるバーミンガム・シティFCとブラックプールFCが共に敗北したことで勝ち点差僅か1で残留を果たした。スティーヴン・ハント フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ジョンソン (サッカー選手)

    アダム・ジョンソン (サッカー選手)から見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2011-12シーズン前の親善試合ダブリン・スーパーカップでのインテルナツィオナーレ・ミラノとリーグ・オブ・アイルランド11を相手(共に3-0)にそれぞれ得点を挙げる等、新シーズンに向けて好調さを見せると、スウォンジ・シティFCとの開幕戦 (4-0) では、シュートをミシェル・フォルムに一旦弾かれるも、エディン・ジェコが詰め込み得点を挙げたことでアシストを記録し、イーウッド・パークでのブラックバーン・ローヴァーズFC戦 (4-0) でゴール上隅へカーブをかけたシュートを放ち、先制点にして今季初得点を挙げ、続くアストン・ヴィラ戦 (4-1) でも得点した。2011年10月26日にフットボールリーグカップのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦 (5-2) で得点を挙げて勝利に貢献し、その3日後にリーグ戦でのウルヴァーハンプトン戦 (3-1) でも得点した。リーグカップでのアーセナルFC戦 (1-0) でセルヒオ・アグエロの決勝点をアシストし、ノリッジ・シティFC戦 (5-1) で途中出場から今季5得点目を記録。12月1日のストーク・シティFC戦 (3-0) 、4月14日のキャロウ・ロードでのノリッジ・シティ戦 (6-1) でも得点し、公式戦7得点でシーズンを終了した。アダム・ジョンソン (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • フロラン・シナマ=ポンゴル

    フロラン・シナマ=ポンゴルから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    フランスのクラブチーム、ル・アーヴルACのユースに所属し、2001年にプロデビュー。2003年に良き相棒であり、従兄弟のアンソニー・ル・タレクと共にリヴァプールFCへ移籍、当時の監督ラファエル・ベニテスにより重用されていた。本来はセンターフォワードだがリヴァプールではセカンドトップや右サイドとして起用されることが多かった。2006年1月にブラックバーン・ローヴァーズFCにレンタル移籍するも結果を残せず、同年にスペインのレクレアティーボ・ウェルバへ移籍金400万ユーロで移籍した。レクレアティーボでは2年連続で2桁得点を挙げる活躍で、チームの上位進出に貢献した。2008年7月、移籍金1000万ユーロでアトレティコ・マドリードへ移籍。しかし出場機会が限られていたため、2009年12月に移籍金650万ユーロでポルトガルのスポルティングCPへ移籍した。その後スペインのレアル・サラゴサやスコットランドのダンディー・ユナイテッドFCを経由し、タイ・プレミアリーグのチャイナートFCへの移籍を発表した。フロラン・シナマ=ポンゴル フレッシュアイペディアより)

  • エンリケ・イラーリオ

    エンリケ・イラーリオから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2季目は、再びチェフとクディチーニに次ぐ3番手としてスタートを切ったが、イーウッド・パークでのブラックバーン・ローヴァーズFC戦中にチェフが股関節を痛めたことで途中出場をし、ニューカッスル・ユナイテッドFC戦とフラムFC戦(共に2-1勝利)で先発起用された。2008年4月8日、UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08のフェネルバフチェSKとの準決勝第2戦(ホーム2-0勝利, 2試合合計3-2)でクディチーニが怪我を負ったことで途中出場している。エンリケ・イラーリオ フレッシュアイペディアより)

  • ヘニング・ベルグ

    ヘニング・ベルグから見たブラックバーン・ローバーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    エイズボルに生まれたベルグは、イングランドへ渡る前に母国のヴォレレンガ・フォトバル、リールストレームSKでプレイしていた。1992年10月14日にブラックバーン・ローバーズFCのケニー・ダルグリッシュ監督はトーレ・ペデルセンを勧誘するため、ウェンブリー・スタジアムでのイングランド対ノルウェーを視察に向かった。同試合では目当てのペデルセンはベルグと負傷交代してしまったが、そのベルグのプレイに感銘を受けたことでオファーをし、1992-93シーズン途中の1993年1月に移籍金40万ポンドでイングランド1部のブラックバーン・ローヴァーズと契約した。ヘニング・ベルグ フレッシュアイペディアより)

  • ヴラティスラフ・グレシュコ

    ヴラティスラフ・グレシュコから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2002年には同じイタリアのパルマFCへ移籍するが出場機会に恵まれず、イングランド・プレミアリーグのブラックバーン・ローヴァーズへ移籍した。左サイドバックの適任者を探していた当時の監督グレアム・スーネスの信頼を得たが、2004年12月に前十字靭帯を損傷すると戦線を離脱した。ヴラティスラフ・グレシュコ フレッシュアイペディアより)

  • マット・ル・ティシエ

    マット・ル・ティシエから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    1986年9月2日のプロデビュー以降の16シーズン、サウサンプトンで出場した公式戦は合計で540試合に上り、その中で209のゴールを挙げた。ペナルティーキックを蹴る機会が49回あったが、外したのはたった1回のみである。1993-94シーズンは低迷するチームにあって、計30得点を挙げ孤軍奮闘した。また翌1994-95シーズン、対ブラックバーン戦(1994年12月10日)で見せた40ヤード弾は、イギリスBBC『Match of the Day』が選ぶ年間最優秀ゴール賞 (Goal of the Season) に選ばれた。マット・ル・ティシエ フレッシュアイペディアより)

253件中 61 - 70件表示

「ブラックバーン・ローバーズ」のニューストピックワード