160件中 71 - 80件表示
  • デヴィッド・ベントリー

    デヴィッド・ベントリーから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    アーセナルユース出身のプレーヤー。2001年にアーセナルに入団したが芽が出ず、アーセン・ヴェンゲル監督に見限られながらも、2004-2005シーズンにレンタル先のノリッジ・シティで頭角を現わした。そして、移籍先のブラックバーン・ローヴァーズとイングランドU-21代表の主力となった。デヴィッド・ベントリー フレッシュアイペディアより)

  • アダム・フェデリチ

    アダム・フェデリチから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    4月1日、0-1で敗れたトッテナム・ホットスパーFC戦で正GKのマーカス・ハーネマンが腰を負傷したことにより、ハーネマンに代わり後半から出場しリーグデビューを果たした。また、3-3で引き分けたブラックバーン・ローヴァーズFC戦でハーネマンが手を負傷したことにより、後半から出場した。アダム・フェデリチ フレッシュアイペディアより)

  • ブラックバーン (イングランド)

    ブラックバーン (イングランド)から見たブラックバーン・ローバーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    プレミアリーグに所属するブラックバーン・ローバーズのホームグラウンドであるイーウッド・パークがある。ブラックバーン (イングランド) フレッシュアイペディアより)

  • ポール・インス

    ポール・インスから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2008-2009シーズン開幕前、ブラックバーンの監督に就任。インスはプレミアリーグで指揮を執るのに必要なUEFAプロライセンスを取得していないが、ブラックバーン側の申請によりプレミアリーグ協会は、2年以内にライセンスを取得するのを前提に特例を認めていた。イングランド人の黒人監督がプレミアリーグのチームを率いるのは史上初めてのことであり、その躍進が期待されていたが、2008年12月16日、成績不振を理由にブラックバーンから解雇された。ポール・インス フレッシュアイペディアより)

  • フラン・メリダ

    フラン・メリダから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2007年3月4日、17歳の誕生日にアーセナルFCと正式な契約を結んだ。2006年8月、ボレアム・ウッドFCとのプレシーズンマッチでトップチームデビューし、その試合で得点を挙げている。公式戦のデビュー戦は、2007年9月25日に行われたカーリングカップ3回戦のニューカッスル戦(2-0)であり、メリダはこの試合の91分に途中出場している。同大会4回戦のシェフィールド・ユナイテッドFC戦(3-0)、準々決勝のブラックバーン戦(3-2)にも途中出場した。2008年4月3日、メリダはアーセナルとの契約を延長し、アーセナルでの未来を確かなものとしたが、契約期間は公表されていない。彼はメリダのことを「まったく驚嘆すべき選手だ」と表現したアーセン・ベンゲル監督に、チームでより重要な役割を担うことを期待された。フラン・メリダ フレッシュアイペディアより)

  • ドニエベル・アレシャンデル・マランゴン

    ドニエベル・アレシャンデル・マランゴンから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    2011年7月15日、リヴァプールFCへ移籍。移籍後はホセ・マヌエル・レイナの控えを務めている。2012年4月1日のニューカッスル・ユナイテッド戦でレイナが退場処分を受けたため、4月7日のアストン・ヴィラ戦でプレミアデビューを飾った。しかし、4月10日のブラックバーン・ローヴァーズ戦で今度は自身が相手MFデイヴィッド・ホイレットを倒して一発退場となってしまった。ドニエベル・アレシャンデル・マランゴン フレッシュアイペディアより)

  • プレミアリーグ

    プレミアリーグから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    創設から2011 - 12シーズンまでの20シーズンのうち、優勝経験があるのはアーセナル、ブラックバーン・ローヴァーズ、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティの5クラブのみ。最も好成績を残しているのはマンチェスター・Uで、20シーズンでリーグ優勝12回、また3連覇を成し遂げた唯一のクラブである。近年では、マンチェスター・U、チェルシー、アーセナル、リヴァプールの4クラブが毎年優勝争いを繰り広げていることから「ビッグ4」と呼ばれてきているが、2010年からは、それらのチームにトットナムやマンチェスター・シティを加えた「ビッグ6」になりつつある。2011年5月、1992年のプレミアリーグ創設から数えて12度目の優勝をマンチェスター・Uが果たした。この結果フットボールリーグ時代の7度の優勝と合わせて19回目の優勝となり、イングランドのトップリーグでの最多優勝チームとなった。優勝チームは翌シーズン、袖に刺繍されている獅子のロゴが金色になる(通常は紺)。プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・ジルコフ

    ユーリ・ジルコフから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    少年時代はブラックバーン・ローヴァーズFCのファンだった。ユーリ・ジルコフ フレッシュアイペディアより)

  • 曲波 (サッカー選手)

    曲波 (サッカー選手)から見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    その翌年、FIFAワールドカップにも出場を果たす。この大会での活躍によりプレミアリーグのトッテナム・ホットスパーFCが獲得を目指したが、労働ビザが下りず移籍が破談となった。半年後の2003年1月、当時小野伸二が所属していたフェイエノールトの入団テストに参加するが、入団は認められなかった。さらにその9ヶ月後の2003年10月ブラックバーン・ローヴァーズFCの入団テストに参加するが、またしても入団は認められなかった。その後は怪我や甲状腺機能亢進症により、アジアカップやアテネ五輪サッカーアジア予選などに参加できていない。曲波 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ニール

    ルーカス・ニールから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    1995年11月、イングランドのミルウォールFCでプロキャリアをスタートさせた。2月17日のルートン・タウンFC戦でデビューを果たし、その後6年間所属し、174試合で13得点を記録した。ニールはミルウォールに最も長く在籍したプレーヤーであったが移籍を希望し、2001年9月、ブラックバーン・ローヴァーズFCに移籍した。開幕戦のサンダーランドAFC戦でデビューを果たし、ボルトン・ワンダラーズFC戦で初ゴールを決めた。その後右サイドバックとしてレギュラーを獲得した。2006年8月4日、ブラックバーンはニールとの契約を更新しないことを発表した。ルーカス・ニール フレッシュアイペディアより)

160件中 71 - 80件表示

「ブラックバーン・ローバーズ」のニューストピックワード