160件中 81 - 90件表示
  • リカルド・ファティ

    リカルド・ファティから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    セリエAでの1シーズン目は満足のいくものだったが、より出場機会を得るために2年のローン契約でドイツ・ブンデスリーガのバイエル・レバークーゼンに貸し出された。しかし、レバークーゼンでの出番は僅かなものとなり、2008年1月に2008-09シーズン終了までの期間でフランス・2部のFCナントへ貸し出され、1部昇格に貢献。ローン期間終了後にローマに復帰し、ボランチや右サイド等でプレーしたが徐々に出場機会が減っていった。シーズン終了してから、2010年7月31日にイングランド・プレミアリーグのブラックバーン・ローヴァーズFCのトライアルに参加していることが報告されたが、最終的にギリシャのアリス・テッサロニキに完全移籍した。リカルド・ファティ フレッシュアイペディアより)

  • DJ・キャンベル

    DJ・キャンベルから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    → 2013.2- ブラックバーン・ローヴァーズFC(ローン移籍)DJ・キャンベル フレッシュアイペディアより)

  • クリス・サットン

    クリス・サットンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    1994年7月、当時最高額であった500万ポンド(約8億円)でブラックバーン・ローヴァーズFCへと移籍する。そこでアラン・シアラーとのコンビは「SAS」(SASとSutton And Shealerをかけたもの)の愛称で親しまれ、クラブに約90年ぶりのタイトルをもたらした。クリス・サットン フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・アンデション

    パトリック・アンデションから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    1989年、マルメFFに入団。1992年1月29日のオーストラリア戦で代表デビューを果たすと、1992-1993シーズンはFAプレミアリーグ・ブラックバーンでプレー。翌シーズンからはボルシアMGへ移籍。1994年のアメリカW杯では守備の要として活躍をみせ、3位入賞を果たす原動力となった。パトリック・アンデション フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・フォーゲル

    ヨハン・フォーゲルから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    2005-2006シーズンはACミランでプレーするも出場機会に恵まれず、レアル・ベティスに移籍した。しかし2007-2008シーズンには出場機会がなかったことから2007年12月にベティスを退団し、翌年3月にブラックバーンに入団した。しかしここでも満足な出場機会は得られず、2008-2009の冬の移籍シーズンに契約を解除、自由契約となった。ヨハン・フォーゲル フレッシュアイペディアより)

  • エリック・エドマン

    エリック・エドマンから見たブラックバーン・ローバーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    EURO2008予選ではレギュラーとして12試合中10試合に出場したが、2008年3月22日のブラックバーン・ローバーズFC戦で、左膝十字靭帯を断裂し、全治6か月と診断され、EURO2008の出場を逃した。以降代表から招集されることはなく、ラーシュ・ラーゲルベック監督の退任を機に代表から完全にフェードアウトした。エリック・エドマン フレッシュアイペディアより)

  • シャバニ・ノンダ

    シャバニ・ノンダから見たブラックバーン・ローヴァーズブラックバーン・ローヴァーズFC

    ブラックバーン・ローヴァーズ 2006-2007 (ローン移籍)シャバニ・ノンダ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・オーイェル

    アンドレ・オーイェルから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    アヤックスの下部組織の出身。中堅クラブでキャリアを積み、1998年にライバルのPSVへ加入。1998 FIFAワールドカップのエントリーメンバー(出場はなし)ではあるが、1999年6月のブラジル戦でオランダ代表デビュー。2006 FIFAワールドカップにはレギュラーとして出場した。2006年から2009年まではイングランドのブラックバーン・ローヴァーズFCでプレーし、2009年夏にPSVに舞い戻った。2010年8月1日、アヤックスへ16年ぶりの復帰を果たした。2012年5月2日のVVVフェンロー戦をもって現役を引退した。アンドレ・オーイェル フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアルド・ダ・シルヴァ

    エドゥアルド・ダ・シルヴァから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    アーセナルでは2007年8月19日のブラックバーン・ローヴァーズFC戦でデビュー。同年9月19日のUEFAチャンピオンズリーグ、グループリーグのスパルタ・プラハ戦で移籍後初ゴールを記録。ロビン・ファン・ペルシーの怪我以降はレギュラーとして活躍した。エドゥアルド・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ダン

    リチャード・ダンから見たブラックバーン・ローヴァーズFCブラックバーン・ローヴァーズFC

    一方でクラブのオーナーとスヴェン・ゴラン・エリクソン監督の不和がささやかれるようになった為、クラブの先行きは不透明なものとなり、これに不信感を抱いたダンとクラブの契約延長交渉は暗礁に乗り上げた。ダンの移籍は確定かと思われ、ポーツマスはダン獲得の意思を公にしたが、新たにブラックバーン・ローヴァーズFCから引き抜かれたマーク・ヒューズ監督が着任すると、間もなくダンはシティとの契約を4年間延長した。リチャード・ダン フレッシュアイペディアより)

160件中 81 - 90件表示

「ブラックバーン・ローバーズ」のニューストピックワード