113件中 91 - 100件表示
  • イェンス・レーマン

    イェンス・レーマンから見たブラックプールFCブラックプールFC

    2011年3月16日、ゴールキーパーに怪我人が続出する緊急事態に陥っていた古巣のアーセナルがレーマンに目をつけ、獲得を打診。レーマンはこれを承諾し、9か月ぶりに現役復帰した。4月10日のブラックプールFC戦で久々の出場を果たすと、3-1での勝利に貢献した。イェンス・レーマン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・フラナガン (サッカー選手)

    ジョン・フラナガン (サッカー選手)から見たブラックプールFCブラックプールFC

    ブラックプールFC所属のブラッドリー・オーの甥である。ジョン・フラナガン (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ベアード

    クリス・ベアードから見たブラックプールFCブラックプールFC

    マルティン・ヨルが新監督に就任した2011-12シーズンは不本意なものに終わった。シーズン当初は出場機会を得ることに苦労し、好調であった右サイドバックのスティーヴン・ケリーが故障したことはチャンスであった。しかしベアードのユーティリティ性故にベンチに座ることが殆どであり、センターハーフ、右サイドバック、時にはセンターバックの優秀な控えという立ち位置であった。翌シーズンは、ケリーの不振やマアマドゥ・ディアッラの故障に加えマーフィーやデンベレ、エトゥフの移籍によりスティーヴ・シドウェルとセンターハーフでコンビを組みレギュラーの座を掴んだ。2012年10月11日のアストン・ヴィラFC戦で113試合振りにゴールを決め1-0で勝利し、翌週のレディングFCと3-3のドローとなった試合でもヘディングシュートを決めた。シーズン終了後、クラブは選手を大量放出しベアードはその12人の一人としてフラムを退団した。クイーンズ・パーク・レンジャーズFCやブラックプールFC、ボルトン・ワンダラーズFCといったクラブへの関心が報道された。クリス・ベアード フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・オーウェン

    マイケル・オーウェンから見たブラックプールFCブラックプールFC

    2012年9月4日にストーク・シティFCへの加入が発表された。2013年1月19日のリーグ第23節スウォンジー・シティ戦で移籍後初得点を挙げた。オーウェンにとってリーグでの得点は2010-11シーズンの最終節が行われた2011年5月22日のブラックプールFC以来1年7か月ぶりであった。マイケル・オーウェン フレッシュアイペディアより)

  • ポール・インス

    ポール・インスから見たブラックプールFCブラックプールFC

    息子はブラックプールFCに所属するトーマス・インス。ポール・インス フレッシュアイペディアより)

  • スコット・パーカー

    スコット・パーカーから見たブラックプールFCブラックプールFC

    2010-11シーズンは最初の6試合で3ゴールを挙げるスタートを切り、ここ2、3年の間ですべてのイングランド人の中盤の選手の中でも最もコンスタントな活躍をしている選手であると広く考えられるようになった。イングランドのサポーターや監督であったアヴラム・グラントからはイングランド代表に招集し、レギュラーとして起用するべきだという声が上がるようになった。カールトン・コールは2011年2月12日に行われたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦で0-3とリードされて迎えたハーフタイムに行ったパーカーの激励を賞賛し、「もしあなたがあの場所にいたらきっと涙していただろう。」と話した。その試合では後半にウェストハムが3ゴールを挙げ3-3で引き分けた。ブラックプール戦やリヴァプールFC戦での活躍が評価され、2011年2月の月間最優秀選手に選ばれた。スコット・パーカー フレッシュアイペディアより)

  • セオ・ウォルコット

    セオ・ウォルコットから見たブラックプールFCブラックプールFC

    2008-09シーズンからは、アンリがアーセナルで着けていた背番号14を受け継ぐ。2010-11シーズンの第2節ブラックプールFC戦ではプレミアリーグ初のハットトリックを記録するなどリーグ戦9ゴールを記録した。2012-13シーズンの序盤は契約延長問題でベンチスタートが多かったが、ここまでリーグ戦11ゴール、公式戦18ゴールとキャリアハイの数字を叩き出している。また、キャピタル・ワン・カップでは大会通算5得点を記録し得点王となった。第20節のニューカッスル・ユナイテッド戦ではプレミアリーグ2回目のハットトリックを記録した。2013年1月には週給10万ポンド、期間は3年半の契約延長の合意が発表された。セオ・ウォルコット フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼフ=デジレ・ジョブ

    ジョゼフ=デジレ・ジョブから見たブラックプールFCブラックプールFC

    2007年夏にOGCニースに2年契約で加入。2008年6月22日にサンデー・ミラー紙は、自由移籍でイングランド2部のブラックプールFCと契約すると報じたが、実現せずにに移籍した。ジョゼフ=デジレ・ジョブ フレッシュアイペディアより)

  • ケヴィン・フィリップス

    ケヴィン・フィリップスから見たブラックプールFCブラックプールFC

    その後は怪我の影響もあって精彩を欠き、クラブも2002-2003シーズンにフットボールリーグへ降格した。その後はサンダーランドを離れ、サウサンプトンFCへ移籍。所属した2年間で公式戦26得点をあげるが、2年目にチームは降格した。2005-2006シーズンはアストン・ヴィラFCへ移籍したが、23試合出場4得点に留まった。シーズン終了後、2部のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCへ移籍。バーミンガム・シティFCではスーパーサブとしてプレー、2009-10シーズン・アーセナル戦でキャリア250ゴール目を記録した。2010-11シーズンを以って契約満了のためクラブを退団。2011-12シーズンより2部に降格したブラックプールFCへ移籍。38歳ながらクラブではエースとして君臨し、チーム最多の16ゴールをマークした。2012-13シーズン途中にクリスタル・パレスFCへローン移籍。昇格プレーオフ決勝で延長後半にPKで唯一の得点を挙げ、クラブを昇格に導いた。シーズン後、クラブと1年契約を締結し、プレミアリーグではゴードン・ストラカン、テディ・シェリンガムに次ぐ史上3人目の40代フィールドプレイヤーとなった。2014年1月に双方合意の上でクラブを退団した。同月15日、レスター・シティFCに加入することが発表された。ケヴィン・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ジョーンズ (サッカー選手)

    フィル・ジョーンズ (サッカー選手)から見たブラックプールFCブラックプールFC

    2010-11シーズンはエヴァートンとの開幕戦から始まり、シーズン前半の大部分を本来のポジションではない守備的な中盤の選手としてプレイをした。12月に行われたウェストハム・ユナイテッド戦で膝の軟骨損傷により、当初は残りのシーズンを欠場する見込みとなったが、2011年3月21日に行われたブラックプール戦でブレット・エマートンと後半に交代で出場し、復帰を果たした。4月2日に行われたアーセナル戦で4ヶ月振りにスターティングメンバーとして出場し、フル出場の末、チームは0-0で引き分けた。怪我で離脱した期間があったものの、最終的にリーグ戦26試合、カップ戦2試合に出場した。フィル・ジョーンズ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

113件中 91 - 100件表示