113件中 51 - 60件表示
  • リュドヴィク・シルヴェストル

    リュドヴィク・シルヴェストルから見たブラックプールFCブラックプールFC

    2007年からチェコのACスパルタ・プラハでプレー。さらにFCヴィクトリア・プルゼニに半年間レンタル移籍した後、FKムラダー・ボレスラフに完全移籍している。2010年8月にプレミアリーグへ昇格したブラックプールFCへ移籍。リュドヴィク・シルヴェストル フレッシュアイペディアより)

  • フットボールリーグ2009-2010

    フットボールリーグ2009-2010から見たブラックプールFCブラックプールFC

    6位のブラックプールが、フットボールリーグ・チャンピオンシップの3位?6位のチーム間で争われるチャンピオンシッププレーオフを勝ち抜き、プレミアリーグ2010-11の昇格を決めた。フットボールリーグ2009-2010 フレッシュアイペディアより)

  • イアン・ホロウェイ

    イアン・ホロウェイから見たブラックプールFCブラックプールFC

    選手時代のポジションはミッドフィールダー。ブリストル・ローヴァーズやクイーンズ・パーク・レンジャーズで活躍した。1999年の引退後は指導者に転身し、前述した2クラブを始め、レスター・シティ、ブラックプール等の監督を歴任。ブラックプールでは攻撃的なサッカーでクラブを40年ぶりのトップリーグ昇格に導き、昇格後もそのスタイルを変えずに1年で降格した。チャーリー・アダムを中心とした攻撃は魅力的だったが、彼らの守備はあまりにも脆弱だった。イアン・ホロウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・アーンショウ

    ロバート・アーンショウから見たブラックプールFCブラックプールFC

    2014年3月21日、ブラックプールFCに移籍した。ロバート・アーンショウ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・スピーリング

    ジェイ・スピーリングから見たブラックプールFCブラックプールFC

    2017年7月にボルトンを退団し、10月4日にシーズン終了までの契約でブラックプールFCに移籍した。ジェイ・スピーリング フレッシュアイペディアより)

  • マルフィン・ゼーヘラール

    マルフィン・ゼーヘラールから見たブラックプールFCブラックプールFC

    2012年、トルコのエラズースポルに移籍。2013年9月、チャンピオンシップのブラックプールFCにレンタルで加入。マルフィン・ゼーヘラール フレッシュアイペディアより)

  • ガエル・ジヴェ

    ガエル・ジヴェから見たブラックプールFCブラックプールFC

    降格後、50%の賃金カットとの話もあり、長年過ごしてきたブラックバーンからの退団が予想されていたが、残留を選択したジヴェは、序盤こそレギュラーだったものの、ハンリーとダンのコンビの存在から控えに追いやられ、12月15日のブラックプールFC戦を最後に出場がなかった。そのハンリーが2試合の出場停止になったため、1月11日のウルヴァーハンプトン戦で復帰したが、同試合を最後にまたしても出場から遠ざかっており、あまりの出場機会の少なさから、地元メディアのインタビューに「4ヶ月で僅か1試合と9分しか出場しておらず、家族が居なかったら自殺をしていたかも」と現在の状況に精神的苦痛を受けていると説明し、さらに、クラブが自身に300万ポンドや400万ポンドを求めていると移籍を示唆されていることを明かした。それに対し、マイケル・アップルトン (en) 監督は、「ジヴェとは先週にフィットネスレベルを向上させる必要があると話し合いをした」「冗談だったにしても、その種の言葉を使ったのは誤りだ」としている。次の2013-14シーズンも残留しているが、8月7日のフットボールリーグカップでのカーライル・ユナイテッドFC戦がブラックバーンでの最後の試合だった。ガエル・ジヴェ フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・スペクター

    ジョナサン・スペクターから見たブラックプールFCブラックプールFC

    新シーズンの開幕が目前に迫った2011年8月2日に同国2部のバーミンガム・シティFCと2年契約を締結する。クラブ史上50年ぶりの出場となった主要欧州カップUEFAヨーロッパリーグ 2011-12プレーオフの初戦であるCDナシオナルとの第1戦(0-0)で中盤中央で移籍後初出場、それから3日後のミドルズブラFC戦(1-3)でリーグ初出場を飾った。バーミンガムでは、当初中盤中央で主力を務めていたとがそれぞれ負傷離脱したことで、クリス・ヒュートン監督によってキース・ファヒー(en)とのコンビに抜擢されて称賛されるプレーを披露し、8月28日のコヴェントリー・シティFCとのフットボールリーグカップで移籍後初得点を挙げた。後半戦からはスティーヴン・カーの負傷で右サイドバックを務めていたが、2012年3月14日のレスター・シティFC戦で太腿を負傷し、5月にブラックプールFCのと昇格プレーオフで復帰するも、チームは2試合合計2-3でプレミアリーグへの復帰を逃した。ジョナサン・スペクター フレッシュアイペディアより)

  • エミール・ムペンザ

    エミール・ムペンザから見たブラックプールFCブラックプールFC

    アル・ラーヤンを退団して自由契約選手となった後、ダリウス・ヴァッセルとポール・ディコフ (en) が離脱して前線の駒不足に陥っているイングランド1部のマンチェスター・シティFCのトライアルに参加し、シティ・オブ・マンチェスター・スタジアムでのブラックプールFCとの練習試合 (3-0) で2得点を挙げて力を示したことで2007年2月16日にシーズン終了までの契約を締結する。契約を勝ち取った際に故郷のラジオ局Bel RTLに「自分はまだ終わっていないことをマンチェスターで証明したい」「カタールでプレーすることを選択した際に批判した全ての人たちを見返してやりたい」と意気込みを語ったムペンザは、ウィガン・アスレティックFC戦でゲオルギオス・サマラスに代わって後半から初出場を飾ると、3月17日のミドルズブラFC戦 (2-0) で初得点、出場2試合目となった30日のニューカッスル・ユナイテッドFC戦 (1-0) では決勝点を挙げ、精彩を欠くサマラスやベルナルド・コッラーディら前線の中でチームを支えたことで5月5日に契約を2007-08シーズン終了までの1年延長させることに成功した。そして、シーズン最終日の敵地でのトッテナム・ホットスパーFC戦 (1-2) でも得点を挙げて3得点でシーズンを終了した。エミール・ムペンザ フレッシュアイペディアより)

  • イアン・ハート (サッカー選手)

    イアン・ハート (サッカー選手)から見たブラックプールFCブラックプールFC

    2008年12月11日、数週間のトライアルを経て、チャンピオンシップのブラックプールFCと1ヶ月契約で合意する。12月29日にブルームフィールド・ロードでのボルトン・ワンダラーズFC戦において初出場を飾り、契約を1ヶ月延長することに成功したが、それ以上の契約延長を勝ち取ることが出来ず、2009年2月2日に契約満了に伴い退団となった。イアン・ハート (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

113件中 51 - 60件表示