208件中 11 - 20件表示
  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見たF-2 (航空機)

    その後、松島基地の復旧と津波対策が進んだことにより、ブルーインパルスは2012年度内に松島基地へ帰還することになった。2013年3月15日には、移動訓練の記念として、築城基地に配置される第6飛行隊のF-2・第304飛行隊のF-15との編隊飛行訓練が行なわれたが、ブルーインパルスがTAC部隊の戦闘機と編隊飛行を行なった事例はほとんど前例がないといわれている。同年3月25日には芦屋基地において移動訓練終了を記念して「ブルーインパルスお別れフライト」と称した展示飛行と帰還記念式典が行なわれたが、展示飛行は平日の午前中であるにもかかわらず3,500人の観客が訪れたという。この時の課目には、本来なら2011年3月12日に披露するはずであった「サクラ」も含まれていた。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見たアメリカ同時多発テロ事件

    それでも、同年8月26日の松島基地航空祭から展示飛行が再開された。同年9月9日の三沢基地航空祭ではアクロバット飛行を含む展示飛行も行われたが、同年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件の発生により、その後の展示飛行はすべて中止となった。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見たバードストライク

    1987年以降は尾翼にポジションナンバーを記すようになり、T-2を母体として開発されたF-1支援戦闘機からのフィードバックとしてバードストライク対策がなされた一体型風防への交換も行われた。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た東日本大震災

    2011年3月、ブルーインパルスは同年3月12日の九州新幹線全線開通を記念した展示飛行のため、3月10日芦屋基地への展開を行なった。ところが、同年3月11日に九州新幹線全線開通記念の展示飛行予行を行なった直後に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生し、3月12日の九州新幹線全線開通記念の行事全てとともに展示飛行は中止された。そればかりか、ブルーインパルスのベースである松島基地が津波の被害を受けたため、帰還することも出来なくなってしまった。松島基地に配備される航空機で無事だったのは、展開中だったブルーインパルスの機体だけであった。このため、ブルーインパルスの機体は九州に残したまま、隊員だけが同年3月14日に松島基地および周辺地域の復旧作業のために帰還した。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た航空交通管制

    なお、航空交通管制における編隊のコールサインは、愛称がそのまま用いられている。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た東北地方太平洋沖地震

    2011年3月、ブルーインパルスは同年3月12日の九州新幹線全線開通を記念した展示飛行のため、3月10日芦屋基地への展開を行なった。ところが、同年3月11日に九州新幹線全線開通記念の展示飛行予行を行なった直後に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生し、3月12日の九州新幹線全線開通記念の行事全てとともに展示飛行は中止された。そればかりか、ブルーインパルスのベースである松島基地が津波の被害を受けたため、帰還することも出来なくなってしまった。松島基地に配備される航空機で無事だったのは、展開中だったブルーインパルスの機体だけであった。このため、ブルーインパルスの機体は九州に残したまま、隊員だけが同年3月14日に松島基地および周辺地域の復旧作業のために帰還した。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た瀬戸大橋

    4月12日-13日 瀬戸大橋開通20周年事業でサンポート高松上空と瀬戸大橋上空で展示飛行(航過飛行)を実施。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た津島壽一

    ただし、当時航空幕僚長だった源田は1961年から1962年にかけて、自民党議員団や財界人、さらにはアマチュアレスリング協会の会長も浜松基地に呼んで展示飛行を行わせていた。また、東京五輪の準備に際しては防衛庁も「オリンピック準備委員会」を設けており、自衛隊も協力することになっていた。陸上自衛隊は祝砲を放ち、海上自衛隊は五輪旗を掲げて行進を行うことになっていたが、航空自衛隊の協力できる部分がなかった。源田は1962年の参議院選挙に出馬して政界入りしているが、その直前に「開会式の上空に五輪を描く」ことを発案し、航空幕僚長から退官する際に業務引継ぎ事項の中に加えた。さらに、源田は政界入りした後も、オリンピック開催準備委員長でもあった参議院議員の津島壽一に対して、空に五輪を描くことを提案していたのである。こうした事情から、このOOCからの要請は源田の根回しの結果であるといわれている。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見たベートーヴェン

    1998年には長野オリンピック(長野五輪)の開会式上空における航過飛行(フライバイ)の要請を受けた。東京五輪とは異なり「五輪を描く」ことはなかったものの、開会式の会場が冬期の山岳地域であり、会場が冬期迷彩のように視認性に劣るため、会場の脇には移動式TACANが設置された。また、開会式当日は第11飛行隊の飛行隊長が会場から無線で編隊に直接指示を送る体制をとった。開会式当日、ベートーヴェンの交響曲第9番第4楽章の演奏・合唱が終了すると同時に、会場上空で5色のスモークを引きながらレベルオープナーを披露した。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た九州新幹線

    2011年3月、ブルーインパルスは同年3月12日の九州新幹線全線開通を記念した展示飛行のため、3月10日芦屋基地への展開を行なった。ところが、同年3月11日に九州新幹線全線開通記念の展示飛行予行を行なった直後に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生し、3月12日の九州新幹線全線開通記念の行事全てとともに展示飛行は中止された。そればかりか、ブルーインパルスのベースである松島基地が津波の被害を受けたため、帰還することも出来なくなってしまった。松島基地に配備される航空機で無事だったのは、展開中だったブルーインパルスの機体だけであった。このため、ブルーインパルスの機体は九州に残したまま、隊員だけが同年3月14日に松島基地および周辺地域の復旧作業のために帰還した。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

208件中 11 - 20件表示

「ブルーインパルス」のニューストピックワード