208件中 41 - 50件表示
  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た国道4号

    2013年6月1日、東日本大震災からの復興を後押しするために福島県福島市で開催された「東北六魂祭」で、パレード会場の国道4号線上をショーセンターとして、ブルーインパルスの編隊連携機動12課目が行われた。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た熊本市

    4月28日 熊本城の築城400年祭の一環として、熊本市上空にて展示飛行(航過飛行)を実施、熊本県出身の村田将一3等空佐が1番機を操縦した。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た航空ショー

    1963年9月には、東宝の映画『今日もわれ大空にあり』の撮影に第1航空団とブルーインパルスのパイロットが協力することになった。この撮影期間中に東宝からブルーインパルスの塗装デザイン案の提供の申し入れがあり、プロのデザイナーが新塗装のアイデアを提供した。これが正式に2代目となるブルーインパルス塗装として採用されることになった。この新デザインを施した機体は、1963年10月5日に美保基地で行われた航空祭において披露された。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た連邦航空局

    しかし、アメリカでは観客の方向に向かって飛ぶことは禁じられており、高度制限もアメリカの方が厳しいなど、日本とアメリカでは展示飛行の基準が異なっていた。アメリカ連邦航空局 (FAA)の係官が来日し、松島基地でアクロバット飛行の内容をチェックしたが、さまざまな懸案が指摘された。これに伴い、課目についても進行方向を変えたりするなど、部分的な変更を迫られた。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た殉職

    しかし、1959年7月に航空幕僚長が交代すると、航空幕僚長自身がアクロバットチーム設立に対して直接介入するようになった。この時の航空幕僚長は、戦前に「源田サーカス」と称してアクロバット飛行を披露していた経験がある源田實だったのである。源田は過去の経験から、アクロバット飛行が一般人を引きつけることで、自衛隊が国民に親しまれる効果だけではなく、隊員の士気向上にも効果があることを知っていたと考えられている。また、非公認のままでは、訓練中に事故死しても殉職扱いにならない可能性があるため、源田は「万一の事故でも名誉ある措置が取れるように」と考えたのである。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た大阪国際空港

    一方、万博の会場からわずか8マイルの地点に大阪国際空港があるため、大阪航空局からは「飛行の承認は出来ない」と通告を受けた。これに対し、万博協会からも陳情を行なった結果、1970年2月中旬には飛行許可を得ることが出来た。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た岩国航空基地

    5月5日 岩国航空基地「日米親善デー」で、「T-4ブルーインパルス」最初の第1区分公式展示飛行(フル演技)を行う。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た天竜川

    同年5月21日にはジョンソン基地において行われた「三軍統合記念日公開」において展示飛行が行われ、このときに初めてスモークが使用されたが、機体にはまだ特別な塗装はされていなかった。同年8月1日には部隊名が「空中機動研究班」から「特別飛行研究班」に変更されたが、これとは別に親しみやすい愛称を設定することになり、自衛隊の部内で公募を行なった結果、浜松基地の近くを流れる天竜川にちなんで「天竜」という愛称が採用されることになった。ところが、航空交通管制のコールサインとして使用すると、アメリカ軍の航空管制官にとっては発音が難しい上、古臭いという意見もあった。これまで使用していた「インパルス・ブルー」を逆にした「ブルーインパルス」(青い衝撃)としたところ、語呂もよく一般にも分かりやすいという理由により、正式な愛称として決定した。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た札幌飛行場

    その後も活動は続けられ、1969年9月7日の丘珠航空祭において、通算200回の展示飛行を達成した。この頃になると航空自衛隊の航空祭以外にも、1966年11月6日に入間基地で開催された「第1回航空宇宙ショー」において展示飛行を行うなど、イベントにおいて展示飛行を要請されることが増え、自衛隊のイメージアップという当初の目的は実を結びつつあった。その一方、1967年頃からは浜松基地周辺における宅地化の進展に伴い、騒音問題が発生していたため、訓練空域を海上に移さざるをえなくなった。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た仮設住宅

    なお、松島基地が所在する東松島市では同年8月に避難者の応急仮設住宅入居が完了し、全避難所が8月31日に閉鎖されたが、ちょうどこの時期(8月20日)に東松島市で行なわれた「ありがとう!東松島元気フェスタ」で展示飛行が行なわれた。この時は三沢基地からのリモートショー形式であった。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

208件中 41 - 50件表示

「ブルーインパルス」のニューストピックワード