92件中 51 - 60件表示
  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見たブルーインパルスジュニア

    なお、同基地にはパイロット以外のスタッフで結成されたブルーインパルスジュニアも部活動として所属しており、各地の航空祭で展示走行を行っている。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た第4航空団

    ブルーインパルス(Blue Impulse)は航空自衛隊松島基地第4航空団第11飛行隊所属の曲技飛行隊の愛称である。愛称は初期のコールサイン「インパルス・ブルー」が由来である。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た日本万国博覧会

    3月14日 大阪万博開会式で会場上空に6機を使い「EXPO'70」の文字を描く。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見たハンガー (航空)

    ブルーインパルスはこの第11飛行隊としての独立・展示飛行専任部隊化とともに、部隊の1セクションという足かせが外されることとなった。他の部隊並みの人事権が与えられたほか、非常に制限された訓練空域を除けば諸外国の曲技飛行チーム並みの設備が整備されることとなり、松島基地内のアラートハンガー跡地に隊舎、ハンガー、エプロンが設置された。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た朝霞駐屯地

    10月30日 陸上自衛隊朝霞駐屯地で開催された「観閲式」にて行った観閲飛行で飛行再開。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た機関銃

    主な改修点は機内燃料タンクの発煙油タンクへの転用、スモーク発生装置のエンジンノズル後方への設置。また一部の計器の配置変更や置き換えも行われている。使用しない機関銃の銃口はプラグで封鎖したが、機関銃自体は重心を取るためのバラストとしてそのまま残された。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た春日基地

    春日基地に保存されている#777号機(82-7777)は、カラーリングを「ブルーインパルス」風に塗装してあるだけで、ブルーインパルスに所属した事はない。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た築城基地

    3月11日 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)による津波被害のため松島基地所属の航空機は壊滅的被害を受けたが、ブルーインパルスは保有する9機のうち、6機が翌日の九州新幹線全通を祝う編隊通過飛行のため芦屋基地に移動、2機がメーカーでの整備に出されていたため、被害を受けたのは1機のみであった。しばらくは芦屋基地を拠点とし、山口県の見島と福岡県の築城基地にて飛行訓練を行う予定。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た千葉マリンスタジアム

    9月25日 第65回国民体育大会ゆめ半島千葉国体の開会式において、千葉マリンスタジアム上空でデルタ隊形による編隊航過飛行を実施。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た仙石線

    解散直後にそのまま退役した#111号機と飛行開発実験団で運用されることとなった#163号機を除き、戦技研究班解散後に入ったIRAN(定期修理)で通常のT-2とほぼ同じ仕様に改修され、単にブルーインパルス塗装のT-2となった。現在、全機退役し、浜松広報館に#111号機、石川県立航空プラザに#163号機、かかみがはら航空宇宙科学博物館に#173号機、宮城県東松島市(旧桃生郡矢本町)JR仙石線鹿妻駅前に#128号機、百里基地に#175号機、青森県立三沢航空科学館に#177号機がそれぞれ展示されている。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示

「ブルーインパルス」のニューストピックワード