208件中 51 - 60件表示
  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た岩国飛行場

    ブルーインパルスが40周年、第11飛行隊も5周年となる2000年は、岩国基地で行われたフレンドシップデーなどで、「2000」という文字を描くなど、ブルーインパルスが得意とする「描きもの」が展示飛行に採りいれられた。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た航空ファン

    こうした背景から、前述の問題点を解決して安全で効率の良い運用を行うため、展示飛行専従の部隊として独立することが認められた。1992年11月6日にはブルーインパルスの塗装デザインの一般公募が行なわれ、2,135作品が集まった。その中から、精神科医で飛行機ファンとしても著名な斎藤章二のデザイン案が採用された。また、展示飛行の課目についてもT-4の性能を生かした内容が検討された。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た2009年

    2006年には第11飛行隊が創設されて10周年になることを記念し、同年2月17日・18日に記念行事も行われた。この記念行事では、第11飛行隊で天候偵察用に使用されている通常仕様のT-4に対して特別塗装が施されたほか、2000年の事故で殉職したパイロットの慰霊行事も行なわれた。翌2007年5月27日の美保基地航空祭で、T-4によるブルーインパルスとしては通算200回目となる展示飛行を達成した。2009年10月18日には三沢基地航空祭においてサンダーバーズとの競演が実現した。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見たホンダロジスティクス

    11月14日 浜松基地航空祭で「下向き空中開花」を演技中に4番機がホンダ・エクスプレス(現:ホンダロジスティクス)敷地内のモータープール(完成車両の出荷前集積場)に墜落。パイロット1名が殉職、周辺住民12名の負傷者を出す大事故を起こす。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た浜松基地

    このパイロットは帰国後に浜松基地の第1航空団第1飛行隊の教官として着任したが、当時浜松基地に主任教官として在日アメリカ軍事援助顧問団 (MAAGJ) から赴任していたジョー・ライリー大尉の助言を受け、同僚を誘い、1958年ごろから飛行訓練の合間にアクロバット飛行の訓練を行うようになった。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見たサンダーバーズ

    1955年にはMSA協定によって、航空自衛隊はアメリカからジェット戦闘機のF-86Fセイバーの供与を受けることになった。これに対応し、パイロットの一部は教官課程に進むためにアメリカに留学することになった。この時に日本のパイロットが留学していたのがアメリカ空軍のネリス空軍基地で、留学生のうちの1人のパイロットは、基地で見たサンダーバーズのアクロバット飛行演技に深く感銘を受けた。また、アクロバット飛行チームのメンバーになることが、戦闘機パイロットにとっては大変な栄誉であることも目の当たりにした。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た千歳基地

    基地の機能復旧や津波対策を行う関係から松島基地での受け入れ態勢が整わず、その都度松島からクルーが芦屋基地へ出向く「移動訓練」という形態を余儀なくされたものの、同年5月23日から訓練飛行が再開され、同年8月7日に千歳基地で行なわれた航空祭から展示飛行を再開した。仮のベースとなる芦屋基地では第13飛行教育団の隊舎内にある会議室に間借りすることになったが、芦屋基地では環境問題の関係からアクロバット飛行の訓練を行うことは出来なかった。このため、地元との調整の結果、同年8月26日からは築城基地上空においてアクロバット飛行の訓練が再開されたが、整備員が移動しなくて済むように、芦屋基地から築城基地上空まで飛来して訓練を行う「リモート訓練」形式となった。この他、日本海側にある見島分屯基地でも洋上訓練を行なっていた。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た三沢基地

    なお、松島基地が所在する東松島市では同年8月に避難者の応急仮設住宅入居が完了し、全避難所が8月31日に閉鎖されたが、ちょうどこの時期(8月20日)に東松島市で行なわれた「ありがとう!東松島元気フェスタ」で展示飛行が行なわれた。この時は三沢基地からのリモートショー形式であった。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見たF-86 (戦闘機)

    1955年にはMSA協定によって、航空自衛隊はアメリカからジェット戦闘機のF-86Fセイバーの供与を受けることになった。これに対応し、パイロットの一部は教官課程に進むためにアメリカに留学することになった。この時に日本のパイロットが留学していたのがアメリカ空軍のネリス空軍基地で、留学生のうちの1人のパイロットは、基地で見たサンダーバーズのアクロバット飛行演技に深く感銘を受けた。また、アクロバット飛行チームのメンバーになることが、戦闘機パイロットにとっては大変な栄誉であることも目の当たりにした。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見たT-2 (航空機・日本)

    しかし、実働部隊ではF-86Fどころか、その後継機であったF-104Jにも後継機としてF-4EJが導入されるようになり、高等練習機としてもT-2の導入が開始されていた。先に述べたようにブルーインパルスのパイロットは教官が兼任しているが、この時期のブルーインパルスは1年間に30回以上の展示飛行を行なっていた。これは、F-86Fを使用した飛行教育が減少していたため、その分展示飛行の機会が増えていたということである。こうした事情の中、1978年3月には、航空幕僚長から松島基地の第4航空団に対して、T-2によるアクロバット飛行について研究するように指示が出され、同年からは松島基地でアクロバット飛行を行うT-2が目撃されるようになった。既に航空自衛隊では1980年度中にF-86Fを全て退役処分とする予定が決まっており、F-86Fを使用したブルーインパルスの展示飛行も1980年度で終了することが制式に決定した。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

208件中 51 - 60件表示

「ブルーインパルス」のニューストピックワード