210件中 21 - 30件表示
  • スプリット (映画)

    スプリット (映画)から見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    デヴィッド・ダン - ブルース・ウィリス(クレジットなし)(磯部勉)スプリット (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 隣のヒットマン

    隣のヒットマンから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    『隣のヒットマン』(となりのヒットマン、原題: The Whole Nine Yards)は、2000年公開のアメリカ映画。ブルース・ウィリス主演のコメディ映画。隣のヒットマン フレッシュアイペディアより)

  • ボーイスカウト

    ボーイスカウトから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    監督:トニー・スコット、主演:ブルース・ウィリスボーイスカウト フレッシュアイペディアより)

  • エクスペンダブルズ2

    エクスペンダブルズ2から見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    『エクスペンダブルズ2』(The Expendables 2)は、サイモン・ウェスト監督、シルヴェスター・スタローンとリチャード・ウェンク脚本によるアンサンブル・アクション映画。2010年の映画『エクスペンダブルズ』の続編で、シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、チャック・ノリス、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー、テリー・クルーズ、ランディ・クートゥアとリアム・ヘムズワースらが出演する。北米で2012年8月17日に公開された後、約2ヶ月後の10月20日に日本で公開された。前作はR15+指定での公開であったが、本作は一部の映像に修正を加える事でPG12指定での劇場公開となった(Blu-ray・DVD版は無修正のR15+指定)。エクスペンダブルズ2 フレッシュアイペディアより)

  • デス・ウィッシュ

    デス・ウィッシュから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    『デス・ウィッシュ』(原題:Death Wish)は2018年にアメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。監督はイーライ・ロス、主演はブルース・ウィリスが務めた。本作はブライアン・ガーフィールドが1972年に上梓した小説『狼よさらば』を原作としている。デス・ウィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • フィフス・エレメント

    フィフス・エレメントから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    リュック・ベッソン監督、ブルース・ウィリス主演。ミラ・ジョヴォヴィッチの出世作でもある。1997年5月9日カンヌ国際映画祭プレミア公開。フィフス・エレメント フレッシュアイペディアより)

  • 野沢那智

    野沢那智から見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスを吹替がやりやすい担当俳優のひとりとして挙げている。ウィリスの代表作『ダイ・ハード』(「日曜洋画劇場」で1990年初放映)の吹替においては、そのほとんどがアドリブである。細身な野沢がアクションを演じていたところ、酸欠を起こし、酸素ボンベ常用で演技したという。『ダイ・ハード』は野沢にとって印象的な仕事になり、野沢はいまだに台本を保存していると語った。『ダイ・ハード』でのウィリス演じる刑事ジョン・マクレーンは「人間臭くてユーモアを忘れないところが良い」と野沢お気に入りのキャラクターのひとりで、野沢が亡くなるまでに製作された『ダイ・ハード』シリーズ4作でウィリス=マクレーンを吹き替えている。死去後2013年に公開された5作目では、弟子に当たる中村秀利が新たにマクレーンを担当し、その息子役には野沢の実子である野沢聡が起用された。野沢那智 フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    2009年2月、スタローンの監督・主演映画『エクスペンダブルズ』へ出演することを明らかにした。スタローンのインタビューによると、現職の州知事ということもあり、他のキャストを立てることも考慮しつつオファーしたところ、職務に影響がないことを条件に快諾したという。映画でシュワルツェネッガーが演じるのは、当初は当時の彼の姿であるカリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー本人役であると報道されていたが、後に公開された情報では、スタローン演じる役の元・ライバルで傭兵部隊の元・リーダーで、役名も本名ではないという設定となった。本編では上記の通りライバルPMCの経営者役を演じ、ブルース・ウィリス演じるCIA担当官からの依頼を「自殺行為だ」と断って立ち去る数分間のカメオ出演であった。2012年の『エクスペンダブルズ2』では本格共演をし、2013年の『大脱出』ではスタローンとのW主演を果たしている。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • フレンズ (1994年のテレビドラマ)

    フレンズ (1994年のテレビドラマ)から見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    歯科医バリー(演 - ミッチェル・ウィットフィールド/声 - 島田敏)と別れたあと、イタリア人のパウロ(声 - 目黒光祐)と付き合い、親友のロスと付き合ったり別れたりを繰り返した後、酒に酔った勢いでラスベガスの教会でロスと結婚、すぐに離婚。その後、いろんな男性と付き合っては別れを繰り返す。ロスの彼女の父親で弁護士のポール(ブルース・ウィリス)とはロスを励ますために出会い付き合うが、泣き虫が原因で別れる。年下の部下タグは自分のアシスタントとして雇った後から付き合うが、30歳の誕生日に彼との将来が見えず別れる。モニカの結婚式が近くなったときにはロスと一晩関係を持ち、この結果妊娠した。そのことはモニカの結婚式の日に皆に知られてしまう。娘エマを出産しシングルマザーとして育てようとするが、ロスも父親としての役割を果たしている。最後はロスとよりを戻したと思われる。フレンズ (1994年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィルス

    ブルース・ウィルスから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    ブルース・ウィルス フレッシュアイペディアより)

210件中 21 - 30件表示

「ブルース・ウィリス」のニューストピックワード