210件中 61 - 70件表示
  • 女の子宣言! アゲぽよTV

    女の子宣言! アゲぽよTVから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    山本浩之(2013年11月27日放送『REDリターンズ』浪速のブルース・ウィリスインタビュー)女の子宣言! アゲぽよTV フレッシュアイペディアより)

  • レニー・ハーリン

    レニー・ハーリンから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    ヘルシンキ大学で学んだ。フィンランドでテレビや映画を監督した後、アメリカに渡り『エルム街の悪夢4』を監督、この作品のヒットにより、1990年公開のブルース・ウィリス主演のヒットシリーズ『ダイ・ハード2』の監督に抜擢された。また、1993年公開のシルベスター・スタローン主演のヒット作『クリフハンガー』の監督も行い、その後『ドリヴン』でもスタローンとタッグを組んでいる。1999年公開の『タイムトラベラー きのうから来た恋人』には製作として参加した。レニー・ハーリン フレッシュアイペディアより)

  • マリア・デ・メデイロス

    マリア・デ・メデイロスから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    15歳で映画デビュー。フランスで演劇を学び、1990年の『ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女』のアナイス・ニン役で注目された。1994年の『パルプ・フィクション』ではブルース・ウィリスのガールフレンドを演じた。1994年、『Três irmãos』でヴェネツィア国際映画祭 女優賞受賞。フランス映画への出演が多い。マリア・デ・メデイロス フレッシュアイペディアより)

  • レジナルド・ヴェルジョンソン

    レジナルド・ヴェルジョンソンから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    『ダイ・ハード』、『ダイ・ハード2』で主人公ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)を応援するロサンゼルス市警察のアル・パウエル巡査部長役で有名。レジナルド・ヴェルジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • アーシフ・マンドヴィ

    アーシフ・マンドヴィから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    1998年にテレビドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』の端役でテレビデビュー。それ以降も『ER緊急救命室』や『ロー&オーダー』などの話題のドラマへ数多く出演している。2011年には米国内のファストフード店タコベルのコマーシャルにも出演した。映画デビューは1990年で、2作目の出演作は1995年にはブルース・ウィリス主演の人気シリーズの3作目『ダイ・ハード3』。それ以降コメディからドラマ、アクションまで様々な映画に顔を見せている。アーシフ・マンドヴィ フレッシュアイペディアより)

  • アート・エヴァンス

    アート・エヴァンスから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    1942年、アフリカ系の両親の元、カリフォルニア州・バークレーに生まれる。ロサンゼルスを拠点としたジャマイカ系俳優のフランク・シルヴェラが主催する劇団「Theater of Being」に参加しながら演技を学ぶ。後にニューヨークへ渡り、ブロードウェイデビューも果たした。そして活躍の場を舞台から映画へも広げ、1974年にはノークレジットながらも『Claudine』で映画デビュー。それからは、テレビドラマや映画など様々な分野で活躍し、役者としての確固たる地位を築いた。1990年にブルース・ウィリス主演のヒットシリーズ2作目である『ダイ・ハード2』では、作中でウィリス演じる主人公に協力する空港のチーフエンジニアと言う重要な役どころを演じている。アート・エヴァンス フレッシュアイペディアより)

  • また戻ってくる

    また戻ってくるから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    ターミネーターシリーズのうちシュワルツェネッガーがCG合成によるカメオ出演のみであった『ターミネーター4』(2009年)では、彼の代わりにジョン・コナー(演:クリスチャン・ベール)が「I'll be back」を言う。『エクスペンダブルズ2』では、トレンチ(演:アーノルド・シュワルツェネッガー)がこの台詞を使うと、会話相手のチャーチ(演:ブルース・ウィリス)に「I'll be back」と言い返され、それに対してトレンチは「yippee yi yea」と発するシーンが存在する。また戻ってくる フレッシュアイペディアより)

  • プラネット・テラー in グラインドハウス

    プラネット・テラー in グラインドハウスから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    マルドゥーン(中尉) - ブルース・ウィリス(内田直哉)プラネット・テラー in グラインドハウス フレッシュアイペディアより)

  • リック・ダコマン

    リック・ダコマンから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    1952年にカナダのプリンス・アルバートにて生まれる。カナダのテレビ番組などに出演してから、アメリカへ活動拠点を移し、その後は主に米国で活躍している。大柄な体格を生かしたコミカルな演技を得意とし、トム・ハンクスが若手の頃に出演したコメディ映画『メイフィールドの怪人たち』ではハンクスの親友役を演じて印象を残した。その他、ブルース・ウィリスの出世作『ダイ・ハード』やアーノルド・シュワルツェネッガー主演の『ラスト・アクション・ヒーロー』などの出演作がある。リック・ダコマン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・コンラッド

    ウィリアム・コンラッドから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    活躍の場は俳優としてのみならず映画監督やテレビドラマシリーズのエピソード監督など多岐に渡っており、特に1960年代は『裸の町』や『ルート66』などのテレビシリーズを数エピソード監督している。ナレーターとして出演しているドラマ・映画作品もいくつかあり、最後の映画出演となった1991年公開のブルース・ウィリス主演のアクション・コメディ『ハドソン・ホーク』でもナレーションを担当した。ウィリアム・コンラッド フレッシュアイペディアより)

210件中 61 - 70件表示

「ブルース・ウィリス」のニューストピックワード