142件中 71 - 80件表示
  • ウィリアム・アザートン

    ウィリアム・アザートンから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    1972年に『センチュリアン』で映画デビューを果たし、しばらくは小さな役どころで細々と活動を続けていたのだが、1973年にスティーヴン・スピルバーグ監督の『続・激突!/カージャック』へ出演してゴールディ・ホーンの気弱な夫を演じた。それがきっかけで徐々に大きな役がつくようになり、ビル・マーレイ主演の『ゴーストバスターズ』にアメリカ合衆国環境保護庁のペック役で出演。憎まれ役を嫌味に演じてみせた。同作では大量のマシュマロ液を頭からかぶるシーンがあるのだが、その撮影時には怪我をしかけるほどだったらしく、彼の役者魂が垣間見られる。ブルース・ウィリスの出世作『ダイ・ハード』と続編の『ダイ・ハード2』でも、どこか抜けているテレビレポーターを演じ、印象を残した。嫌味な役を演じたせいで「バーで喧嘩を売られるし、子どもには馬鹿にされるようになった」と語っている。ウィリアム・アザートン フレッシュアイペディアより)

  • ザット'70sショー

    ザット'70sショーから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    シーズン8では準レギュラーで、途中はほぼ登場しないが、実生活でのカッチャーの妻デミ・ムーアの前夫ブルース・ウィリスとの共演を果たしている。ザット'70sショー フレッシュアイペディアより)

  • 左利き

    左利きから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    利き目と利き腕が異なる者が銃を構える際、利き目でない目で照準を行うか、利き腕でない手で銃を持つこととなるため、そうでない者より難しくなる。拳銃ではこのような状態でも柔軟に対応可能だが、ブルース・ウィリスのように独特の構え方となる。左利き フレッシュアイペディアより)

  • ストーリー・オブ・ラブ

    ストーリー・オブ・ラブから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    ベン・ジョーダン - ブルース・ウィリス(大滝進矢): 作家。ストーリー・オブ・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • 名無しの男

    名無しの男から見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    その後ブルース・ウィリス主演で『ラストマン・スタンディング』(1996年)という映画が制作されているがこれは『用心棒』の公式リメイク作品である。名無しの男 フレッシュアイペディアより)

  • ベイビー・トーク

    ベイビー・トークから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    赤ちゃんの視点で右往左往する大人のおかしさを描写するシリーズ作品の第1作。主人公・マイキーの声をブルース・ウィリスが当てている他、『サタデー・ナイト・フィーバー』に続くヒット作に恵まれず低迷していたジョン・トラボルタが本作への出演を契機に再起し、後に『パルプ・フィクション』で再び大ブレイクするに至ったことでも知られる。ベイビー・トーク フレッシュアイペディアより)

  • 三貴

    三貴から見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリス(1997年 - 1998年)三貴 フレッシュアイペディアより)

  • ジェシカ・ゾア

    ジェシカ・ゾアから見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    私生活では、ブルース・ウィリスとデミ・ムーアの娘で女優のルーマー・ウィリスと仲が良い。『ゴシップガール』で共演しているエド・ウェストウィックと交際していた事があるが、現在は別れている。ジェシカ・ゾア フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンラズベリー賞 最低主演男優賞

    ゴールデンラズベリー賞 最低主演男優賞から見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    1998年 ブルース・ウィリス - 『アルマゲドン』 / 『マーキュリー・ライジング』 / 『マーシャル・ロー』ゴールデンラズベリー賞 最低主演男優賞 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンラズベリー賞 最低脚本賞

    ゴールデンラズベリー賞 最低脚本賞から見たブルース・ウィリスブルース・ウィリス

    1991年 『ハドソン・ホーク』 - 脚本: スティーヴン・E・デ・スーザ、ダニエル・ウォーターズ、原案: ブルース・ウィリス、ロバート・クラフトゴールデンラズベリー賞 最低脚本賞 フレッシュアイペディアより)

142件中 71 - 80件表示

「ブルース・ウィリス」のニューストピックワード