128件中 21 - 30件表示
  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たスバル・レガシィ

    日本ではCMに出演。1991年にNTTドコモのムーバ(アナログムーバ)の初代イメージキャラクターや、三貴の「じゅわいよ・くちゅーるマキ」のイメージキャラクター、スバル・レガシィの初代イメージキャラクターに起用された。2005年になって同車の累計生産台数300万台突破を機に、4代目のイメージキャラクターに復活。キャッチコピーは「レガシィを祝福するために、ブルースが帰ってきた」。古くは『ダイ・ハード』の屋上ジャンプシーンを連想させるキリンポストウォーターのCM(デミ・ムーアが共演)に出演し、2000年には日本コカ・コーラの缶コーヒージョージアのCMに半年間出演した。『アルマゲドン』ヒット時にはENEOSのCMにも出演していた。2011年にはダイハツ・ミライースのCMに出演している。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たプチ・ブルースプチ・ブルース

    また、プチ・ブルースというものまねタレントが存在する。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見た内田直哉

    主に野沢那智(15作品)、樋浦勉(16作品)、内田直哉(10作品)が担当することが多い。テレビ放送版では野沢が担当し、VHS・DVDでは樋浦が担当する事が多かった。野沢の没後は、主に樋浦と内田の2人が吹き替えることが多い。また、野沢の弟子筋に当たる中村秀利が『エクスペンダブルズ』で担当した後、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』でジョン・マクレーン役を引き継いでいる。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見た中村秀利中村 秀利

    主に野沢那智(15作品)、樋浦勉(16作品)、内田直哉(10作品)が担当することが多い。テレビ放送版では野沢が担当し、VHS・DVDでは樋浦が担当する事が多かった。野沢の没後は、主に樋浦と内田の2人が吹き替えることが多い。また、野沢の弟子筋に当たる中村秀利が『エクスペンダブルズ』で担当した後、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』でジョン・マクレーン役を引き継いでいる。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見た樋浦勉樋浦 勉

    主に野沢那智(15作品)、樋浦勉(16作品)、内田直哉(10作品)が担当することが多い。テレビ放送版では野沢が担当し、VHS・DVDでは樋浦が担当する事が多かった。野沢の没後は、主に樋浦と内田の2人が吹き替えることが多い。また、野沢の弟子筋に当たる中村秀利が『エクスペンダブルズ』で担当した後、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』でジョン・マクレーン役を引き継いでいる。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見た野沢那智

    主に野沢那智(15作品)、樋浦勉(16作品)、内田直哉(10作品)が担当することが多い。テレビ放送版では野沢が担当し、VHS・DVDでは樋浦が担当する事が多かった。野沢の没後は、主に樋浦と内田の2人が吹き替えることが多い。また、野沢の弟子筋に当たる中村秀利が『エクスペンダブルズ』で担当した後、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』でジョン・マクレーン役を引き継いでいる。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たスティーブ・マックイーン

    ゲイリー・クーパーやロバート・デ・ニーロ、スティーブ・マックイーン、ジョン・ウェインを演技の手本にしている。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たM・ナイト・シャマラン

    『12モンキーズ』(1995年)と『フィフス・エレメント』では世界を救う男を演じた。90年代後半には『ジャッカル』や『マーキュリー・ライジング』、『ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ』に出演するもさほど評判にはならなかった。1998年のマイケル・ベイ監督作品『アルマゲドン』は世界的に大ヒットし、同年、プレイステーションのゲーム『アポカリプス』に主人公の外見と声の出演をした。1999年のM・ナイト・シャマラン監督作品『シックス・センス』は興行的に成功しただけでなく、ウィリスの演技力も高い評価を受けた。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たシビル・シェパード

    オーディションを受けるため、ウィリスはニューヨークを離れてカリフォルニアに渡った。1984年、テレビシリーズ『特捜刑事マイアミ・バイス』の「地対空ミサイル強奪!武器密輸ルートを追え」に出演した。その後シビル・シェパード主演『こちらブルームーン探偵社』(1985年 - 89年)のデビッド・アディスン・ジュニア役のオーディションを受けて3000人の候補者の中から選ばれた。このシリーズはシーズン5まで続き、彼はコメディ役者としての地位を確立する。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たジョン・ラロケット

    1987年、ブレイク・エドワーズの作品『ブラインド・デート』でキム・ベイシンガー、ジョン・ラロケットと共演する。エドワーズ監督は『キャデラック・カウボーイ』(1988年)でウィリスを再び起用する。このとき彼は実在のカウボーイトム・ミックス役だった。さらにその後『ダイ・ハード』(1988年)に出演し、彼が予期しなかったほどのスターとなる。この映画の中ではほとんどスタントなしで演じた。世界興行収入は140,767,956ドルを記録した。1980年代後半にはウィリスはレコーディング・ミュージシャンとしてある程度の成功をおさめた。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

128件中 21 - 30件表示

「ブルース・ウィリス」のニューストピックワード