144件中 21 - 30件表示
  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たデュポン

    高校卒業後、ウィリスはセイラム原子力発電所で警備員として働いた。他にもディープウォーターのデュポンで輸送業者や工場労働もした。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たルーマー・ウィリス

    ウィリスは何度かアメリカの人気テレビ番組「レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン」に登場した。またこれまでにサミュエル・L・ジャクソンといくつかの映画で共演している(『ローデッド・ウェポン1』、『パルプ・フィクション』、『ダイ・ハード3』、『アンブレイカブル』)。他にも娘であるルーマー・ウィリスと2005年の映画『ホステージ』で共演した。[[File:Bruce Willis Cannes 2006.jpg|thumb|150px|left|第59回カンヌ国際映画祭でのウィリス]]2007年にはハル・ベリー主演のスリラー『パーフェクト・ストレンジャー』と、犯罪ドラマ映画でシャロン・ストーンが出演している『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』に登場した。そして『ダイ・ハード4.0』で再びジョン・マクレーンに扮した。最近では『トラブル・イン・ハリウッド』や同名コミックが原作の『サロゲート』で姿を見せている。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たダイハツ・ミライース

    日本ではCMに出演。1991年にNTTドコモのムーバ(アナログムーバ)の初代イメージキャラクターや、三貴の「じゅわいよ・くちゅーるマキ」のイメージキャラクター、スバル・レガシィの初代イメージキャラクターに起用された。2005年になって同車の累計生産台数300万台突破を機に、4代目のイメージキャラクターに復活。キャッチコピーは「レガシィを祝福するために、ブルースが帰ってきた」。古くは『ダイ・ハード』の屋上ジャンプシーンを連想させるキリンポストウォーターのCM(デミ・ムーアが共演)に出演し、2000年には日本コカ・コーラの缶コーヒージョージアのCMに半年間出演した。『アルマゲドン』ヒット時にはENEOSのCMにも出演していた。2011年にはダイハツ・ミライースのCMに、2014年には興和の「コーワパワードコーヒー」CMに出演。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たスバル・レガシィ

    日本ではCMに出演。1991年にNTTドコモのムーバ(アナログムーバ)の初代イメージキャラクターや、三貴の「じゅわいよ・くちゅーるマキ」のイメージキャラクター、スバル・レガシィの初代イメージキャラクターに起用された。2005年になって同車の累計生産台数300万台突破を機に、4代目のイメージキャラクターに復活。キャッチコピーは「レガシィを祝福するために、ブルースが帰ってきた」。古くは『ダイ・ハード』の屋上ジャンプシーンを連想させるキリンポストウォーターのCM(デミ・ムーアが共演)に出演し、2000年には日本コカ・コーラの缶コーヒージョージアのCMに半年間出演した。『アルマゲドン』ヒット時にはENEOSのCMにも出演していた。2011年にはダイハツ・ミライースのCMに、2014年には興和の「コーワパワードコーヒー」CMに出演。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見た内田直哉

    主にソフト版を樋浦勉、テレビ朝日版を野沢那智、フジテレビ版を村野武範、日本テレビ版およびソニー配給作品において内田直哉が担当する形だった。特にソフト版では樋浦が専属ともいえる頻度で担当していたが、他にも磯部勉、中村秀利などが複数回担当している。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見た磯部勉

    主にソフト版を樋浦勉、テレビ朝日版を野沢那智、フジテレビ版を村野武範、日本テレビ版およびソニー配給作品において内田直哉が担当する形だった。特にソフト版では樋浦が専属ともいえる頻度で担当していたが、他にも磯部勉、中村秀利などが複数回担当している。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見た村野武範

    主にソフト版を樋浦勉、テレビ朝日版を野沢那智、フジテレビ版を村野武範、日本テレビ版およびソニー配給作品において内田直哉が担当する形だった。特にソフト版では樋浦が専属ともいえる頻度で担当していたが、他にも磯部勉、中村秀利などが複数回担当している。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見た樋浦勉

    主にソフト版を樋浦勉、テレビ朝日版を野沢那智、フジテレビ版を村野武範、日本テレビ版およびソニー配給作品において内田直哉が担当する形だった。特にソフト版では樋浦が専属ともいえる頻度で担当していたが、他にも磯部勉、中村秀利などが複数回担当している。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見た野沢那智

    主にソフト版を樋浦勉、テレビ朝日版を野沢那智、フジテレビ版を村野武範、日本テレビ版およびソニー配給作品において内田直哉が担当する形だった。特にソフト版では樋浦が専属ともいえる頻度で担当していたが、他にも磯部勉、中村秀利などが複数回担当している。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たプチ・ブルース

    プチ・ブルースというものまねタレントが存在する。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

144件中 21 - 30件表示

「ブルース・ウィリス」のニューストピックワード