128件中 41 - 50件表示
  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たキム・ベイシンガー

    1987年、ブレイク・エドワーズの作品『ブラインド・デート』でキム・ベイシンガー、ジョン・ラロケットと共演する。エドワーズ監督は『キャデラック・カウボーイ』(1988年)でウィリスを再び起用する。このとき彼は実在のカウボーイトム・ミックス役だった。さらにその後『ダイ・ハード』(1988年)に出演し、彼が予期しなかったほどのスターとなる。この映画の中ではほとんどスタントなしで演じた。世界興行収入は140,767,956ドルを記録した。1980年代後半にはウィリスはレコーディング・ミュージシャンとしてある程度の成功をおさめた。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たサミュエル・L・ジャクソン

    ウィリスは何度かアメリカの人気テレビ番組「レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン」に登場した。またこれまでにサミュエル・L・ジャクソンといくつかの映画で共演している(『ローデッド・ウェポン1』、『パルプ・フィクション』、『ダイ・ハード3』、『アンブレイカブル』)。他にも娘であるルーマー・ウィリスと2005年の映画『ホステージ』で共演した。[[File:Bruce Willis Cannes 2006.jpg|thumb|150px|left|第59回カンヌ国際映画祭でのウィリス]]2007年にはハル・ベリー主演のスリラー『パーフェクト・ストレンジャー』と、犯罪ドラマ映画でシャロン・ストーンが出演している『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』に登場した。そして『ダイ・ハード4.0』で再びジョン・マクレーンに扮した。最近では『トラブル・イン・ハリウッド』や同名コミックが原作の『サロゲート』で姿を見せている。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たゴリラズ

    ウィリスは2010年2月のケヴィン・スミス監督作品『コップ・アウト 〜刑事した奴ら〜 』でトレイシー・モーガンと共に盗まれた野球選手のカードを追う刑事を演じた。また、ゴリラズの「スタイロ」のミュージック・ビデオにも出演した。同年には『エクスペンダブルズ』で、80年代を代表するアクションスターであるシルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーとの共演を果たした。彼は“ミスター・チャーチ(「教会」という意味)”として登場した。この3人が共演するのはこのときが初めてである。共演シーンは短かったものの、そのシーンは映画の見所として期待されていた。3人は2009年の10月24日に空の教会でこのシーンの撮影をした。最近の出演作品で有名なものの中にに『RED/レッド』がある。同名コミック・ミニシリーズの映画化作品である。2010年に公開されたこの映画で彼はフランク・モーゼズ役を演じた。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たウェス・アンダーソン

    『ムーンライズ・キングダム』ではビル・マーレイ、エドワード・ノートン、フランシス・マクドーマンドと共演した。監督はウェス・アンダーソン、撮影はロードアイランド州で行われた。また、『エクスペンダブルズ2』(2012年)にも出演した。SFアクション映画『LOOPER/ルーパー』(2012年)ではジョゼフ・ゴードン=レヴィットと共演しゴードン=レヴィットが演じたキャラクター、ジョーの未来を演じた。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たキャサリン・ゼタ=ジョーンズ

    ウィリスはデイヴィッド・バレット監督作品『ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い』で50セントと共演した。主演はジョシュ・デュアメル。他にもヴィンス・ヴォーンやキャサリン・ゼタ=ジョーンズが出演する『噂のギャンブラー』に登場。スティーヴン・フリアーズが監督を務めている。この映画はラスベガスのカクテルウェイトレスが一流のギャンブラーになる物語である。この2作品の配給はライオンズゲートとなっている。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たジョージ・W・ブッシュ

    さらに2002年、ウィリスは大統領ジョージ・W・ブッシュに、里親に預けられた子供たちの国際的スポークスマンに任命される。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たPlayStation (ゲーム機)

    『12モンキーズ』(1995年)と『フィフス・エレメント』では世界を救う男を演じた。90年代後半には『ジャッカル』や『マーキュリー・ライジング』、『ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ』に出演するもさほど評判にはならなかった。1998年のマイケル・ベイ監督作品『アルマゲドン』は世界的に大ヒットし、同年、プレイステーションのゲーム『アポカリプス』に主人公の外見と声の出演をした。1999年のM・ナイト・シャマラン監督作品『シックス・センス』は興行的に成功しただけでなく、ウィリスの演技力も高い評価を受けた。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たNTTドコモ

    日本ではCMに出演。1991年にNTTドコモのムーバ(アナログムーバ)の初代イメージキャラクターや、三貴の「じゅわいよ・くちゅーるマキ」のイメージキャラクター、スバル・レガシィの初代イメージキャラクターに起用された。2005年になって同車の累計生産台数300万台突破を機に、4代目のイメージキャラクターに復活。キャッチコピーは「レガシィを祝福するために、ブルースが帰ってきた」。古くは『ダイ・ハード』の屋上ジャンプシーンを連想させるキリンポストウォーターのCM(デミ・ムーアが共演)に出演し、2000年には日本コカ・コーラの缶コーヒージョージアのCMに半年間出演した。『アルマゲドン』ヒット時にはENEOSのCMにも出演していた。2011年にはダイハツ・ミライースのCMに出演している。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たハーバード大学

    2002年2月、ウィリスはハーバードのハスティ・プディング・シアターのハスティ・プディング・マン・オブ・ザ・イヤー賞を受賞する。大学によれば、この賞はエンターテインメントの世界に長らく残るであろう印象的な演技に贈られるものである。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たキリンビバレッジ

    日本ではCMに出演。1991年にNTTドコモのムーバ(アナログムーバ)の初代イメージキャラクターや、三貴の「じゅわいよ・くちゅーるマキ」のイメージキャラクター、スバル・レガシィの初代イメージキャラクターに起用された。2005年になって同車の累計生産台数300万台突破を機に、4代目のイメージキャラクターに復活。キャッチコピーは「レガシィを祝福するために、ブルースが帰ってきた」。古くは『ダイ・ハード』の屋上ジャンプシーンを連想させるキリンポストウォーターのCM(デミ・ムーアが共演)に出演し、2000年には日本コカ・コーラの缶コーヒージョージアのCMに半年間出演した。『アルマゲドン』ヒット時にはENEOSのCMにも出演していた。2011年にはダイハツ・ミライースのCMに出演している。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示

「ブルース・ウィリス」のニューストピックワード