127件中 91 - 100件表示
  • 林裕人

    林裕人から見たブルーベリーブルーベリー

    依頼者が100円ショップで買ってきたブルーベリージャムが、どう食べても海苔の佃煮の味がするというので、それを調べて欲しいという依頼。担当は北野誠探偵で、この原因を調べるべく林の元を訪れている。林裕人 フレッシュアイペディアより)

  • トラップ一家物語

    トラップ一家物語から見たブルーベリーブルーベリー

    トラップ家の次男。10歳。元気な腕白少年。貴族の仕来たりを兄弟の中で1番嫌っている。普段はいたずらっ子だが、動物には優しい。ブルーベリーの食べすぎでおなかを壊したことも。トラップ一家物語 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーン・ベノイト

    ジョーン・ベノイトから見たブルーベリーブルーベリー

    アメリカでいっしょにトレーニングしたことのある増田明美によると、ジョギング中に突如コースを外れて近くの茂みに入り、両手にブルーベリーをいっぱい摘んで戻ってきたことがあるという。「これでジャムを作る」ということだったが、その奔放な行動に増田は驚いたらしい。ジョーン・ベノイト フレッシュアイペディアより)

  • 明治ブルガリアヨーグルト

    明治ブルガリアヨーグルトから見たブルーベリーブルーベリー

    明治ブルガリアヨーグルト脂肪0 ブルーベリー低脂肪明治ブルガリアヨーグルト フレッシュアイペディアより)

  • 明治ヨーグルトR-1

    明治ヨーグルトR-1から見たブルーベリーブルーベリー

    1月10日 - ハードタイプにブルーベリー果肉を加え、脂肪分ゼロとした「ブルーベリー脂肪0」を追加発売。明治ヨーグルトR-1 フレッシュアイペディアより)

  • 先コロンブス期

    先コロンブス期から見たブルーベリーブルーベリー

    アメリカ・インディアンは農業を発展させ、トウモロコシを長さ2ないし5 cm のものから今日見られる大きさのものにまで成長させた。ジャガイモ、トマト、トマティジャ(さや付きグリーントマト)、カボチャ、唐辛子、スカッシュ、豆類、パイナップル、サツマイモ、穀物のキヌアとアマランサス、チョコレート、バニラ、タマネギ、ピーナッツ、苺、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリー、パパイアおよびアボカドがインディアンによって栽培された作物である。世界で栽培されるこの種の食料の3分の2以上が南米原産である。先コロンブス期 フレッシュアイペディアより)

  • ムーミン

    ムーミンから見たブルーベリーブルーベリー

    ブルーベリー色のムーミンの家がメインアトラクションとなっており、5つのストーリーが楽しめる。隣にはヘムレンの黄色い家がある。他にムーミンママの台所、消防署、スナフキンのキャンプ、ムーミンパパのボートなどがある。またムーミンのキャラクターや魔女に出会うこともできる。他には魔女の迷宮、ニョロニョロの洞窟、モランの家、ムーミン劇場などがある。ムーミン フレッシュアイペディアより)

  • ビタミンC

    ビタミンCから見たブルーベリーブルーベリー

    レモン・ライム・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類のほか、柿、アセロラ、キウイフルーツ、トマトはビタミンCの含有量が非常に多い。その他にビタミンCの多く含まれる食品としては、グァバ、パパイヤ、ブロッコリー、芽キャベツ、ブラックベリー、イチゴ、カリフラワー、ほうれん草、マスクメロン、ブルーベリー、パセリ、ジャガイモ、サツマイモなどがある。ビタミンC フレッシュアイペディアより)

  • ホットケーキ

    ホットケーキから見たブルーベリーブルーベリー

    アメリカ合衆国とカナダのパンケーキは卵、小麦粉、牛乳もしくはバターミルクを原料とし、膨張剤としてベーキングパウダーと重曹を加える。砂糖を少量入れることもある。これらを混ぜ合わせて作った生地を熱した鉄板等の上に流しこみ、約1cmの厚さにして焼く。膨張剤から発生した泡が生地の上面に上がってきたらひっくり返してもう片方の面も焼く。焼き上がったホットケーキの表面は明るい色をしており、メープルシロップ、バター、ピーナッツバター、果物等を添え、朝食として食べられることが多い。生地自体にブルーベリー、イチゴ、チーズ、ベーコン、バナナ、チョコレートチップを加え、甘みや香りをつけることもある。さらにナツメグやシナモンのような香辛料、バニラオイルのような香料を入れるものがある。カナダでは、フランス語の会話で単にクレープというとパンケーキを指す。ホットケーキ フレッシュアイペディアより)

  • iBook

    iBookから見たブルーベリーブルーベリー

    iBookは1999年に「iMac to go」(「持ち運べるiMac」という意味)のコンセプトの下、「クラムシェル」と呼ばれる貝殻に似せたボディデザインで誕生した。iBookはブルーベリーとタンジェリンの2色で、当時流行のiMacを彷彿させるものだった。その後、グラファイト、キーライム、インディゴブルー3色を加えた。また、持ち運びやすいようにハンドルが付けられた。これは、教育機関等で、低年齢ユーザーに配慮したものである。iBook フレッシュアイペディアより)

127件中 91 - 100件表示

「ブルーベリー狩り」のニューストピックワード