181件中 21 - 30件表示
  • アオドウガネ

    アオドウガネから見たブルーベリーブルーベリー

    もともとは南方系の種で南西諸島に多いが、最近では分布を北に広げ在来種であるドウガネブイブイを駆逐し、関東以南では最も普通に見られる中型コガネムシになっている。自然環境下では植物の葉などを食べるが、飼育はリンゴやメロン、ブルーベリーなどの果物のほか、カブトムシ用の昆虫ゼリーなどでも行える。アオドウガネ フレッシュアイペディアより)

  • 下山バークパーク

    下山バークパークから見たブルーベリーブルーベリー

    造園や山林管理、ウッドチップリサイクルなどを行なう株式会社鈴鍵によって2002年(平成14年)10月4日に開園した。バーベキューコーナなどを併設するブルーベリー農園(夏期のみ)やハーブガーデン、ビオトープ(日本ビオトープ協会・第1回自然創出部門受賞)を整備するとともに、同社が生産するバーク堆肥工場の見学、同業他社によるリサイクルなど環境技術の展示を行なっており、「環境と自然と遊びのテーマパーク」を掲げている。下山バークパーク フレッシュアイペディアより)

  • パトリオット (ブルーベリー)

    パトリオット (ブルーベリー)から見たブルーベリーブルーベリー

    パトリオット(Patriot)とは、ブルーベリーの品種の一つ。1954年に交配され、1957年に選抜された。開発コードはME-US32。1976年、アメリカ建国200年祭に発表された為、Patriot=愛国者と名付けられた。パトリオット (ブルーベリー) フレッシュアイペディアより)

  • ランコーカス

    ランコーカスから見たブルーベリーブルーベリー

    ランコーカス(Rancocas)とは、ブルーベリーの改良品種の一つ。北部ハイブッシュ系に分類される。1926年、ニュージャージー州で発表された。発表された年月は異なるが、ジューンとは兄弟品種にあたる。ランコーカス フレッシュアイペディアより)

  • くじゅう花公園

    くじゅう花公園から見たブルーベリーブルーベリー

    2009年からは従来のチューリップの掘り取り、ラベンダーの摘み取りなどに加え、ブルーベリーの摘み取りやミニ音楽会などの体験イベントを増やし、自然食品のテナントを誘致するなど自然とのふれあいと来園者とのコミュニケーションを重視して運営されている。くじゅう花公園 フレッシュアイペディアより)

  • ミュールジカ

    ミュールジカから見たブルーベリーブルーベリー

    夏は主に草を食べるが、果実を食べることもある。例えばブラックベリー、ブルーベリー、レモンリーフの実やスィンブルベリーである。また、有毒であるにもかかわらず、カリフォルニア・バックアイ(カリフォルニアトチノキ)の葉を食べることでも知られる。冬は毬果、とりわけダグラスモミや、ヒノキ科や、イチイ属、ビャクシン属の樹木の実を食べる。また、落葉樹や灌木(特にハコヤナギ、ヤナギ、ハナミズキ、ザイフリボク、セージ)の枝も食べる。ドングリやリンゴを食べることもある。ミュールジカが生息する地域の大部分は、冬になると、食物が雪と氷におおわれ、そうでないわずかな食物も成長が鈍る。食物が少ない環境での冬を乗り切るために、ミュールジカは動きが少なくなり、新陳代謝が鈍くなる。冬はミュールジカの死亡率が一番高くなる時期で、特にその前の春に生まれた子の死亡率が高い。そのため、ミュールジカは、冬場は雪が多い山から谷へと移動する。人間による餌付けが行われることもあるが、こういう給餌のやり方は、よほど適切に行われない限り、いい結果を生まない。ミュールジカ フレッシュアイペディアより)

  • ペラルゴニジン

    ペラルゴニジンから見たブルーベリーブルーベリー

    ペラルゴニジン(Pelargonidin)は、アントシアニジンおよび植物性色素の一つ。すべてのアントシアニンと同様に抗酸化剤である。特徴的な橙色をしており、テンジクアオイ、熟したラズベリーとイチゴ、ブルーベリー、クロイチゴ、スモモ、クランベリー、ザクロでも見られる。ペラルゴニジン フレッシュアイペディアより)

  • ホープウェル (ノバスコシア州)

    ホープウェル (ノバスコシア州)から見たブルーベリーブルーベリー

    ホープウェルは、ステラートン (Stellarton) とニュー・グラスゴー (New Glasgow) の領域の外側、イースト川 (the East River)の河谷に位置している。トランスカナダハイウェイの一部を成す Nova Scotia Highway 104 の24番出口から南へ374号線をステラートンを離れる方向へ進むと到達する。ホープウェルは、河谷に沿って数多く連なる、かつては郵便や物資を運ぶ鉄道によって結ばれていた集落群のひとつであり、北アメリカに僅かにしか残存していない吊り橋のひとつとして地元自治体によって歴史遺産指定されている「the Hopewell Footbridge」がある。ホープウェルは、美しいイースト川の峡谷の一部にあり、色鮮やかなブルーベリー畑や蛇行する川、瑞々しい農地など、美しい田園風景が見られる地域である。ホープウェル (ノバスコシア州) フレッシュアイペディアより)

  • ぶるべー

    ぶるべーから見たブルーベリーブルーベリー

    ブルーベリー栽培発祥の地をPRするために、平成18年度に武蔵野美術大学の学生にシンボルマークとしてデザインされた。ぶるべー フレッシュアイペディアより)

  • パン・デピス

    パン・デピスから見たブルーベリーブルーベリー

    ミ・コンは小麦粉と蜂蜜をこね合わせたパンに似た料理であり、香辛料や香草は必ずしも加えられていたわけではなかったが、ヨーロッパへの伝播の過程でそれらの香料が加えられていった。13世紀のフランドル地方では、レーベンスクーヘン(命の菓子)と呼ばれるミ・コンに似た菓子が食べられていた。また、ハンガリーへは12世紀に東ローマ帝国から伝えられたと考えられている。中世においては財産に余裕があり、材料の穀物と蜂蜜を自前の土地で賄うことができる修道院がパン・デピス製造の中心となった。中にブルーベリーのジャムが入った小型のパン・デピスは「若い(小さな)修道女」を意味する「ノネット(nonnette)」の語で呼ばれるが、これは修道院で作られていることに由来するためだと考えられている。修道院のパン・デピスは市での商品、巡礼者への贈物となり、型にはそれぞれの修道院ごとの特徴が表れていた。パン・デピスの製造法は世俗に伝わると神話、日常生活の場面、シンボルをモチーフにした焼型が発明され、15世紀にスイスのベルンの職人によってパン・デピスの上に糖衣で文字を書き、版画を貼り付けて愛のメッセージを装飾するレケルリが考案された。18世紀末には、薄く延ばした生地を人や動物をかたどった押し型でくり抜き、焼き上げるタイプのパン・デピスが現れた。1827年にパリの動物園でキリンが公開された時には、キリンをかたどったパン・デピスが流行した。パン・デピス フレッシュアイペディアより)

181件中 21 - 30件表示

「ブルーベリー狩り」のニューストピックワード