127件中 21 - 30件表示
  • デナリ国立公園

    デナリ国立公園から見たブルーベリーブルーベリー

    ツンドラが、公園の大部分の土地を覆っている。表土層は、何千年にも及ぶ氷河作用によって動かされた磨かれ粉々になった岩の上に乗っている。コケ、シダ、草、菌類が表土に素早く満ち、「湿地ツンドラ」("wet tundra")では、タソックグラスが形作られ、藻類が集まる。ここではワイルド・ブルーベリーとムクロジ (soap berry) がよく育ち、デナリのクマの主食となっている。デナリ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 観光農園

    観光農園から見たブルーベリーブルーベリー

    果物の類としては、りんご狩り、みかん狩り、梨狩り、西洋なし狩り、柿狩り、ぶどう狩り、さくらんぼ狩り、桃狩り、ブルーベリー狩りなどがある。観光農園 フレッシュアイペディアより)

  • ペラルゴニジン

    ペラルゴニジンから見たブルーベリーブルーベリー

    ペラルゴニジン(Pelargonidin)は、アントシアニジンおよび植物性色素の一つ。すべてのアントシアニンと同様に抗酸化剤である。特徴的な橙色をしており、テンジクアオイ、熟したラズベリーとイチゴ、ブルーベリー、クロイチゴ、スモモ、クランベリー、ザクロでも見られる。ペラルゴニジン フレッシュアイペディアより)

  • ナツハゼ

    ナツハゼから見たブルーベリーブルーベリー

    果実は10-11月にかけて熟し、ブルーベリーに似た黒褐色になる。甘酸っぱいため、生食のほか、ジャムや果実酒に加工できる。ナツハゼ フレッシュアイペディアより)

  • シャシャンボ

    シャシャンボから見たブルーベリーブルーベリー

    7月頃に白色の壺状の花が咲く。花序は総状で、前年の枝の葉腋から出て、やや横向きに伸び、多数の小さな葉が付いている。果実は小さい球形の液果で黒紫色に熟し、食べることができる。これは同属のブルーベリー類と同じく、アントシアニンを多く含む。名前の「小小坊」は小さな丸い果実を意味するとされる。シャシャンボ フレッシュアイペディアより)

  • マルベック

    マルベックから見たブルーベリーブルーベリー

    数ある赤ぶどうの中でも、個性的な品種である。個性の第一は、果皮が厚いため、ワインは俗に「黒ワイン」と呼ばれるほどに色が濃いこと、第二に、非常にタンニンが豊富であること、それに、若いワインでは、ブルーベリーの香りまたはヴァイオレットの香りと表現される、果実の香りというよりも、花や化粧品を連想させる強い香りであることが挙げられる。マルベック フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェー料理

    ノルウェー料理から見たブルーベリーブルーベリー

    果実類としては、リンゴ、サクランボなどに加えて、イチゴ、ブルーベリー、コケモモ、ラズベリーといったベリー類が海外にも名高い。野生のホロムイイチゴは特に人気があり、泡立てた生クリームに混ぜてデザートになる。ドイツ菓子とよく似た北欧風のスポンジケーキ、デニッシュに加え、自家製ケーキ、ワッフル、ビスケットに果物の砂糖漬けがよく使われる。風味づけにはカルダモンがよく使われる。ノルウェー料理 フレッシュアイペディアより)

  • 黒人参

    黒人参から見たブルーベリーブルーベリー

    近年の健康に対する関心の高まりから、日本でも機能性野菜として黒人参に注目が集まってきている。アントシアニジンやポリフェノールといった抗酸化活性成分を多く含んでいることから抗老化効果や健康増進効果に対して期待されてきており、今後ブルーベリーなどに代わる新たな食品として静かなブームになりつつある。黒人参 フレッシュアイペディアより)

  • ピエロギ

    ピエロギから見たブルーベリーブルーベリー

    ピエロギまたはヴァレーニキは、膨らまない生地の半円形のダンプリングで、挽き肉、マッシュポテト、チーズ、ファーマーズチーズ(全乳チーズ)、ブリンザ(羊乳チーズ)、ザワークラウト、キノコ、好みによる他の材料の具を(1種または様々な組合わせで)詰める。デザート用ダンプリングとしては、サクランボ、イチゴ、キイチゴ、ブルーベリー、モモやリンゴのような新鮮な果物を詰め、種をとったプルーンも使われる。ピエロギ フレッシュアイペディアより)

  • グラフィックノベル

    グラフィックノベルから見たブルーベリーブルーベリー

    日本の漫画(長編小説と同様の出版形態と、大人の読者を対象にした制作物という両点において、漫画はグラフィック・ノベルより遥かに長い歴史を有している)が、グラフィックノベルに含まれるか否かという議論に対しては、現在決着は付けられていない。ただし、現在アメリカ合衆国を中心とした英語圏では、日本の漫画単行本の英訳版を、「単行本」の訳として「グラフィックノベル」と呼んでいる。同様にヨーロッパ大陸においては、19世紀の終わりから、「アルバム(album)」と呼ばれるハードカバーで装丁されたコマ漫画のコレクションが出版されている。(エルジェの『タンタン』やメビウスの『ブルーベリー』などのベルギアン・コミックや、ユーゴ・プラットの『コルト・マルテーズ』などのイタリアン・コミックがこれに含まれる)グラフィックノベル フレッシュアイペディアより)

127件中 21 - 30件表示

「ブルーベリー狩り」のニューストピックワード